<   2017年 09月 ( 40 )   > この月の画像一覧

f0008686_15372986.jpg

2017年9月30日で甲南山手セルバ地下1階の「鳥芳」が閉店した。
深江本町の工場「鳥芳産業」で捌いた新鮮な鶏肉を扱っているため、スーパーや鶏専門店でさえもこの鮮度、品質は保てないと思う。なので、神戸に住んでいる時は、ここ以外で買うことはなかった。もちろん卵も。
数週間前から臨時休業することが増え、心配していたが、今日閉店の看板に気づき、喪失感でいっぱいになった。今後どこで買えばいいのだろうか。
職人気質のご主人の姿が見れないのは寂しい。

f0008686_15373270.jpg

近所の焼き鳥「鳥芳」は親戚の方の経営で、甲子園、芦屋、六甲にも同じ「鳥芳産業」の鶏肉を扱っているところはあるようだ。

さて、「ICHIBA♡KOBEプロジェクト」でご主人のインタービューの動画を見ることができる。貴重な資料だ。

[PR]
by izunosuke2005 | 2017-09-30 18:00 | 神戸暮らし | Trackback | Comments(0)
f0008686_01044966.jpg

9月最後の銀狐。洋食担当の方がおられるのでオムレツメニューがあるのかな?
ワンコイン(ビール)のあと、直ぐに明太子入りオムレツを注文。
居酒屋にしてはボリュームあるオムレツ。食事代わりにもなる。
味が付いているので何もつけずにいただく。美味しい。

f0008686_01045419.jpg

ワンコインは定番の刺身のほかは、生ハム、ポテトサラダ。

f0008686_01045242.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2017-09-29 17:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
久しぶりの樹林亭。職場から遠いので、時間があるときしか行けない。
前日のカレーが不満だったので、美味しい洋食カレーを食べたくなり訪問。
「国産牛ヘレビフカツカレー」を注文。厚みのある牛ヘレビフカツ。コレだけでも十分美味しいのだが、甘辛く、濃厚なカレーと合わさると、美味しさが倍増する。東京の洋食だと2000円前後するとおもうが、ここでは1,300円でいただける。カレーだけだと750円。カレーチェーン店と変わらない値段だ。

f0008686_01084620.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2017-09-29 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
f0008686_01134135.jpg

お昼休みの時間がなかったので、CoCo壱番屋に向かう。
ビーフカレーを頼むつもりが、限定販売中の牛カレーが気になり、そちらを野菜入りで注文。ナント千円オーバー。
メニュー写真は、濃厚そうな黒いルーだったが、実際はやや色味が違う。
角切りの牛肉には脂身が残っていて、鶏皮のようになっている。残念。
ルーもCoCo壱のビーフカレーと似て、もう一つコクが足りない。牛肉追加が390円なので、単純に通常のビーフカレーに牛肉の原価が加わったのかもしれない。角切りにこだわりがなければ、ルーが同じビーフカレーで、値段的に納得感はある。カレーの命はルーなので。

f0008686_01133134.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2017-09-28 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

f0008686_21243597.jpg

f0008686_21235917.jpg


今日はワンコインではなく、道灌秋あがりからスタート。刺身はカンパチ。
黄色味を帯びている。こっくりとした印象。
次に牛じゃがコロッケ。お酒は仙介ひやおろし。

f0008686_21230098.jpg

最後はうるめ鰯。焼き加減がちょうどよく、臭みがない。

f0008686_21245207.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2017-09-27 17:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
エビフライとロースとんかつ(宮崎産130g)

f0008686_21305642.jpg


[PR]
by izunosuke2005 | 2017-09-27 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
クラフトビールが飲みたくなった時にぶらりと入るお店。向かいの居酒屋は常に行列ができているが、並んでまで居酒屋に行くのは気がすすまない。
前回は「よなよなペールエール生」をいただく。今回は4種類のクラフトビールを飲み比べることができる「Tap Marché Beer Fight Set」を注文。

f0008686_21433243.jpg

f0008686_21434370.jpg


①スプリングバレー 496(IPL)
 醸造所名: スプリングバレーブルワリー
 アルコール度数: 6.5 %
 原材料: 麦芽、ホップ
 国・地域: 東京都

②ブルックリン ラガー(アンバーラガー)
 醸造所名:ブルックリン・ブルワリー社
 アルコール度数: 5 %
 原材料: 麦芽、ホップ
 国・地域: 米国・ニューヨーク

③スプリングバレー アフターダーク(ブラックラガー)
 醸造所名:スプリングバレーブルワリー
 アルコール度数: 6.0 %
 原材料:
 国・地域: 東京都

④常陸野ネストビール だいだいエール(IPA)
 醸造所名:木内酒造
 アルコール度数: 6.0 %
 原材料: 福来みかん、麦芽、ホップ
 国・地域: 東京都

キリンビールが2015年クラフトビールに進出したスプリングバレーブルワリーが2種類。
それと有名なブルックリン ラガー。異色は福来みかんを使っただいだいエール。
フレーバーを確認しながらいただく。

あてはstaub料理の淡路産玉ねぎのロースト。甘くて美味しい玉ねぎ。

f0008686_21440153.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2017-09-26 19:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
今月2回目の「選べる2種のカレープレート」。今月のカレーの「トリッパのカリー」と「帆立クリーム」をチョイス。パクチーを追加。
「トリッパのカリー」は前回いただいてとても気にいったので、コレは外せない。おすすめの組合わせの一つ「帆立クリーム」はスパイシーなので、組み合わせとしては良さそうだ。
まずは、パパドを細かく砕き、バスマティライスにまぜる。それから、それぞれのカレーの味を確認し、野菜類を混ぜ合わせながら食べ進める。
それぞれ、酸味、甘味、辛さ、香り、クリーミィさなどが違い面白い。良い組み合わせ。

f0008686_21543652.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2017-09-26 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
ひがわり定食

f0008686_21581549.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2017-09-25 12:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

様様(芦屋)

前回はネット予約で「今月のおまかせコース」を注文。最後に鱧鍋が付くボリュームたっぷりだったので、今回は電話予約で、当日注文可能な「様様セット」に。2,500円とかなりおトク。飲み放題をつけることもできる。でも色々なお酒を飲みたいので、飲み放題はつけなかった。
最初はお通し5品。ごま豆腐、アジの唐揚げ、枝豆、茄子のお浸し、マカロニポテトサラダ。うん、お酒に合う味付け。最初はエビス生でスタート。
次にお造り盛合せ。「様様」の看板メニュー。シェフが丁寧に盛り付けてくれる。どれも勢いのある魚ばかりで、美味しい。ここから日本酒に。「本醸造吟醸 黒竜 ひやおろし」。次に「黒毛和牛ステーキ」。塩またはポン酢で。これも良い。山葵、アルアルファの薬味をのせて。
次は「レンコンまんじゅう」もちもちの食感。
お酒が空になったので、「純米吟醸 玉川 Ice Breaker」。キリッとした日本酒。
ここから揚げ物。自分は「まいたけの天ぷら」、相棒は「はもの天ぷら」。カリッと気持ちよく揚がっている。これでコースは最後。まだ食べれるので、シメに鯛の釜飯と水茄子を注文。炊き上がるまで、新生姜のウォッカのトニックソーダ割りで待つ。
釜飯は4人分ある。おこげを剥がすのに夢中に。

f0008686_22051827.jpg

どれも美味しかった。普段使いの居酒屋で、気軽に寄れるのが良い。飲み放題にすれば、本格的なお造りを、リーゾナブルに楽しめる。貴重なお店。
「様様」と聞くと、チェーン店居酒屋を想像するが、関係はない。以前は別のシェフだったが、引退され、今の若いシェフで再スタート。


[PR]
by izunosuke2005 | 2017-09-24 20:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005