戎家(芦屋)

ニホンウナギの稚魚のシラスウナギが不漁で、前年同時期の1%にも満たないとニュースが流れて、今後うなぎは食べられなくなるかもしれない。年明け早々に悲しい知らせに、うなぎ愛が大きくなり、戎家さんへ。
いつもであれば、鰻重かひつまぶしのところだが、今回は白焼きとお寿司で。
最初は白焼き(大)。江戸前のふっくらとした白焼き。ねっとりとした食感、タレで気が付かなかった鰻本来の美味しさが伝わる。山葵、塩で合わせる。驚きの逸品。肝吸いも注文。これが染み渡る美味しさ。

f0008686_23281862.jpg

そして、特上にぎり。ウニ、中トロ、あこう、あわび、煮蛤、ボタンエビ、うなぎ、ネギトロ巻き、ボタンエビの頭。どれも宝石のような美しさ。それぞれの食材の一番美味しいところだけを集めているので、一つ一つが作品になっている。

f0008686_23282170.jpg

おつまみに肝焼きを注文。炭火の香りを仄かにまとって、食欲をそそる。日本酒であわせる。雨後の月「黒月(ブラックムーン)」純米吟醸。
幸せなひととき。

f0008686_23282313.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://izunosuke.exblog.jp/tb/29330999
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by izunosuke2005 | 2018-01-20 18:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005