<   2016年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

欧風料理 もん(三宮) 〜 ビーフカツレツ

f0008686_513636.jpg

f0008686_514457.jpg


連休前半、洋食屋ナカムラが臨時休業だったので、近くの「欧風料理もん」まで移動。何度も前を通ったことがあるが、観光客向けの洋食と思い込み、神戸に住んでいながら一度もお訪れていなかった。幼少の頃連れて行ってもらったかもしれないが。1階がカウンターとテーブル席、それと2階にテーブル席。カウンター席からは厨房の様子が伺える。

f0008686_515457.jpg

f0008686_52227.jpg


人気メニューのビフカツを注文。最初にサラダ。シンプルだが美味しい。丸皿いっぱいのビフカツ。スパゲッティ、いんげん、じゃがいも。デミグラスソースは粘度が少ない。ビフカツの衣は薄く、ビーフステーキに薄皮を着せているかのよう。肉が主役。ホロ苦い良い。大きい肉で食べごたえ十分。レトロな店内に居るだけで、楽しくなり、食事もおいしく感じる。グリル一平とは違った神戸の洋食。

震災で建物は大きく損傷し、1階を残し修復。神戸の洋食の顔は今も一線で活躍している。


欧風料理 もん
078-331-0372
兵庫県神戸市中央区北長狭通2-12-12
11:00~21:00
定休日:第3月曜



※追記
「洋食屋ナカムラ」に予約をしようと電話をするが繋がらず、直接お店にいく。
お店は閉まっており、臨時休業の貼り紙が。心配。

f0008686_563795.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2016-04-30 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

リベルタス(中崎町) 〜 アニバーサリー・プラン

1年ぶりの再訪問。結婚記念日の近い休日なので、Anniversary Planで予約。
最初は、Champagne Veuve Fourny(?)で乾杯。ムニエのニュアンス。好きなシャンパーニュ。


f0008686_13439.jpg


アミューズ。焼き菓子のよう。「鮎・黒オリーブ・新玉ねぎ」。生地に練りこまれている。鮎のほのかな苦味が鼻をくすぐる。

f0008686_1341393.jpg


次は「海老・トマト・春菊」。プレート状のトマト。不思議とフレッシュ感があり、酸味と甘みを十分感じることができる。分子ガストロノミーという表現よりは、食材の保つ特性を引き出すために、必然的な結論だと思った。春菊のソースもよい。

f0008686_1342573.jpg


「ホタルイカ・リードヴォー」。ここにも春の食材が集まっている。ホタルイカ、アスパラガス、泡状のクリームソースがリードヴォーを包み込む。

f0008686_1343778.jpg


「タケノコ・アワビ」。パスタではなく、中華麺。ここから少しづつ、フージョン料理が始まる。中華料理出身のシェフの驚きの一皿。今までの流れからの違和感はない。あわび、タケノコの季節の食材を楽しむためには、やはりこの食感、香り、辛味。

f0008686_1345396.jpg

f0008686_135122.jpg


タジン鍋が出てくる。「フォワグラ」料理。フレッシュなフォワグラ、これに合わせていただいたのが、甘いリースリング。フォアグラの濃厚さと、油分とn相性がおどろくほどよい!

f0008686_1352562.jpg


メインの魚料理は「鮮魚のポワレ」。鮭の上には蕎麦の実。パウダー状のレモンソース。おいしい。

f0008686_1353866.jpg

f0008686_1354634.jpg


肉料理は、「十勝ハーブ牛のロースト」。生の胡椒、豆板醤、春菊のソース。最高の組み合わせ。


f0008686_1355792.jpg


ワインは、しっかりした白のリクエストで選んでいただいたのが、「2010 Chateau Montus Blanc Domaine Alain Brumont」。ワインリストの白はシャルドネが中心だったが、これはマディランの土着品種のプティ・クルビュ、プティ・マンサン。最初の一口の香り、酸味の立ち上がりも早く、余韻も長い。食中酒としてもバランスが良い。今回のメニューは魚介類が中心だったので、白を選んだが、最後の十勝牛でも十分力を発揮。


f0008686_1361273.jpg


食後酒に勧めていただいたのが、「Bénédictine D.O.M. the Liqueur」ノルマンディのベネディクト修道院で造られていた、ハーブ酒。おおお、すばらしい。


f0008686_1363055.jpg


ここで、アニバーサリープレート。素敵な作品。見とれてしまった。ててもよい思い出になった。

f0008686_1364313.jpg


デザートは「苺とヨーグルト」。ヨーグルトは固形状に。酸味が良い。

f0008686_1365637.jpg


最後に日本茶とどら焼き。プティ・フールの日本版。
どれも美味しかった。どれも驚き。サービスもスマート。
[PR]
by izunosuke2005 | 2016-04-24 19:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

大和しかバス七変化 Bコース ③室生寺

長谷寺では1時間散策し、再度バスにのり室生寺に向う。三重県との県境の近く。
写真家土門拳さんが、ここ室生寺を愛し、特に、冬の雪深い季節の、国宝五重塔に魅せられ、晩年は室生寺近くに住み、納得の行く作品ができるまで、何度も足を伸ばしたとのこと。

f0008686_15484840.jpg

f0008686_154903.jpg


バスから降りて、店が閉まる前に名物の草餅をいただく。つきたての柔らかいお餅。美味しい。
境内には下ノ橋から入る。三本杉の横を通り、仁王門に。

f0008686_15491428.jpg

f0008686_15492326.jpg

f0008686_1549305.jpg


そこから石段を登ると、国宝金堂に。とても静かな場所。金堂の中に入ると、国宝の菩薩、釈迦、地蔵菩薩のほか、重要文化財の十二神像。彩色が見事に残っており、圧巻であった。これは是非見ておくべき。

f0008686_15494871.jpg

f0008686_15495963.jpg

f0008686_1550249.jpg

f0008686_15504155.jpg


弥勒堂 重要文化財

f0008686_15505442.jpg


本堂

f0008686_1553141.jpg


五重塔

f0008686_15542752.jpg


ここからハイキングコースのような、断層がむき出しになっている路をあるき、長い、急な石段を登ってゆくと、奥の院に。息切れしてしまった。たどり着いた時間が閉門まじかだった。

f0008686_15544466.jpg

f0008686_1556289.jpg

f0008686_15552169.jpg

f0008686_1555327.jpg

f0008686_15553970.jpg

f0008686_15555115.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2016-04-24 16:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

大和しかバス七変化 Bコース ②長谷寺

岡寺からバスで約1時間。長谷寺に到着。
西国三十三観音霊場の第八番札所。真言宗豊山派の総本山。
『花の御寺』と親しまれており、桜、紫陽花、牡丹など季節ごとの花を楽しめる。4月末のこの季節では、牡丹、しゃくやく、しゃくなげが見事だ。

f0008686_1445910.jpg


仁王門は残念ながら修復工事中で、様子を見ることができなかった。

f0008686_14465919.jpg

f0008686_14479100.jpg


重要文化財の登廊を登っていく。石段は低い。上中下の三段に分かれている。全部で399段になる。
ここも高低差のある景色で見事。

f0008686_14473416.jpg

f0008686_14474125.jpg


国宝の本堂に。十一面観世音菩薩立像を拝む。すばらしい。
舞台からの寺院全体の眺めがよい。

f0008686_1448098.jpg


この後は五重塔

f0008686_14482588.jpg

f0008686_1448334.jpg

f0008686_14484248.jpg

f0008686_14485158.jpg

f0008686_14485931.jpg

f0008686_1449974.jpg


花を楽しみながら、降りてゆき、重要文化財指定本坊に。本坊の対面に本堂がある。
仁王門まで戻り、参道に向かうと、ふじが見事に咲いてた。

f0008686_14492029.jpg

f0008686_14492952.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2016-04-24 14:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

大和しかバス七変化 Bコース ①岡寺

大和しかバス七変化」は「奈良県ビジターズビューロー」が企画した奈良の新しい観光ツアー。奈良県の観光名所には、近鉄、JR、バスを利用することで、車がなくても訪れることができるが、奈良県各地に点在しており、効率よくまわることができない。ここで企画されている観光地は、いいずれも季節を感じることができる素晴らしい行程になっている。


◎バスツアー
2016年4月
Aコース 桜・菜の花・カタクリの花の名所を巡り、春を先取り!
藤原宮跡・宝蔵寺・又兵衛桜・森野旧薬園

Bコース 石楠花・牡丹と共に悠久の時を過ごす
岡寺・長谷寺・室生寺


2016年5月
Cコース 色鮮やかな牡丹・つつじに出会う旅
関西花の寺三寺(當麻寺西南院・石光寺・船宿寺)を巡る

Dコース “かきつばた・バラ”を満喫する花と庭園巡り
「長岳寺」・「松尾寺」・優美な借景庭園「慈光院」


2016年6月
Eコース 優美なバラ・ささゆりと共に巡る「まほろば旅」
おふさ観音・談山神社・聖林寺・三輪山をご神体とする聖地“大神神社”

Fコース あじさいに包まれる“癒しの旅”
矢田寺・岩船寺・浄瑠璃寺


2016年7月
Gコース 聖徳太子ゆかりの地を巡る「いにしえの旅」
信貴山朝護孫子寺・法隆寺・中宮寺

Hコース 夏見頃のキバナコスモス・さるすべりと風鈴まつり
藤原宮跡・おふさ観音・世尊寺・如意輪寺


2016年8月
Hコース 夏見頃のキバナコスモス・さるすべりと風鈴まつり
藤原宮跡・おふさ観音・世尊寺・如意輪寺

Iコース 七支刀で有名な「石上神宮」と剣豪・柳生十兵衛ゆかりの「柳生」
石上神宮・柳生の里・円成寺

Jコース 水面に浮かぶホテイアオイと古代ロマンに触れる
本薬師寺跡・明日香村・安倍文殊院


2016年9月
Kコース つれもうていこうよ!世界遺産のある村“十津川村”
谷瀬の吊り橋空中散歩と熊野三山奥の宮玉置神社を巡る

Lコース 絶景!案山子ロードに咲く彼岸花と葛城山頂から見るススキ
明日香村散策とロープウェイで葛城山頂へ


今回は「Bコース 石楠花・牡丹と共に悠久の時を過ごす」に申込み。
インターネットからも申し込みができて、JTB、近畿日本ツーリストのサイトから予約できる。
集合場所の近鉄大和八木駅でも当日申込も可能。

JTBホーム > 定期観光バス・現地観光プラン・レジャーチケット > 関西 > 奈良県

旅の発見(近畿日本ツーリスト) 奈良「大和しかバス」



近鉄大和八木駅南口から降りて、観光案内所に。そこで待機している添乗員さんにバスツアーの受付を行い、観光パンフレットのセットと柿の葉寿司、お茶を受け取る。柿の葉寿司は少なそうだったので、近くのローソンでおやつを購入。相棒は駅のスーパーでサンドイッチを。


f0008686_145398.jpg


バスは中型の奈良交通のしかバス。最初の目的地の明日香村、岡寺に向う。
岡寺」は西国三十三所第七番札所。法名は「龍蓋寺(りゅうがいじ)」。地名の「岡」にある寺ということで、古来から「岡寺」の名前で知られている。

f0008686_14531100.jpg

f0008686_1454414.jpg

f0008686_148283.jpg

f0008686_1455386.jpg

f0008686_146141.jpg


仁王門を通り抜けると、見事なシャクナゲが植えられている。

f0008686_1462497.jpg

f0008686_1463389.jpg


石段を上り、本堂の敷地にでてくるが、先に三十宝塔に向う。ここからは、明日香村を見渡すことができる。

f0008686_1465464.jpg

f0008686_147250.jpg


さっそく、ここで柿の葉寿司をいただく。塩辛い寿司をイメージしていたが、いがいとあっさりとしている。鮭とサバの二種類。おいしくいいただいた。

f0008686_1472023.jpg


その後は、開祖の義淵僧正の廟所。ここから、本堂を見渡すことができる。

f0008686_147409.jpg

f0008686_1474623.jpg

f0008686_1475592.jpg


細い石段を登りながら、奥之院石窟へ。湿った石窟の中を屈みながら進み、石仏を拝む。

その後は寺の由来となった龍蓋池を通る。周辺からは水が湧き出ており、蛙の声がよく聞こえる。姿は見えないのが不思議だ。本堂で本尊の如意輪観音座像を拝む。龍玉願い珠にお願いごとを書き込み、もちの木にかけた。

f0008686_1481245.jpg


敷地内は高低差があり、自然と一体となった景観の美しいお寺だった。
おみやげに赤米を購入。
[PR]
by izunosuke2005 | 2016-04-24 11:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

オステリア ヴィヴァーチェ(芦屋) 〜 ホワイトアスパラガス

春の食材を中心にいただく
アンティパスト2品とプリモ・ピアット、セコンド・ピアット。

f0008686_5211122.jpg


・イタリア産ホワイトアスパラガスとスクランブルエッグ
 4月のおすすめ料理。
 みずみずしいホワイトアスパラ。濃厚なスクランブルエッグとチーズの組み合わせが良い。


f0008686_524280.jpg


・青森産帆立のフリット
 ソテーされた帆立のヒモとキモが添えられている。これだけで永遠飲める感じ。
 帆立は、チーズ、生ハムと一緒にフリットに。それぞれの食材が融合して一つの味に。
 柑橘のフレッシュさが加わる。ここでもチーズの香りがとても良く合う。


f0008686_5241187.jpg


・ウニのオレキエッテ
 ぷっくりと美味しいオレキエッテ。ウニ、ピスタチオ、トマト。美味しいものばかり。


f0008686_5215248.jpg


・子牛フィレのカツレツ
 今回のお驚きの一皿。ウイーンのシュニッツェルを想像していたが、厚みのあるカツレツ。
 衣は極薄く、肉の旨味が伝わる。じっくりと火を通し、丁寧に調理された一品。
 カーボロネロ(黒キャベツ)、玉ねぎも熱がじっくり入ることで、旨味が凝縮され
 カツレツの濃厚さに負けない。濃厚さの多重構造。粒マスタードとオリーブオイルのかかった岩塩で
 味に変化をつける。


f0008686_522541.jpg


ワインはミルム、ヴェルデッキオ。しっかりとしたボディ。桃のニュアンス。香り高い。

2011 Mirum, Verdicchio di Matelica Riserva
2011 ミルム、ヴェルデッキオ・ディ・マテリカ、リゼルヴァ
生産地:イタリア、マルケ
生産者:La Monacesca ラ・モナチェスカ
品 種:Verdicchio 100%


f0008686_5221753.jpg


パンはプーリアのアルタムーラ。円形の巨大なパン。


f0008686_5222987.jpg


食後にレモンチェッロを。フレッシュなレモンを感じさせる。
相棒はクレーマ・カタラーナ

OSTERIA VIVACE con e DePadova
オステリア ヴィヴァーチェ コン エ デパドヴァ

0797-26-6264
兵庫県芦屋市川西町4-2 VIVO芦屋 102
JR芦屋駅徒歩10分、阪急芦屋川駅徒歩10分、駐車場2台有(共有の為)満車の場合 近隣コインパーキング(有料)
芦屋駅(阪神)から437m
12:00~14:00(L.O) 17:30~22:30(L.O.21:30)



食事の前に、阪神芦屋駅の八重桜を鑑賞。いつも見事に咲く。

f0008686_5224138.jpg

f0008686_5224890.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2016-04-16 18:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ステーキ食堂 BECO(大阪京橋)

最近、大阪京橋周辺でランチタイムに行列ができるお店。ラグビー日本A代表の金 栄釱さんが経営のステーキハウス。
ランチタイムメニューは

①国産牛ロースステーキ丼
 シングル…ステーキ150g、ご飯200g
 ダブル…ステーキ300g、ご飯400g

②特選ハラミステーキ丼
 シングル…ステーキ150g、ご飯200g
 ダブル…ステーキ300g、ご飯400g

③牛フィレ肉ステーキ定食
 ステーキ150g

メニューにはなかったが、トリプルもできる。ご飯の量は無料で変更可能。ガッツリ食べたい人にはぴったり。

f0008686_13341584.jpg


せっかくなのでダブルの特選ハラミステーキ丼を注文。
ステーキ丼以外に、味噌汁、ポテトサラダ、生姜の甘酢漬け。
こんな豪快なステーキ丼は初めてだ。ご飯の上にナムル風のモヤシ、サニーサラダ、その上にスライスされたハラミ肉。細切りの海苔。
ニンニクたっぷりの醤油ベースのタレ。ステーキと言うよりは、焼肉丼の方が近い。ハラミ肉が美味しいので、もう少しタレは控えめお方がよい。
味噌汁は煮込みすぎていたのが残念。
[PR]
by izunosuke2005 | 2016-04-15 11:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ビストロ ド リマージュ

f0008686_13282939.jpg


大阪京橋の京阪国道沿いのビストロ。クラシカルな雰囲気。長椅子を利用したテーブル席と僅かなカウンター席。席の間隔は狭いが、清潔なテーブルクロスに可愛らしいブーケで目の前に素敵な空間が広がる。美味しい料理の予感。

f0008686_13283799.jpg


今日のランチメニューは、

ランチAコース ¥1,000税別
・かぼちゃのクリームスープ
・サラダ ・パン
・若鶏もも肉のディアブル
・お楽しみデザート
・コーヒー又は紅茶

ランチBコース ¥2,200税別
・本日の前菜
・かぼちゃのクリームスープ
・スズキと海老のムースのポアレまたは白美豚のロースト
・お楽しみデザート
・コーヒー又は紅茶

ステーキランチ ¥1,600税別
・かぼちゃのクリームスープ
・サラダ ・パン
・黒毛和牛種牛ステーキ
・お楽しみデザート
・コーヒー又は紅茶

ランチCコース ¥3,200税別


ステーキランチのスペシャル感が気になったのでこれに。

f0008686_13274993.jpg


サラダはシンプルだが、丁寧に下準備がされ、ドレッシングもちょうどよい。いいスタート。

f0008686_13275955.jpg


かぼちゃのクリームスープはとてもクリーミー。甘みが凝縮されている。コーンフレークでより甘みの感覚が増す。

f0008686_132882.jpg


黒毛和牛種牛のステーキ。綺麗で上品な赤身。粒マスタード・ソースの苦味がよい。じゃがいも、れんこん等の根菜の組み合わせも良い。

f0008686_13281883.jpg


デザートはチーズケーキとソルベ。

大阪京橋という土地柄、フレンチとは言え、サービスや料理のスタイルが大阪風に変わってしまうが、ここ「ビストロ ド リマージュ」では、別の空気が流れているようだ。貴重なレストラン。サービスもスマート。料理も丁寧で、シェフの気持ちが伝わってくる。
[PR]
by izunosuke2005 | 2016-04-14 11:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

彩雲(大阪・京橋) 〜 牛肉入りあんかけ焼きそば

牛肉入りあんかけ焼きそばセット。水曜日は三彩午餐が1,000円なので、飲茶を追加。
綺麗な点心。

f0008686_1583575.jpg


f0008686_1584868.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2016-04-13 11:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

とん太(大阪城北詰) 〜 日替わりランチ

今日の日替わりは、クリームコロッケ、ヒレかつ、海老フライ。
前回とは揚げの具合が違う。調理する人の差なのか?

f0008686_1571045.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2016-04-12 12:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)