東北さくらの旅(1日目) 〜  トゲクリカニ会席

2014年04月初訪問
星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」。高級旅館「南津軽錦水」の運営を2010年から星野リゾートが引き継ぐ。団体旅行から個人旅行客にシフト。

<夕食>
弘前さくらまつりで、弘前の春を満喫した後、奥羽本線で大鰐温泉駅に向かう。駅からはホテルのシャトルバスが出迎えてくれる。駅周辺はひっそりしていているが、落ち着いた景観で、安らかな気持ちになれる。ホテルに到着し、チェックインを済ませる。GW中で満室なので、到着順で食事の時間が決まる。17:30開始と19:30開始があるが、17:30はすでにいっぱいなので19:30に。その間は温泉に浸かり、ゆっくりと過ごす。
f0008686_22101661.jpg

食事は間仕切りのあるテーブル席と、庭に面した席がある。夕食は事前に予約した「トゲクリカニ会席」「トゲクリカニ」は別名「花見カニ」。身は栗のように甘いことから「栗カニ」と呼ばれる。旬は4月中旬から5月中下旬。
◎ビール 津軽路ビール
 製造は宮城県で、販売は青森県。スッキリとしたビール。
f0008686_22104342.jpg

1.先付け トゲクリカニと蟹味噌 山菜の和え物
 トゲクリガニの甲羅いっぱいに、蟹味噌と蟹の身が盛られてでてくる。「うるい」などの山菜と一緒に。
f0008686_2211079.jpg

◎日本酒 豊盃 特別純米酒
 酸味の強い日本酒。個性的で料理と合わせにくいと思ったら、これがよく合う。うまい。
f0008686_22111436.jpg

2.八寸 取り合わせ
 海老の松風、そら豆玉寄せじゅんさい、赤貝と分葱のぬた、鱒の手毬寿司、菜の花利休和え、五色饅頭、合鴨ロース
 うつわ、飾り付けの美しさが印象的。
f0008686_22113537.jpg

3.椀物
 桜餅の海老射込み、こごみ
 春らしい椀
f0008686_22114957.jpg

4.造里 界 津軽流 お造り取り合わせ
 かんぱち、いか、たい、ほたて
f0008686_2212341.jpg

5.揚物 たたき海老新挽き揚げ 山菜の天麩羅
 抹茶塩とレモンでいただく。
f0008686_2212182.jpg

6.蓋物 蟹の養老蒸し
 三つ葉餡、ぶぶあられがかかる
f0008686_22123835.jpg

7.台の物 ハーブとトゲクリカニの香り蒸し
 トゲクリカニは二杯。そら豆、アスパラガスなどの野菜と一緒に蒸籠で蒸されて出てくる。
f0008686_22125295.jpg

8.食事
 ゆめぴりか。釜で炊き上げたできたて。おかわりは必須。燻りがっこで更に進む。
f0008686_22131026.jpg

f0008686_22131922.jpg

9.甘味 5種類よりお選ぶ
 ・淡雪チーズ木苺ソース
 ・ほうじ茶のクリームブリュレ
 ・春のおすすめ桜のデザート
 ・フルーツの入った梅酒ゼリー
 ・アイスクリームとシャーベットの取り合わせ
 選んだのはクリームブリュレ。さわやかな甘さ。おいしい。
f0008686_22133577.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://izunosuke.exblog.jp/tb/21963567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by izunosuke2005 | 2014-04-26 19:30 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005