<   2015年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ビー バー ウメダ(西梅田)

土曜日の夜。しっとりとした気分で、静かに語らいながら時間を楽しむために、このバーを利用するのは注意が必要だ。ここに限定された話ではないが、カウンターの席の間隔が狭いと、隣の会話や注文の内容が耳に入る。できれば、席の間隔は十分とってほしい。ドレスコードはないものの、騒ぎそうな人はボックス席に誘導してほしい。前回もそうだったは、土曜日の夜は騒がしくなるようで、静かに飲みたい人は避けたほうがいいようだ。せっかく素敵なグラス、丁寧な接客、おいしいカクテルがあるだけに残念だ。二回とも同じだったので、確率は高いだろう。


f0008686_0304418.jpg

f0008686_0312610.jpg


カクテルは、土佐小夏とマンゴーを注文。香りの良いカクテル。バカラの程よい重みが美味しさに加わる。


f0008686_0313620.jpg


チーズの盛合せも注文。チーズの状態はとても良く、ちょうどピークに合わせた状態。すばらしい。


f0008686_031639.jpg

f0008686_0311283.jpg

最後はモヒートと余市。至福。
隣で同じ余市を飲んでいてる若い女性が「わー! Bの文字、みてみてみてーーーーーー、きゃー!」
東京のビー・バーとは似て非なる空間。梅田周辺で静かに飲めるバーを探さなければ。


ビー バー ウメダ(B BAR UMEDA)
大阪府大阪市北区梅田1-8-16 ヒルトンプラザイースト 2F
大阪市営地下鉄四つ橋線 西梅田駅徒歩5分
JR大阪駅・JR北新地駅徒歩8分
西梅田駅から111m
[月~土]16:00~翌4:00
[日・祝]16:00~24:00
[PR]
by izunosuke2005 | 2015-05-30 23:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

中崎きりがね食堂(梅田)

f0008686_0403533.jpg


JR東海道線の大阪駅近くの高架下にある居酒屋。大阪駅からはそれなりに歩くので、このお店目当てに行かなければ気がつかない。
料理は串かつ、お好み焼き、たこやきがある。意外とこの組み合わせのあるお店が少ない。店内は広く、テラス席も有り、開放感がある。お酒も安いので、出張に来た人をもてなすときに調度よいかもしれない。人気があるお店なので予約は必須。
串かつは大阪らしく、各テーブルにソースの入ったステンレスのケースがある。それに浸けながらいただく。付け出しはキャベツぶつ切りと塩昆布。串かつは上品。おいしい。お好み焼きもおいしい作り方を知っている。たこ焼きは試さなかった。


中崎きりがね食堂
06-6485-3535
大阪府大阪市北区中崎西2-4-27
梅田駅から徒歩 5分
梅田駅(阪急)から315m
【月~金】
[ランチ]11:30~14:00(L.O.13:30)
[ディナー]17:00~26:30 (L.O.26:00)※23:00以降はラーメン店メニューのみ
【土】
15:00~26:30 (L.O26:00) ※23:00以降はラーメン店メニューのみ
【日・祝日】
15:00~26:30 (L.O26:00) ※22:30以降はラーメン店メニューのみ
[PR]
by izunosuke2005 | 2015-05-30 19:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

オステリア レガーロ Osteria Regalo (深江)

f0008686_0463039.jpg


赤鳥居の近くにオープンしたイタリアン。シックな外観。
ランチはパスタ二種類から選ぶ。前菜、パスタ。バケットのセット。オプションでドルチェ、コーヒーをつけることができる。

f0008686_0455423.jpg


前菜は、ベイビーリーフのサラダ、人参のラペ、肉巻き。ボリュームがある。ラペの人参の味が濃くておいしい。良い人参だ。

f0008686_046411.jpg


今日選んだのは「生ハムとキノコのカッチョ・エ・ペペ」。チーズたっぷりのパスタ。香りも良い。生ハムの塩味と食感がよい。

f0008686_0461430.jpg


ドルチェとコーヒを追加。ドルチェはティラミス。マスカルポーネのクリームの甘さが良い。こういうドルチェはランチのフィニッシュにふさわしい。
庶民的すぎず、程よい感じ。気にい入りました。ワインや、メイン料理も楽しみたい。


オステリア レガーロ Osteria Regalo (深江)
078-413-5959
兵庫県神戸市東灘区本庄町3-7-2
JR神戸線甲南山手駅徒歩12分
阪神本線深江駅徒歩10分
深江駅から445m
営業時間
11:30~14:30 17:00~23:00
[PR]
by izunosuke2005 | 2015-05-30 13:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

Kidoワイナリー2015年4月抽選販売の結果

2015年春の抽選販売。すでに配送が始まっている時期だがメールが来ていないので、抽選は外れたようだ。残念。次回は8月。
[PR]
by izunosuke2005 | 2015-05-24 21:15 | 日本のワイン | Trackback | Comments(0)

ワインとお酒と和心料理Takasaki(芦屋)

現在、シェフお一人なのでディナーは予約客でコースのみ。

食前酒はスパークリングワイン。ジュラのアンリ・メール、フェット・ドール・ブリュット・ブラン・ド・ブラン(Henri Maire,Fete d'Or Brut Blanc de Blancs)。酸味はひくく、果実味、香りがさわやか。和食のスタートに調度良い。

1品目は「トマトのすり流し、とうもろこし真丈(しんじょう)・スナップエンドウ・あやめ独活(うど)、柚子の香り」。年代物のカクテルグラスで。初夏を想像させるさわやかな一品。最初に、すっと鼻をくすぐる香りに心地よくなる。野菜に勢いがある。おいしい。真丈と野菜を頂いた後は、カクテルのようにすり流しを飲む。スパークリングワインとよく合う。
f0008686_12575230.jpg


二品目は、「穴子の飛竜頭(ひろうす)」。こちらも香りがすばらしい。芥子をつけると、さらに穴子の美味しさが強くなる。おいしい。ここから日本酒に。ホールを担当される方もお一人なので、忙しさでスパークリングをボトルで注文するか、日本酒も多めに頼むか悩んでいたが、ゆっくりと食事しながらだと、お皿ごとに日本酒を選べそうだったので、グラスで日本酒を注文することに。最初は郷乃譽「純米ダ大吟醸」無濾過と勝駒「純米酒」。
f0008686_12581035.jpg

f0008686_12582019.jpg

f0008686_12583472.jpg


三品目は、八寸と蒸し物、揚げ物。「フォアグラの羽二重蒸し」はフランス料理のフォアグラとは異なり、気品のある和食に。日本酒によく合う。「八寸」は京焼の舟形長皿にもずく酢、太刀魚、もろ胡、越前小海老唐揚げ、茗荷寿司、茄子田楽、オクラ、山桃。お酒と一緒にそれぞれの料理のお美味しさを楽しむ。幸せな気分になる。揚げ物は「竹の子フライ(鼈甲あん、溶き芥子)」。野菜の天ぷらのような先入観で口に運ぶと、肉料理のような重厚感のある旨味が広がる。おどろき。このあたりから日本酒は第二シーズンへ。「笹一酒造 純米吟醸無ろ過原酒」、「惣誉 香照 純米吟醸」。「香照」は前回のランチでもいただき、深い味わいが印象的だった。おいしい。
f0008686_12585545.jpg

f0008686_12591657.jpg


四品目に。「奥羽山脈プラチナポーク(白金豚)、海老すり身とグリーンピースのソース」。プラチナポークの由来は宮沢健治「フランドン農学校」で「豚が大地の恵みを受けて上等な食肉を生み出す様を、自然界における『触媒』、『白金』とおなじ」という話から由来する。濃厚な味わいの豚肉。和食に豚肉ということに少し驚いたが、口にい入れると納得できる。ほんとうに美味しかった。グリーンピースのソースが旨味の相乗効果に。日本酒は三シーズン目の「信濃錦・命まるごと」、「佐久乃花 純米吟醸無濾過生酒」。
f0008686_12593745.jpg

f0008686_12595083.jpg

f0008686_130345.jpg


五品目は、「子持ちシャコ」。シャコは好きな食材でテンションが上がる。シーズンも終わり頃だが、旬の食材をいただくことができた。コレもお美味しかった。
f0008686_1302149.jpg


ご飯は「鯛めし」。鉄釜。ご飯お美味しさは、ランチでも感激したが、今回も同様。おかわりしました。
f0008686_130381.jpg


デザートはマンゴーソースとババロア、ウィスキーを染み込ませたバターケーキ。抹茶。自分は食後酒に芋焼酎の古酒、「天使の誘惑」をロックで。グラスの模様が照明でテーブルに映しだされる。ウィスキーのような濃厚さ。
f0008686_1305796.jpg

f0008686_1311122.jpg

テーブル席、個室とあるが、二人ならカウンター席がオススメ。

ワインとお酒と和心料理Takasaki
兵庫県芦屋市川西町4-2 VIVO芦屋202 2F
0797-80-7858
11:30~14:30(L.O.14:00)
17:30~22:00(L.O.21:00)
定休日:月曜・火曜
[PR]
by izunosuke2005 | 2015-05-23 19:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

土山人 ほたるまち店(新福島)

大阪大学医学部附属病院跡地に再開発で開業した「ほたるまち」にお店がある。朝日放送社屋の隣の堂島クロスウォーク1F。福島駅から徒歩で向かうと、ビルが奥まったところにあるので探しにくい。ビルのショップリストを頼りにお店を探す。
ホームページでは店舗名は「大阪 土山人」だが、食べログ以外のレストランガイドでは「土山人 大阪」という表記もある。住所を確認すると、「The Tower Osaka(ザ・タワー・オオサカ)1F」となっており、食べログの「堂島クロスウォーク1F」とちがう。これはマンションがある高層棟が「ザ・タワー・オオサカ」で商業施設の低層、エントランスが「堂島クロスウォーク」なので、「大阪 土山人」も「土山人 大阪」も「土山人ほたるまち店」同じ店舗のことを指している。

演奏会の帰りの食事ということで、ホール近くの福島でお店を選んでもらい、福島周辺にも「土山人」があることを知る。早速予約を入れる。日が近かったが予約できた。「【飲み放題付】満足プラン」で。飲み放題は時間制で、グラス交換方式。ビール、冷酒、焼酎、ソフトドリンクなどひと通り揃っていて、銘柄は指定できないルール。
・大根おろしとなめ茸
・関東炊き盛り合わせ
・地鶏塩焼きおろしポン酢
・出し巻き玉子
・かきあげ天ぷら
・太巻き寿司
・お蕎麦(せいろ大盛orかけ大盛)
料理もたっぷりあるので結構お腹はいっぱいになる。かき揚げ、だし巻きが美味しかった。
フリードリンクということでちょっと飲み過ぎるので用心。
もう少し量の少ないコースで、食べたいものを一品追加するのがちょうどいいかも。
f0008686_1643024.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2015-05-17 19:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

Bordelet Sydre (Sidre) Brut Tendre

エリック ボルドレ シードル ブリュット タンドル NV
Bordelet Sydre (Sidre) Brut Tendre
補糖なしの瓶内一次発酵。リンゴの果実味を十分味わえる、心地よい甘さ。食事にも合う。
f0008686_23152970.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2015-05-16 18:00 | シードル | Trackback | Comments(0)

だし茶漬け えん エキマルシェ大阪店

JR大阪駅桜橋口側にある飲食店街、エキマルシェ。専用改札と直結。
お茶漬け専門店と言っても、様々な具材のバリエーションがある高級お茶漬け。そんな豪華なものは今日はよかったので、一番シンプルな「ぶぶだし茶漬け 」に。
シンプルと言っても様々な刻み野菜がはいって、見た目にも綺麗。きゅうり、茄子、みょうが、山芋、枝豆、おくら。もりだくさん。
急須から出汁をかける。濃い味。もう少し塩気は少なくてもいいかなぁ。
小鉢が2皿付く。豆腐とひじきの煮物。
f0008686_718249.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2015-05-15 21:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ぼん繁(天満橋)

お好み焼き、焼きそばにビール、チューハイで宴会。関西のお好み焼きのスタンダードなスタイル。人数が多ければ、いろいろな種類のお好み焼きを食べることができる。

「ぼん繁」は人気の専門店。平日はサラリーマン男性客で満席。2階が座席、1階がテーブル席。鉄板が各席にはあるが、焼いたものを運んでくれるので、服に匂いがつきにくい。それでも気になる人は入り口のハンガーにかけておく。
お店オリジナルのソースと醤油ベースのソースでいただく。

名物の一つに激辛の「ハイカラそば」がある。豆板醤入り。太い焼きそば。ビールがすすむ。かなり辛い。
お好み焼きでは「カレー焼き」。カレー風味が絶妙。
f0008686_7212232.jpg

全部のせの「スペシャル」も外せない。いか、エビ、ぶた、牛肉、玉子。2倍の大きさの「Wサイズスペシャル」ではタコも入る。玉子のふわふわ感がとても美味しい。
f0008686_7213775.jpg

京阪天満橋という場所柄、繁華街から遠いため、なかなか気軽に行きにくい場所だが。
[PR]
by izunosuke2005 | 2015-05-15 18:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

2012 Prosecco "Col Fondo" Azienda Agricola Ca’ dei Zago

f0008686_2317014.jpg

2012 Prosecco "Col Fondo" Azienda Agricola Ca’ dei Zago
2012プロセッコ・コル・フォンド(カ・ディ・ザーゴ)

生産地:イタリア、ヴェネト州、プロセッコDOC
生産者:カ・ディ・ザーゴ
品 種:プロセッコ100%
リブゴーシュさんのコメント
「コル・フォンドの畑は数十年無農薬で栽培され、醸造時も可能な限り人的な介入を行わず、酸化防止剤の添加も最小限度にとどめています。味わいに派手さはないのですが、上品で複雑な印象です。お手軽スパークリングのプロセッコが上級ワインに昇華しています。正に究極の『プロセッコ』です」

王冠のプロセッコ。圧は低いみたい。
時間が経つと変化するとのこと。でもさいしょからラシーヌさん、リブゴーシュさんの選ぶワインというニュアンスが全開。しっとりと楽しめる。




[PR]
by izunosuke2005 | 2015-05-10 23:21 | Trackback | Comments(0)