<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

f0008686_00251556.jpg

季節を感じるメニューが並ぶ。嬉しい。

f0008686_00251298.jpg

突出し 酒粕のポタージュ・イカと明太子・新子の真丈
 酒粕とオリーブオイルが合うとは知らなかった。
 ふんわりとした真丈、新子の香り。

f0008686_00245288.jpg

f0008686_00245539.jpg


あんのん芋とそら豆の湯葉つつみ
 ねっとりとして、心地よい甘さの安納芋。

f0008686_00250125.jpg

桜海老かき揚げ
レモンと抹茶塩で。噛むと香りが立ち上る
春の香り

f0008686_00245841.jpg

新じゃがと牛肉の煮込み
肉じゃが的なものを想像していたが、鉄鍋に塊肉、粒マスタード。西洋料理に。これで十分メインになる。

f0008686_00250463.jpg

ホワイトアスパラ目玉焼きのせ
あと一品ほしくて、ホワイトアスパラ。甘い。
目玉焼きを割って、卵ソースに。

f0008686_00250695.jpg

ゴルゴンゾーラのリゾット
締めはリゾット。前科はさまざまなチーズをブレンドしたが、今回はゴルゴンゾーラ中心。濃厚で美味しい。
チーズ好きにはたまらない逸品。

f0008686_00250695.jpg

f0008686_00251098.jpg


[PR]
by izunosuke2005 | 2018-03-18 18:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
お店の前を通った時に、美味しそうな雰囲気のレストランだったので、ランチを予約。A、B、Cの三種類があり、Cだけが事前に予約が必要。メニューはおまかせ。せっかくなのでCコースをお願いした。
テーブル8席とカウンターの小さなレストラン。白い壁と木目の優しいコントラストはエレガント。空間づくりからセンスの良さを感じた。

「黄金かぶのスープ」
 白のスープ皿にほんのりと黄色のスープは見た目だけでも美味しそう。
 カブの香りが立ち昇る。カブの実の部分だけではなく、皮や、葉も感じる。
 良いスタート。

f0008686_09064536.jpg


「フォカッチャ フェンネルシード」
 小麦の香り。フェンネルシードで更に美味しく感じる。ワインが進んでしまう。

f0008686_09064599.jpg

「2015 Lugana Cavalchina ルガーナ カヴァルキーナ 」
 生産地:イタリア、ヴェネト州、ルガーナD.O.C
 生産者:カヴァルキーナ Luciano Piona
 品 種:トゥルビアーナ100%
 ワインは白。トゥルビアーナという品種は飲んだ記憶がなく、柑橘系のニュアンスと
 説明書きがあったのでこれに。香りがよい。冷やさず、さらに開かせる。

f0008686_09065448.jpg

「ワカサギのフリット 玉ねぎ 穂紫蘇」
 この時期だけの苦味。フリットは素揚げに近く、サクサクとした食感。軽やか。

f0008686_09064586.jpg
 
「ポルペッティーニと菜の花のリゾット」
 イタリアの肉団子。しっかりとした食感。野菜のエキスを吸ったリゾットとよく合う。

f0008686_09065022.jpg

「温野菜のサラダ」
 根菜の温野菜の上に、サラダ。一緒にいただく。これが不思議な体験。温野菜がごちそうに。

f0008686_09065018.jpg

「新子のコラトゥーラマリネのパスタ」
 神戸はイカナゴの季節。新子の釜揚げにイタリアの魚醤、コラトゥーラでマリネに。
 パスタと新子を絡ませながらいただく。美味しい。

f0008686_09065063.jpg

「鰆とほうれん草 アンチョビソース」
 今日のお驚きに逸品。大きな鰆の切身。ナイフを入れると、柔らかな感触。
 火は入っているが、とろっとした食感。絶妙な温度コントロール。ホウレンソウの
 甘味、アンチョビソースの苦味で、鰆の美味しさが際立つ。

f0008686_09065570.jpg

「鴨肉 トレビスと蜜柑マーマレードソース」
 綺麗な鴨肉。こちらも火のとおり具合がちょうどよい。もうすでにワインは飲み干していたので
 赤のグラスを追加。

f0008686_09065594.jpg

「金柑とアイスのタルト仕立て」
 タルトケーキのように、金柑とアイスと生地を一気にスプーンですくって口にい入れる。
 イタリアンらしいドルチェ。

f0008686_09065936.jpg

f0008686_09065921.jpg


最初から最後まで、すばらしい料理の連続。美味しかった。ディナーも行きたい。

[PR]
by izunosuke2005 | 2018-03-10 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005