ディナーは、ライトなleggero(¥4,000)とスタンダードのstagione(¥6,000)の二種類のコース。Cene leggeroにして、4種類のワインペアリングで注文。

本日のアミューズ 生ハムとチーズのフリット
ワインはフランチャコルタ ブラン・ド・ブラン カヴァッレーリ(?)。スタートはスパークリングで、気分が高揚する。この時点は3種類のペアリングで考えていたが、アミューズでグラスがカラになりそうだったので、4種類のペアリングに変更。

f0008686_21462701.jpg

炙り鮮魚のカルパッチョ 高知県柚花園産ゆずのソース
ワインは北イタリアの柑橘系の豊かな香りの白を選んでいただいた。柚子のソースにとても合う。

f0008686_21462712.jpg

スパゲッティ グアンチャーレと茸のカチョエペペ
グアンチャーレという、脂身の多い豚頬肉の塩漬け。カルボナーラなどに使われる食材。
それをチーズと胡椒をたっぷり効かせたカチョエペペ。グアンチャーレの脂身が甘くて、独特の風味があり美味しかった。
ワインは白だったかな。覚えてたつもりが忘れていた。

f0008686_21463015.jpg

紀州鴨のロースト 赤ワインソース
綺麗な鴨肉。付け合わせの野菜、芋類も味が濃くて、独特な風味が鴨肉にも負けずに調和している。
ワインはサンジョベーゼ、ロッカ グイッチャルダ キャンティ クラシコ リゼルヴァ 2014 バローネ リカーゾリ。

f0008686_21463295.jpg

f0008686_21463038.jpg


洋ナシのコンポート ヘーゼルナッツのファゴット
ヘーゼルナッツのソースに合わせていただいたデザートワイン。追加で。
バローネ・リカーゾリ カステッロ ディ ブローリオ ヴィンサント。品種はマルヴァージア。ナッツの余韻があり、このドルチェに合う。

f0008686_21463503.jpg

f0008686_21463539.jpg


料理はもちろん美味しいが、ペアリングのワインでもっと美味しく。
特に気になるワインが無ければこのペアリングで食事は楽しくなるので、お勧めしたい。

f0008686_21463629.jpg

[PR]
# by izunosuke2005 | 2017-12-03 18:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
f0008686_06523518.jpeg

[指揮]ワレリー・ゲルギエフ
[ヴァイオリン]庄司紗矢香
[管弦楽]マリインスキー歌劇場管弦楽団

<プログラム>
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35
(アンコール)パガニーニ:パイジェルロの「水車屋の娘」より「うつろな心」のテーマ
チャイコフスキー:交響曲 第5番 ホ短調 op.64
(アンコール)リャードフ:魔法にかけられた湖 op.62

3階右側席で鑑賞。ザ・シンフォニー・ホールはステージを囲むように設置されているので、3階からでも指揮者、演奏者を見渡すことができる。
昨年初体験のゲルギエフは衝撃だった。爪楊枝のような指揮棒。調和の取れた演奏。
今回は10センチぐらいの指揮棒。指揮棒は二本指で摘み、残りの指は常に動いており、指を使って指揮している。マリインスキー歌劇場管弦楽団のバイオリンの重厚な音色に対し、庄司紗矢香さんの技巧的で細い音色は対比的だった。

チャイコフスキーの交響曲第五番は素晴らしかった。指揮棒を手前に持ち、前かがみ気味になった瞬間、団員が集中し空気が止まる。演奏は完璧で、特にティンパニーはボリュームがついているかのように、他の楽器と同じ音量。

f0008686_06530014.jpg

[PR]
# by izunosuke2005 | 2017-12-03 14:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
f0008686_11172069.jpg

あまから手帖2017年11月号で「関西絶品旅」で篠山の「ルナパルパドス今田」の記事を読み、旅行の計画を立てながらインターネットで調べていると、芦屋にも同名のレストランがあることを知る。以前ネイルサロンがあった場所で、バーカウンターのみのバールだと思いこんでいたが、2階にテーブル席があるレストランだった。

オーナーシェフの平井さんは苦楽園の「ルナパルパドス」で約10年修行され、その後スペイン各地で学び、暖簾わけで今の芦屋に。ホール担当の方は、バケット、デザートを担当され、二人で料理、サービスをされている小さなレストラン。残念ながら2018年1月中旬には移転準備で閉店予定(ホームページ http://sp.raqmo.com/lunaparpados/ のトップページに掲載)。移転先は未公表。

アペリティーボは人参と丹波栗豚の自家製ハム。素材の美味しさが伝わる料理。スタートから驚く。それとヤマモモ酵母のバケット。これがモチモチでずっしりと重い。レベルの高いバケット。芦屋でもなかなか口にすることはない。

f0008686_11164559.jpg

f0008686_11164983.jpg


ワインはカヴァ、Pares Balta Cava Brut NV。エレガントな香り。

f0008686_11165214.jpg

最初は「おまかせタパス5種」。タパスなので、それぞれ小皿で提供。
鰆とヤーコンのカルパッチョ、鶏のハム、ブルーチーズのバケット、玉ねぎの素焼き、タン。どれも美味しい。地元の食材。

f0008686_11165577.jpg

f0008686_11165851.jpg

f0008686_11170104.jpg

f0008686_11170361.jpg

f0008686_11170782.jpg


そしてメインは「丹波鹿のビール煮込み」。自分が知っている鹿肉ではなく、どちらかと言うと牛肉に近い。でも鹿肉の美味しさも感じされる。濃厚。これは美味しい。しっとりとした鹿肉は初めてだ。

f0008686_11171018.jpg

パエジャは、「牡蠣の下仁田ネギのパエジャ」。大粒のぷっくりとした牡蠣に、トロトロになった下仁田ネキ。スープをしっかり含んだお米が美味しい。

f0008686_11171200.jpg

シェリーOlorosoと合わせる。レストランでシェリーを注文することは少ない。あったとしても、安い赤ワインのように、冷たいままで、小さなグラスで。ここではワイングラスで、香りを楽しめるように、温度もちょうどよい。グラスで5種類あるので、食事とペアリングで選ぶのもいいかもしれない。
満腹に。

最後は「デザートの盛合せ」。チョコレートのパステル。焼きプリン”フラン”、有機バナナのキャラメルケーキ、柿のメンハール・ブラン(ブラン・マンジェ)。どれも美味しい。

f0008686_11171511.jpg

伝統的なスペイン料理をベースに、関西の地元の食材で新しいスペイン料理がここ芦屋で産まれている。貴重なお店だ。もう一度行きたい。

<蛇足>
苦楽園ルナパルパドスのオーナだった鈴木一功さんは
1991年 スペイン料理店DOS SIBARIS(苦楽園)勤務
1999年 スペイン料理店Luna Llena開店
2002年 Luna Llenaを閉店し渡西
2003年 ルナパルパドス 苦楽園店開店
2010年 ルナパルパドス 芦屋店開店
2014年 ルナパルパドス 芦屋店を今井シェフが独立再オープン
2016年 篠山市今田町立杭にルナパルパドス今田をオープン

[PR]
# by izunosuke2005 | 2017-12-02 18:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
f0008686_21253792.jpg

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18が始まった。今週は「不思議の国のアリス」。西宮ガーデンズのTOHOシネマズ西宮OSで鑑賞。

【振付】クリストファー・ウィールドン
【音楽】ジョビー・タルボット
【指揮】クン・ケセルス
【出演】ローレン・カスバートソン(アリス)
    フェデリコ・ボネッリ (ハートのジャック)
    ジェームズ・ヘイ(ルイス・キャロル/白ウサギ)
    ラウラ・モレーラ(ママ/ハートの女王)
    スティーヴン・マックレー(マジシャン/マッドハッター)

ローレン・カスバートソンのアリス役は素晴らしかった。3幕ともダンスしっぱなしで、それでも全身で演技。息つく暇がないほど。主役のドレスのカラーはすみれ色。赤はハートの女王の色。ローレンにはこのすみれ色がよく似合っている。彼女だから。

ハッター、帽子屋のタップダンス・バレエも圧巻。スティーブン・マックレーは今年の兵庫県立芸術文化センターオペラ座ロイヤルバレエエスプリームで、アイガットリズムのタップダンスもすごいなと思ったが、アリスのも格別。タップダンスの重心は下へ、バレエは上へと異なる重心移動を可能にしている。

f0008686_17141550.jpg
チェシャ猫。突然現れて、アリスを驚かせる。からだを分解させるシーンはとても神秘的。黒子が躰のパーツを動かしているが、移動する時の足さばきはバレーそのもの。

f0008686_17165461.jpg
白ウサギのジェームズ・ヘイも名演技。髪型でうさぎ耳を表現している。

f0008686_17213290.jpg


◎Alice's Adventures in Wonderland trailer


◎Alice's Adventures in Wonderland in rehearsal


◎Knave of Hearts Pas de deux


◎Why Alice's Adventures in Wonderland makes the perfect ballet


◎Creating Alice's Adventures in Wonderland


◎Becoming the Queen of Hearts


◎The Royal Ballet artists on Alice's Adventures in Wonderland


◎Alice's Adventures in Wonderland - The Royal Ballet behind the scenes


4年前の2013年7月東京文化会館で4日間公演。アリス役は、
サラ・ラム
チェ・ユフィ
ペアトリス・スティックス=ブルネル
本当は主役のローレン・カスバートソンが出演する予定だったが、公演の1ヶ月前に出演しないことになり、アリス役はこの3名でまわすことに。

[PR]
# by izunosuke2005 | 2017-12-02 12:50 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)

三十番(芦屋川)

f0008686_22001342.jpg

阪急芦屋川駅近くの老舗広東料理店。二本の中華料理店の定番料理の他に、ミル貝、フカヒレ、レモンソースなど海鮮広東料理のメニューも。
初めてのランチだったので、定番の酢豚定食。ミニワンタンスープまたはミニラーメンを選ぶことができる。ワンタンを選択。プリプリのワンタンが4個。スープは塩味控えめ。

f0008686_22002104.jpg

酢豚は小さなお皿で。でも量はたっぷり。豚肉は硬くない。黒酢ソースではなく、パイナップルでフルーツの酸味を加えた、定番のソース。ごはんが進む。
気になるメニューが多く、焼きそば、丼が充実。

f0008686_22001931.jpg

[PR]
# by izunosuke2005 | 2017-12-02 11:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005