<   2015年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

角館で桜観光。朝一番の飛行機で伊丹から秋田空港へ。そこからは乗り合いタクシーで角館に移動。ワンボックスカータイプ。桜まつりのシーズンで渋滞することを覚悟していたが、意外にもスムーズに角館駅に入ることができた。11時前。ランチは事前にここ「じん市」と決めていたので、予約済み。お任せのコースのみで、2時間はかかるとのことを伺っていたので、じっくりとお酒を飲みながら食事を楽しむこととし、先に花見を済ませることにした。

駅からまず川岸に移動。土手からの桜並木は絶景。まだゆっくりと歩ける混雑具合で十分楽しむことができた。予約の時間が近ずいてきたので、武家屋敷前の通りを歩きながらお店に。大きな看板があったのですぐ見つけることができた。

店内は座敷が二部屋とカウンター席。座敷は四人でも十分ゆっくりと座れる大きさ。桜のハイシーズンで喧騒とした街中とは打って変わり静かな空間にホッとする。

お任せコース一品目は「天使の海老の湯葉巻き揚げ、ゲランドの塩で」。揚げ春巻きのようなフォルム。ビールで。エビの香りが口の中に広がる。うまい。塩が絶妙なアクセント。
f0008686_23563061.jpg


二品目は「ズワイガニのあんかけ」ズワイガニの身がたっぷりと。贅沢な料理。ここから日本酒に移行。「やまとしずく純米吟醸直詰生原酒 1800ml (秋田清酒株式会社)」、秋田酒こまち100%。香りは控えめだが、お米の味をしっとりと感じることができる、気品のある純米吟醸。地元の銘酒を堪能。ラベルの絵文字は、「へ」に見える山の絵と、カタカナの「ト」、それと雫の「、」で「やまとしずく」と読む。香りも楽しめるようにワイングラスで。
f0008686_23564653.jpg

f0008686_23565420.jpg


三品目は「フグ炙りマリネとレタス、りんごソースサラダ」。秋田はふぐの名産地。知らなかった。冷たい日本海では生育が遅い分、肉質は引き締まる。レタスも地元。りんごの酸味がフグにもレタスにも合う。フグは炙り。いやぁ、おいしい。お酒も進む。
f0008686_23571315.jpg


つぎは「比内地鶏の茶碗蒸し、フカヒレ、角館うるい、青山椒」。比内地鶏も秋田の名産。それとフカヒレと合わせる。贅沢な逸品。純白の茶碗蒸しは、広東料理、日本料理というジャンルなんてどうでもよくなるようなおいしさ。見た目にも美しい。
「やまおとしずく」がなくなったので、「天の戸 亀の尾仕込 純米吟醸 無濾過生酒 1800ml(浅舞酒造株式会社)」。秋田横手。亀の尾100%。すっと立ち上る香り。気品のあるお酒。おいしい。
f0008686_23573041.jpg

f0008686_23573864.jpg


「ノドグロといろいろな魚介類とサフランソース」。鮮やかなイエローのソースにノドグロのフリット。肉厚なノドグロ。うまい。メインの魚料理。
f0008686_23575165.jpg


「秋田錦牛のイチボのコンソメと人参のムース」。イチボ、牛のお尻の先の肉のコンソメとは驚き。人参のムースが甘く、デザートのよう。
f0008686_003333.jpg


「秋田錦牛、コゴミ、春菊、トマト」メインの肉料理。箸で崩れる。幸せな気分に。春菊やこごみの苦味と甘辛いソースの相性は抜群。ソースを拭って食べきりたい。
f0008686_23581597.jpg


「カワハギ、ふきのとう、ショートパスタのリゾーニと梅干し」、ご飯物。お米のようなパスタ。リゾットのようにいただく。つるつると喉をすりぬけてゆく。不思議な食感。
f0008686_23582458.jpg


「比内地鶏の卵黄で作ったクリームブリュレ、チョコレートと抹茶」最後のデザート。濃厚。チョコレートケーキの中には濃茶のようなソース。
f0008686_23583458.jpg


すっかり満足してしまった。花見を先に終えたので、ゆっくりと食事を楽しめた。ディナーで夜桜というコースでもいいかなぁ。
角館ですてきなお店に出会うことができた。
[PR]
by izunosuke2005 | 2015-04-25 14:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

角館・田沢湖旅行〜角館

角館の桜を見てみたい。
東北の桜の名所は多数あり、観光情報では、ならべく各観光地が紹介できるように、100選ということで、多数紹介される。とりわけ有名な名所としては、「東北三大桜名所」として、
・青森弘前市 弘前公園
・岩手北上市 展勝地 
・秋田県仙北市 角館 
が挙げられる。クラブツーリズム等のバスツアーでこの名所をめぐる強行日程がある。バスは大変そうだ。

何度か訪れた鹽竈神社の桜は見事であったが、開花時期にピッタい合わせていくことができた、弘前公園の桜は、ほんとうに素敵だった。岩木山や弘前城の景色は印象に深く残っている。景色もそうだが、雪解けの後に、桜も若葉も一斉にひらき、春が一気に訪れる。そんな季節の変化が魅力的だった。

今年は、角館の武家屋敷通り、桧木内川の桜を見ておきたいと思い、過去の開花時期から、今年は大型連休の前半だと予想し、ホテル、航空機の予約を入れる。12月ぐらいから始めたが、既に主要なホテル、旅館は予約で埋まっており、大阪からの航空機もほぼ満席だった。

飛行機は伊丹08:00発のANA1651。秋田空港には09:30に到着する。プロペラ機。揺れることを心配していたが、終始安定した飛行だった。
f0008686_23302439.jpg

f0008686_2330577.jpg

f0008686_23304883.jpg

f0008686_2331152.jpg

秋田空港から角館までは、秋田新幹線、在来線(奥羽本線・田沢湖線)でも行けそうな気がするが、列車本数が少ないので、レンタカーか乗り合いタクシーしかないようだ。空港バスは主に秋田市内行き。
乗り合いタクシーは、「キングタクシー」という会社が、「エアポートライナー」という名前で定期運行している。終着は乳頭温泉で、角館て途中下車する。

タクシーはホームページから予約できるが、伊丹便の到着に合わせた便はなく、どれも羽田便の到着にあわせたダイヤになっている。1時間以上待つことになる。どうしようかと思い、ダメ元でキングタクシーに確認すると、大型連休中は臨時便があるとのこと。09:50発なので、待たずに出発できる。
f0008686_23311010.jpg


タクシー乗り場は駐車場の中央にひっそりと看板がある。これは見つけにくい。同じ便には自分たちとは別に1組だけの合計4人。少ないんだ。ほぼ1時間で角館に到着。角館中心地に近づくと、マイカー規制をしていたので、混雑しているようだ。でもJR・角館駅で下車すると、意外と人はまばら。ロッカーも空いている。観光案内所が安いので、荷物を預けて、檜木内川(ひのきないがわ)に向かう。

檜木内川はここ角館で玉川に合流し、大曲で雄物川に合流し、日本海に繋がる。支流ではあるが、檜木内川の川幅はひろく、立派である。両脇の堤には、枝を川にのばすソメイヨシノ。見事な景色だ。
f0008686_23313542.jpg

途中ババヘラアイスをいただく。
f0008686_23314969.jpg

散歩中の柴犬
f0008686_23315792.jpg

吸い込まれるような景色だ。来てよかった。
f0008686_2332827.jpg

f0008686_23321691.jpg

ランチの予約時間が近づいてきたので、お店のある武家屋敷に向う。
[PR]
by izunosuke2005 | 2015-04-25 12:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
Kidoワイナリー今年の春の抽選販売が開始。応募期間は4/26まで。
毎年、春は全敗。
注文したのはこの4本。
・オータムカラーズ メルロー2014(赤 辛口) 1本
・オータムカラーズ セイベル2014(白 辛口) 1本
・オータムカラーズ ナイヤガラブリュット2014(白 辛口) 1本
・オータムカラーズ シャルドネ2014(白 辛口) 1本
[PR]
by izunosuke2005 | 2015-04-19 11:00 | 日本のワイン | Trackback | Comments(0)

鴻華園(三宮)

f0008686_1829487.jpg

三宮の老舗中華料理店。NHK神戸局の近く。住宅街の狭い路地側に入り口があり、初めての人にはわかりにくい。店舗は小さく、人気店なので夜は予約が必要。三宮のお気に入りのレストランの一つ。今回はランチタイム時に訪問。前回来たのが10年ぐらい前になってしまうかもしれない。最近はすっかり足が遠のいてしまった。
f0008686_18291739.jpg

土日はセットメニューがないので単品で注文。牛肉汁ビーフンと揚げ春巻き。
まず最初は揚げ春巻き。テーブルにあるスイートチリソースを小皿に入れて、浸けながらたべる。具材が豊富で噛むほどに旨味が出てくる。美味しすぎる。ビールを飲みたいところ。
f0008686_18293059.jpg

汁ビーフンは牛肉がたっぷり。スープが美味しい。河粉に似た平麺。弾力がある。
店内は家庭的で、昔の香港のよう。
f0008686_18294361.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2015-04-11 12:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)
f0008686_18422666.jpg

2011 Muscadet Sevre et Maine Cuvée Classique domaine Guy Bossard
ドメーヌ・ド・レキュ (ギィ・ボサール) / ミュスカデ ・セーヴル・エ・メーヌ・キュヴェ・クラシック

生産地:フランス・ロワール、Muscadet Sèvre et Maine ミュスカデ セーブル・エ・メーヌ
生産者:Domaine de l'Écu(Guy Bossard) ギィ・ボサール ドメーヌ・ド・レキュ
品 種:Melon de Bourgogne ミュスカデ(ムロン・ド・ブルゴーニュ) 100%
メロンの香り! 魔法にかけられたワインのよう。
すばらしい!
[PR]
by izunosuke2005 | 2015-04-10 23:30 | フランスのワイン | Trackback | Comments(0)
f0008686_1444984.jpg

フジクレール スパークリングシャルドネ
生産地:山梨県
生産者:フジッコワイナリー株式会社
品 種:シャルドネ100%

1963年創業。クラノオトシリーズや、フジクレールスパークリング濁りナイアガラハーフなどを飲んだことはあったが、それほど良い印象がなく、買う機会がなかったが、そごう神戸店のワイン専門ショップで見かけ、良さそうだったので購入。
瓶内二次発酵、単一畑栽培。山梨県のどの地区かは不明。第10回国産ワインコンクール2012で銅賞受賞。シャルドネ100%だったので、淡白なテイストを想像していたが、黒ブドウのようなニュアンスも有り、不思議なブラン・ド・ブラン。日本の甲州種以外のスパークリングでは良い出来。美味しかった。
[PR]
by izunosuke2005 | 2015-04-05 18:00 | 日本のワイン | Trackback | Comments(0)

いつもとおり

街の中の公園。
f0008686_1121999.jpg

f0008686_1123190.jpg

f0008686_1124121.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2015-04-05 16:00 | Trackback | Comments(0)
f0008686_17343863.jpg

■3月31日(火)〜4月6日(月)
■本館9階=催会場
■午前10時〜午後8時(入場は午後7時30分まで)

そごう神戸店に「ねこ歩き 岩合光昭写真展」にいってきた。明日が最終日。展示スペースは人がいっぱい。ねこ歩きファンは多いんだ。いつもはBSで映像をみているが、大判の写真パネルで見る猫も良い。

岩合さんの公式サイトには壁紙がたくさんあり、猫写真を楽しめる。
公式サイト「デジタル岩合」

また、YouTubeの公式チャンネルもある
YouTube Digital Iwago

ねこ歩き展は2013年から日本全国の百貨店で開催を続けている。岩合人気はすごいなぁ。
f0008686_17444130.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2015-04-05 13:00 | 美術館 | Trackback | Comments(0)
嘉-yoshi- スパークリング シャルドネ 750ml
生産地:山形県高畠町
生産者:高畠ワイナリー
品 種:シャルドネ100%
最初に出会ったのが2005年頃。調布パルコのワイン売り場。それからすっかりお気にい入り。
今日、京阪百貨店で特設コーナーがったので、色々試飲してから購入。コレとメルロー2012。
[PR]
by izunosuke2005 | 2015-04-03 20:00 | 日本のワイン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005