<   2016年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

中国料理 Kirin(阪神深江・JR甲南山手)

f0008686_18224123.jpg


ビーフシチュー焼きそばを注文。ご馳走感が一番高い。
かた焼きそばに中華風ビーフシチューがたっぷり。
[PR]
by izunosuke2005 | 2016-05-28 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

うどん棒 大阪店(北新地・東梅田)

f0008686_18132845.jpg


ひさしぶりのうどん棒。第三ビル地下2階。いつも迷ってしまう。地下、ディアモール大阪の円形広場から、バラエティストリートに入り、第三ビル入口に入れば、すぐ見つかる。隣の洋食「ぶどう亭」が目印。ディアモール大阪の地下通路が地下二階と連絡しているので、階段を登ったり、降りたりしなくて済む。
今日は、あっさりと温玉ぶっかけ冷。うどんは表面は柔らかで、腰がある。つるつると入っていく。おいしい。
[PR]
by izunosuke2005 | 2016-05-27 13:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

中国名菜酒家 つる見(神楽坂)

パーティが早く終わり、ホテルに戻るまで少し時間ができたので、タクシーで神楽坂に。
月末で早稲田通りは車道まで人で溢れかえっていた。タクシーの客待ちで道路は半分に。
アラカルトで注文。

f0008686_17502495.jpg


「前菜盛り合わせ」
 鮎の山椒黒酢煮込み、ピータン、クラゲとトマト、茄子、蒸鶏、山菜


f0008686_17503633.jpg

 
「姫筍と赤そら豆」
 シェフのおすすめの「姫筍」。タケノコ等の竹の種類ではなく、笹の若芽。今の5月、6月が季節。
 それと皮が赤色の赤そら豆。薄皮を向くと、普通の緑色のそら豆に。ハーブの香りが良い。
 今のこの時期しか食べることができない美味しさ。


f0008686_17504525.jpg


「行者にんにくの炒め物」
 お隣の紳士の方がご注文された行者にんにくの炒め物をいただいた。
 とても勢いのある行者にんにく。節の部分までも美味しい。
 ありがとうございました。 


f0008686_17505670.jpg

 
「新蓮根と帆立」
 大粒の帆立。こんな立派な帆立は食べたことがない。新蓮根と黒酢であわせ、刻みショウガで香りを纏わせる。
 帆立には薄くころもがかかり、最初の食感と、咀嚼した時の中の食感が異なる。初めての体験。驚きの逸品。


f0008686_1751657.jpg


「ジュンサイの麺」
 じゅんさいの季節の始まり。おそらく一番芽でゼリーを多く含んだ食べごろ。シンプルに中華麺と合わせる。
 じゅんさいの食感と麺との組み合わせが良く、スープも美味。

前回購入したオーガニックハーブティーが残り少なくなってきたので購入。千葉松戸の「Organic CAMOO」伊藤 淳さんが心を込めて作った、「つる見」特選ブレンド。ハーブティーを飲む習慣はなかったが、すっかりハマってしまった。今度は直接お店に伺ってみたい。
[PR]
by izunosuke2005 | 2016-05-26 21:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

洋食や シェ・ノブ (浜松町)

f0008686_18114731.jpg


出張で久しぶりの浜松町ランチ。「シェ・ノブ」に行くと、日替わりメニューは前回と同様クリームコロッケ。
ねっとりとしたクリームに酸味のきいたトマトソースがよく合い、さらにごはんが進む。サラダもカレー風味のモヤシが
ドレッシングとなり、口の中がさっぱりする。
サイドメニューはチキングリル。
ランチは美味しいものを食べたいので、つい足がこちらに向いてしまう。
[PR]
by izunosuke2005 | 2016-05-26 11:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

麺亭 しおつる(JR大阪駅)

f0008686_1811147.jpg


やすい、おいしい、べんり。駅中の理想の居酒屋。狭いカウンター席なので、長居する人はいなく、回転も早い。海鮮メニューが充実している。

f0008686_1804041.jpg


・鱧皮の酢の物


f0008686_1805251.jpg


・剣先イカのお造り
これだけで何杯も飲める。
最後に

f0008686_1812350.jpg


・雲仙ハムカツ
これはおいしい。長崎の「雲仙ハム」のハムカツ。ロシア人から製法を教えてもらい、改良を重ねたハム。

f0008686_1882321.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2016-05-24 19:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

大衆割烹 三州屋 銀座店

f0008686_1864440.jpg


出張で銀座でランチさがし。時間がなかったので、三州屋に。牡蠣のシーズンであれば、迷わずカキフライを選ぶが、今日は定番の刺身盛合せ定食。
海鮮丼が一番コストパフォーマンスが高いが、綺麗な切り身を目で楽しめるので、こちらのほうが好きだ。
次来る時はミックスフライに挑戦してみよう。

f0008686_18142641.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2016-05-23 11:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

チャイナキッチン 蒼 (JR芦屋)

f0008686_1819187.jpg


三宮から移転オープン。美味しい中華をお手頃価格でというコンセプトは、住宅地の中の、ここ芦屋の阪急沿線がふさわしい。
人の普段の外食の行動範囲は狭い。自宅から気軽に行ける場所にあることは大きい。

遅い時間に連絡を入れて、お店に入ると、ほぼ満席。賑わっている。カウンター中心。奥にテーブル席。阪急電車の通る音が日常感があり、良い雰囲気。


f0008686_18193342.jpg


オープン記念で突き出し無料のドリンクセットでビールに。ポテトサラダ。


f0008686_18194584.jpg


次に定番のピータン。添えてある野菜とよく合っている。


f0008686_1820010.jpg


刺身盛り合わせ。中華風の味付け。香辛料がよく効いていて、お酒が進む。こちらも野菜の使い方がよい。


f0008686_1820125.jpg


次にエビマヨ。大ぶりの海老。何回か分けて食べるほどの大きさ。マンゴーは後味に優しくきいてくる。これが今日のヒット。美味しすぎる。


f0008686_18202310.jpg


これで終わる予定だったが、追加で酢豚ハーフサイズを。カラフルな野菜。旨味たっぷりの豚肉。白ご飯がほしい。

シェフ、ホールの方々は皆さん若いが、温かい接客で、おいしくいいただける。芦屋には無かったスタイルの中華。待ってました。
[PR]
by izunosuke2005 | 2016-05-22 21:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

居酒屋 をさむ(阪神芦屋)

阪神芦屋駅近くのイタリアンジョバンニの2Fにある居酒屋「をさむ」。だれかに紹介されないとわからにくい場所。まず最初に入口で素敵なお魚の照明が出迎えてもらえます。大阪の照明塾の作品。
扉を開けると落ち着いた空間が広がる。カウンターは奥行きがあり、隣との距離も十分ある。デザインも素敵だが、家庭的な雰囲気もあり、寛げる。

f0008686_2235573.jpg


まず最初に突き出し。ジャガイモのポタージュ、鶏、生春巻き。素敵な 器。綺麗。お酒によく合う料理。期待が膨らむ。

f0008686_22352150.jpg


メニューからマーカーが引かれたオススメの料理を中心に品定め。
刺身から金目鯛の昆布じめを注文。皮目は炙りで香ばしい。旨味が凝縮されている。わさびがやわらかな辛さ。アルコールはビールでスタートしたが、すぐに日本酒に切り替え。ガラスの器が綺麗。

f0008686_22353836.jpg

f0008686_22354559.jpg


次は水ナスとホタテのサラダ。野菜の種類が多い。水ナスの他に、ヤングコーン、シャンツァイ、ミニトマト、水菜、きゅうり、オクラなどなど。ドレッシングも塩加減がちょうど良い。色目も綺麗。

f0008686_22355936.jpg


相棒は燗酒に移行。遺跡から発掘された鉄器のような酒器。お猪口は自分で選べる。

f0008686_22361010.jpg



次にアサリの酒蒸し。大きなアサリ。身がぷっくりとしている。美味しい。

f0008686_22361923.jpg


ホワイトアスパラガス。大きい。卵とベーコンで。相棒はここでカヴァに切り替え。

f0008686_22362944.jpg


鹿児島産白美豚肩ロース味噌漬け。味噌の風味が絶妙。豚肉の旨味が増している。豚肉もキメが細かい。今日のお気に入りの一品。

f0008686_22363875.jpg


最後は鉄板チャーハンで締めに。カウンターの前の鉄板では次々と美味しい料理が出来上がっていく。他の人の注文の料理も食べたくなってしまう。チャーハンの出来上がる過程を楽しみながら出来上がるのを待つ。チャーハンには出汁と三つ葉。ひつまぶしのように、そのままで味わった後に、スープをかける。これがとても美味しい。お腹がいっぱいになっていたが、するするとお腹の中に。

f0008686_2236514.jpg


何を頼んでも美味しい。さらに料理の器や取り皿も素敵で、見ているだけでも楽しい。
素敵な居酒屋に出会えた。
[PR]
by izunosuke2005 | 2016-05-15 19:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

とんかつ武蔵 芦屋(JR芦屋)

神戸で初のとんかつ専門店。トンカツとエビカツの二刀流から、店名を「武蔵」に。芦屋店は震災後に暖簾分け。元町の本店のメニューを引継いでいる。

f0008686_23533748.jpg

f0008686_23534395.jpg


注文したのは、名物の「えびしいたけ」と「ひとくちカツ」の盛り合わせ定食。付け合せは四角にカットされたキャベツとラディッシュ。ドレッシングはかけずに、カツを食べた後に、そのままかじる。口の中がレセットされ、ソース味、塩味の切り替えができる。キャベツは食べる前に少量づつレモンを搾ると、よりさっぱりする。
パン粉は粒が大きすぎず、量も少なめで、肉を薄く包み込んで、一体感がある。食べていても、皿の下には、剥がれる衣はほとんどない。肉のうまみがよく伝わる。ソースはやや甘め。
球体の「えびしいたけ」は半分にカットされている。断面がとても綺麗。きちんと椎茸が中心で半分になっている。こちらは断面に岩塩と少量のレモンで。うまい。
お皿は中央にくぼみがあり、衣が湿らないようになっている。
味噌汁は赤出汁の豚汁風。芦屋の「六甲味噌」を使用。
[PR]
by izunosuke2005 | 2016-05-14 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ダン ル シエル(天満橋)

京阪京橋駅と天満橋駅のちょうど中間の土佐堀通り沿いに、10席の小さなフレンチレストランがある。「ダン ル シエル Dans Le Ciel」。
オーナーシェフの井出幸光さんは高麗橋「シェ・ワダ Chez WADA」出身。明治の煉瓦造りの建物も含めて、大阪でシンボル的なフレンチレストラン(2006年1月に閉店)。井出さんは2005年6月、天神橋筋六丁目に「Le Bistrot dans le ciel」をオープン。それから2008年10月に、ここ片町に「Dans Le Ciel」として再オープン。京橋と天満橋のオフィス街の中間ということもあり、ランチで伺うのは時間との勝負になるが、一度は訪れておきたいと思い挑戦。

ランチタイムはシェフ自ら、接客、調理を担当。とはいえ待たされること無く、調度よい状態で料理が提供される。
ランチのメニューは二種類
・鶏もも肉のマスタード・パン粉焼き
・茶美豚の肩ロース肉のソテー
ビジネスマンにもリーズナブルなフレンチのランチが提供できるようにと、900円という値段設定。ディナーのステップに。

今回は「鶏もも肉のマスタード・パン粉焼き」。
最初は「かぼちゃのポタージュ」。フレンチレストランのランチでは定番のメニューだが、濃厚なスープの上にはフォームミルクでマイルドに。極僅かな岩塩でさらに甘みとコクが増す。よいスタート。

f0008686_15184726.jpg


次に「鶏もも肉のマスタード・パン粉焼き」。辛味のあるトマトソース。ココットにはパプリカとズッキーニのラタトゥイユ。それとマッシュポテト、オムレツ、フレッシュサラダ。塩加減が良い。

f0008686_15185877.jpg


最後にグレープフルーツ、ルビーのシャーベット。爽やかな味。

f0008686_15197100.jpg



おいしかった。ディナーにも訪れたい。


ダン ル シエル(天満橋)
06-6881-5509
大阪府大阪市都島区片町1-7-19 都島フレールビル 102
JR東西線「大阪城北詰」駅徒歩3分
地下鉄谷町線・京阪電車「天満橋」駅徒歩7分
地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク」駅徒歩10分
JR東西線・環状線・片町線・京阪電気鉄道・地下鉄長堀鶴見緑地線「京橋」駅徒歩10分
大阪城北詰駅から256m
[ランチ:月~土曜営業、日祝休み(予約不可)]
12:00~14:00(L.O)
[ディナー:平日、土日祝とも予約可(前日迄要予約)]
18:00~21:30(L.O)
[PR]
by izunosuke2005 | 2016-05-13 11:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)