小布施スパークリングG

衝撃のスパークリングだ。

伝統的なシャンパン製法で造り上げ、デコリュジョマンしたエクストラ ブリュットのスパークリングワイン。澱の下がり具合が悪く、デコリュジュマンが完全でなかったことを示すためにDEGORGEMENT RATEとラベルに示している。そのため価格は押さえ気味で3000円前後、その他のキュベは5000円前後。それでも、十分堪能できるレベル。品種はミュラー、ケルナー、シャルドネが入る。

柑橘系のさわやかな香りと共に、瓶内二次発酵独特の酵母臭がする。シャンパーニュに近い香り。泡も上品でグラスにささやく泡の弾ける音も上品。久しぶりに日本の素晴らしいスパークリングに合うことができた。ラベルに生産者の思いが込められていることが感じる。
f0008686_233547.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://izunosuke.exblog.jp/tb/20355960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by izunosuke2005 | 2011-10-02 22:00 | 日本のワイン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005