カテゴリ:レストラン( 1163 )

f0008686_15473656.jpg


2年ぶりの再方。遅い時間の予約だったが、運良く直前で予約を取ることが出来た。

Aセット(鶏と野菜をバランスよく)」をセレクト・
・刺身盛合わせ
・前菜盛り合わせ又はサラダ
・おまかせ地鶏串焼き5本
・焼野菜2種類
・炙りたてタタキ

最初は生ビール(スーパードライ)でスタート。

f0008686_15475559.jpg


突出しは「皮のポン酢和え」さっぱりとした味わい。スタートから期待が膨らむ。

f0008686_15474003.jpg


地鶏刺身の盛り合わせ(5種)
「赤肝・白肝」、「胸肉」、「ささ身」、「ハツ」、「ソリレス炙り」
薬味は「宮古島の雪塩」、「パキスタンのピンクソルト」、「本山葵」
一つ一つ確認するようにゆっくりと頂く。塩、山葵どれも美味しくいただける。
肝は絶品。なんだろうこのピュア感は。

f0008686_15475870.jpg


炙りたてタタキ
胸肉をさっとあぶった、柔らかな食感のタタキ。経験したことがない胸肉。美味しすぎる。
パリパリとしっとりのハーモニー。ここから日本酒に移行。満寿泉がメニューに合ったので、早速オーダー。
ワイングラスで香りがよくわかる。料理と合う。合う。

f0008686_15480020.jpg


前菜盛り合わせ
きゅうり、人参ラペ、玉ねぎとささ身、スナックエンドウ、ラディッシュのマリネ
美味しすぎて一気食いしそうだったが、ぐっとこらえて、串の間に少しづついただく。野菜と鶏のマリアージュを楽しみたかったので。野菜の味が濃い。

f0008686_15480395.jpg


おまかせ地鶏串焼き5本
焼野菜2種類
最初は、「ささみ」。絶妙な火の入り方。レアだけど、焼いた美味しさも十分伝わる。

f0008686_15480747.jpg


次は絶品の「つくね」。パン粉で軽快なサクサク感。美味しすぎる。ジューシーなので串から外してはいけない。

f0008686_15481101.jpg

野菜焼きにかわり「ズッキーニ」。なんて水々しいのだろう。大きなズッキーニでこの美味しさは巡り合えることはない。鶏と同じぐらいレベルが高い。

f0008686_15481445.jpg

「ねぎ身」。国宝級の組み合わせ。腿肉とネギをセットでいただく。

f0008686_15481617.jpg

「食道」(タレ)。今回最初のタレ味。いやあ美味しい。

f0008686_15481944.jpg

「グリーンアスパラガス」。大きい。水々しい。やられました。

f0008686_15482077.jpg

そして、最後の串は「ハツ(タレ)」。コリコリでプリプリ。美味しい。

f0008686_15482298.jpg


霜降り地鶏のスープ茶漬け
そして、〆のご飯を追加注文。濃厚なスープ。いくらでも食べられる。

f0008686_15482639.jpg


最後は口直しで「フルーツトマト」。野菜の美味しさが鶏の美味しさを引き立てる。鶏のお美味しさが野菜の美味しさを引き立てる。鶏と野菜のハーモニー。

f0008686_15502489.jpg


[PR]
by izunosuke2005 | 2018-05-13 21:31 | レストラン | Trackback | Comments(1)
f0008686_00251556.jpg

季節を感じるメニューが並ぶ。嬉しい。

f0008686_00251298.jpg

突出し 酒粕のポタージュ・イカと明太子・新子の真丈
 酒粕とオリーブオイルが合うとは知らなかった。
 ふんわりとした真丈、新子の香り。

f0008686_00245288.jpg

f0008686_00245539.jpg


あんのん芋とそら豆の湯葉つつみ
 ねっとりとして、心地よい甘さの安納芋。

f0008686_00250125.jpg

桜海老かき揚げ
レモンと抹茶塩で。噛むと香りが立ち上る
春の香り

f0008686_00245841.jpg

新じゃがと牛肉の煮込み
肉じゃが的なものを想像していたが、鉄鍋に塊肉、粒マスタード。西洋料理に。これで十分メインになる。

f0008686_00250463.jpg

ホワイトアスパラ目玉焼きのせ
あと一品ほしくて、ホワイトアスパラ。甘い。
目玉焼きを割って、卵ソースに。

f0008686_00250695.jpg

ゴルゴンゾーラのリゾット
締めはリゾット。前科はさまざまなチーズをブレンドしたが、今回はゴルゴンゾーラ中心。濃厚で美味しい。
チーズ好きにはたまらない逸品。

f0008686_00250695.jpg

f0008686_00251098.jpg


[PR]
by izunosuke2005 | 2018-03-18 18:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
お店の前を通った時に、美味しそうな雰囲気のレストランだったので、ランチを予約。A、B、Cの三種類があり、Cだけが事前に予約が必要。メニューはおまかせ。せっかくなのでCコースをお願いした。
テーブル8席とカウンターの小さなレストラン。白い壁と木目の優しいコントラストはエレガント。空間づくりからセンスの良さを感じた。

「黄金かぶのスープ」
 白のスープ皿にほんのりと黄色のスープは見た目だけでも美味しそう。
 カブの香りが立ち昇る。カブの実の部分だけではなく、皮や、葉も感じる。
 良いスタート。

f0008686_09064536.jpg


「フォカッチャ フェンネルシード」
 小麦の香り。フェンネルシードで更に美味しく感じる。ワインが進んでしまう。

f0008686_09064599.jpg

「2015 Lugana Cavalchina ルガーナ カヴァルキーナ 」
 生産地:イタリア、ヴェネト州、ルガーナD.O.C
 生産者:カヴァルキーナ Luciano Piona
 品 種:トゥルビアーナ100%
 ワインは白。トゥルビアーナという品種は飲んだ記憶がなく、柑橘系のニュアンスと
 説明書きがあったのでこれに。香りがよい。冷やさず、さらに開かせる。

f0008686_09065448.jpg

「ワカサギのフリット 玉ねぎ 穂紫蘇」
 この時期だけの苦味。フリットは素揚げに近く、サクサクとした食感。軽やか。

f0008686_09064586.jpg
 
「ポルペッティーニと菜の花のリゾット」
 イタリアの肉団子。しっかりとした食感。野菜のエキスを吸ったリゾットとよく合う。

f0008686_09065022.jpg

「温野菜のサラダ」
 根菜の温野菜の上に、サラダ。一緒にいただく。これが不思議な体験。温野菜がごちそうに。

f0008686_09065018.jpg

「新子のコラトゥーラマリネのパスタ」
 神戸はイカナゴの季節。新子の釜揚げにイタリアの魚醤、コラトゥーラでマリネに。
 パスタと新子を絡ませながらいただく。美味しい。

f0008686_09065063.jpg

「鰆とほうれん草 アンチョビソース」
 今日のお驚きに逸品。大きな鰆の切身。ナイフを入れると、柔らかな感触。
 火は入っているが、とろっとした食感。絶妙な温度コントロール。ホウレンソウの
 甘味、アンチョビソースの苦味で、鰆の美味しさが際立つ。

f0008686_09065570.jpg

「鴨肉 トレビスと蜜柑マーマレードソース」
 綺麗な鴨肉。こちらも火のとおり具合がちょうどよい。もうすでにワインは飲み干していたので
 赤のグラスを追加。

f0008686_09065594.jpg

「金柑とアイスのタルト仕立て」
 タルトケーキのように、金柑とアイスと生地を一気にスプーンですくって口にい入れる。
 イタリアンらしいドルチェ。

f0008686_09065936.jpg

f0008686_09065921.jpg


最初から最後まで、すばらしい料理の連続。美味しかった。ディナーも行きたい。

[PR]
by izunosuke2005 | 2018-03-10 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
今週のカフェサイカイは4回。
・フランク イタリアンスパ

f0008686_12543474.jpg

・日替わり メンチかつ

f0008686_12543406.jpg

・カツカレーライス

f0008686_12543437.jpg

・フランク カレースパ

f0008686_12543457.jpg

禁煙のテーブル席は、2人席が5卓、4人席が1卓。12:00を過ぎたところには、満席となる。

[PR]
by izunosuke2005 | 2018-02-09 11:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)
焼肉が食べたくなり、久しぶりに「焼き肉レストラン 松井」へ遠征。
扉を開けるとテーブル席はほぼ満席。賑わっている。
メニューに大きな変化なし。定番のハラミ定食を注文。それとホルモンお得盛り(6種)も追加。

f0008686_17271805.jpg

ハラミ定食はハラミ肉6枚と2種類。今日はミノとロースが一枚づつ。それとカボチャと茄子。生野菜サラダ、キムチ、豆もやし、マカロニサラダ。スープ。ハラミ肉は柔らかく、スジがない。醤油ベースの甘いタレ。焼肉は勿論美味しいが、脇役のサラダ、キムチも素晴らしい。

f0008686_17272474.jpg

f0008686_17272803.jpg


追加したホルモンは、味噌ベースのつけダレ。レバー、ツラミ(頰肉)、とろホルモン、とろテッチャン、センマイ、シマチョウ。大きなカットだが、ところどころ包丁でスジを切っているので食べやすい。

f0008686_17273234.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2018-02-08 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
SAKE塾の2018年シーズンが始まった。
最初は講義から。
・麹米と掛米(あじ米)、どの品種米を使うか。山田錦は麹米に適しているが掛米も山田錦にすると原価がかかる。
・合酒(あいしゅ)、古酒と新酒の組合わせ。一年を通して一定の品質を保つための知恵。
・醪と醸造アルコール。醸造アルコールを添加することでスッキリとした味わいに。醸造アルコール添加を加えることを悪い意味に捉えることもあるが、使い方でお酒の特徴が活かされると思う(個人的な意見)
・お酒の味の構造を単純化すると、アルコールそれと甘味⇔酸味のバランス。これは白ワインと同じ。赤ワインはそれに「渋み」というマイナスの要素が加わる。日本酒の純米酒、伝統醸造、熟成酒はプラスの「旨味」が加わる。
・食事とのバランスも重要。ボルドーの赤ワインと生牡蠣の最悪の組み合わせを最良の組み合わせにする工夫。生牡蠣→チョリソー→赤ワイン→パンのサイクル。
・お酒と食事の組み合わせで、似た者同士をあわせる。

※YouTube「酒心館チャンネル」



講義の後は、さかばやしで食事、「如月会席」

○先 付 自家製すくい豆富(紅ずわい蟹 スナップエンドウ ブロッコリー)

f0008686_17455817.jpg

○吸 物 酒粕の雑煮仕立て(紅ずわい蟹はんぺん 冬大根 白葱 人参 壬生菜)

f0008686_17455844.jpg

○造 り 旬魚のお造り(煎り酒のジュレ)

f0008686_17455840.jpg

○小 鍋 鴨つみれのはりはり鍋(焼き葱 水菜 榎木)

f0008686_17455974.jpg

○焼 物 鰤幽庵焼きのとろろ掛け

f0008686_17455985.jpg

○食 事 但馬産棚田米コシヒカリ(蟹御飯 香の物 赤出汁)

f0008686_17455916.jpg

○甘 味 抹茶わらび餅

お酒は
○福寿 純米酒「御影郷」 一升瓶(アルコール度15度)
○福寿 純米酒「御影郷」 一升瓶(アルコール度18度)
 アルコール度96%スピリトゥスを添加し、原酒と同じアルコール度に。飲み比べ
○福寿 生酛純米酒「壱」

f0008686_17455803.jpg

○福寿 燗酒 銘柄を忘れてしまった。

[PR]
by izunosuke2005 | 2018-02-03 18:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
f0008686_22372091.jpg

チャナマサラカレー、チョイ辛、ライス大盛り。
ひよこ豆のカレー。注文が入ってから、香辛料をフライパンで炒め始めるので、香りの良いカレー。カレーのスタイルはいつもお同じだが飽きが来ない。不思議。
今日はお腹の調子が良くないので、カレーの日にしました

[PR]
by izunosuke2005 | 2018-02-01 11:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)
f0008686_22180971.jpg

今日もライオン堂に遠征
最初はワンコイン

f0008686_22180192.jpg

f0008686_22180108.jpg


それと追加で薩摩醤油の煮豚

f0008686_22180656.jpg

お酒は福寿の壱

f0008686_22180146.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2018-01-31 17:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
「メンチかつと宮崎産ロースとんかつ定食」を注文。十六穀米の中。
安定のお美味しさ。何度も通っているが、品質は常に一定。

f0008686_22282374.jpg

メンチかつに箸を入れると肉汁が溢れだす。辛子をたっぷりつけて、特製とんかつソースでいただく。
ロースとんかつは少しだけソースに付けて、肉の旨味を確認する。塩で食べるとよくわかる。この間テレビで糸井重里が辛子と醤油で食べていた。カウンターには、醤油、ウースターソース、一味唐辛子もあるので、いろいろと試せる。

[PR]
by izunosuke2005 | 2018-01-31 12:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)
f0008686_22152125.jpg

今日から三日間は銀狐が臨時休業のため、ライオン堂に遠征
まずはワンコインで。
生ビールとネギトロ巻き、

f0008686_22152102.jpg

串カツ二本

f0008686_22152163.jpg

追加でカキフライ

f0008686_22152101.jpg

おつまみメニューが豊富。揚げ物、味付けの好みは銀狐かな。

[PR]
by izunosuke2005 | 2018-01-29 17:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005