<   2014年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2014年10月再訪問
相棒の誕生月なので、今週はお気に入りのレストランめぐり。東京では、ここ、ル・マンジュ・トゥーは外すことはできない。
大江戸線牛込神楽坂駅からお店までの道は都内の住宅街のありふれた景色。でもピッツエリア、中華、イタリアンなどの美味しそうな店構えのレストランが並ぶ。牛込三中に向かって細い路地を歩いてゆくと、Le Mange-Toutの文字が目に入る。二階の客席のシルエットでここがレストランだとわかる。木の扉を開けると、谷昇シェフとご挨拶。二階に上がりコートを預け、テーブルに。前回と同じところだ。
f0008686_2256562.jpg

f0008686_2257964.jpg

食前酒はシャンパーニュ。
NV Daniel Dumont Brut Grande Reserve
ダニエル・デュモン・ブリュット・グラン・レゼルブ

生産地:フランス、シャンパーニュ
生産者:ダニエル・デュモン
品 種:シャルドネ40%、ピノ・ノアール40%、ピノ・ムニエ20%
記憶が正しければいいが、あまり聞き慣れていない名前だったのは確か。立ち上がりは黒ブドウのふくよかな香り、繊細さもあり、スタートにふさわしいシャンパーニュ。余韻のグレープフルーツのような酸味も良い。わずかにバターの香り。
f0008686_22573284.jpg

アミューズはセップ茸とフォアグラのムース。デザートのようなフォルム。ムースは層になっている。粒子は細やかで、口の中で溶けてゆく。セップ茸の香りが秋を感じさせてくれる。
f0008686_2257423.jpg

シャンパーニュがなくなったので、次はダニエル バローの白。
2012 Pouilly Fuissé Sur La Roche Daniel et Julien Barraud
2012 プイイ・フュイッセ・シュール・ラ・ロッシュ(ダニエル・エ・ジュリアン・バロー)

生産地:フランス、ブルゴーニュ、マコネ、プイィ・フュイッセ(AOC)
生産者:ダニエル バロー
品 種:シャルドネ100%
2012年から生産者名が4代目マルティーヌ・バローから5代目ジュリアン・バローに変更。ビオロジック。野生酵母、樽内発酵。区画はラ・ロッシュの上位のシュール・ラ・ロッシュで、プリミエクリュの申請中とのこと。魅力的な樽香の香りは心地よく、果実味もふくよか。濃厚な白。おいしい。
f0008686_2257552.jpg

f0008686_22581166.jpg

次はスープ。雉のコンソメ白菜のブレゼ。白菜がメインの料理。雉と聞いて独特な野性味を想像したが、繊細な香り。塩加減が絶妙で躯に溶け込んでいく感じだ。
f0008686_22582126.jpg

1品につき1グラスのペースでと思っていたが、既にグラスの中のワインは無くなり、アルザスの白をいただく。
2011 Fleur de Lotus Josmeyer
2011 フルール・ド・ロテュス ジョスメイヤー

生産地:フランス、アルザス
生産者:ジョスメイヤー
品 種:ピノ・オークセロワ60~65%、ゲヴュルツトラミネール30~35%、リースリング5%
ジョスメイヤーと日本の20周年記念ヴィンテージ。ソムリエおすすめのワイナリーで、生産者が来日して食事に来られたそうだ。「蓮の花」という名前の通りラベルに『蓮』の漢字がデザインされている。華やかな香りでアルザスらしいミネラル感の高いワイン。白菜のブレゼとよく合う。
f0008686_22583271.jpg

次の料理はホッキ貝、ホタテのアサリスープ。先週の「食彩の王国」は北海道を舞台にした「ホッキ貝」の物語だったので、ホッキ貝の姿を思い出しながらいただく。ソフトな歯ざわりで、火の入れ具合が絶妙。下にはカットされたホタテが敷き詰められている。あさりのスープと一緒に。美味しすぎる。
f0008686_22584246.jpg

次は鴨のソーセージなので、カルヴェ・テュヌヴァンの赤。
2005 Domaine Calvet - Thunevin Côtes du Roussillon Villages les Dentelles
2005 ドメーヌ カルヴェ・テュヌヴァン コート・デュ・ルーション ヴィラージュ レ・デンティーユ

生産地:フランス、ラングドック・ルーション地方
生産者:カルヴェ・テュヌヴァン
品 種:グルナッシュ50%、カリニャン50%
ジャン・リュック・テュヌヴァン氏とジャン・ロジェール・カルヴェ氏が2001年に創設したワイナリー。繊細な赤。
f0008686_22585790.jpg

鴨のソーセージと赤水菜、セルバチコ。ソーセージにすることで鴨肉は濃厚になり、美味しさが凝縮されている。少し口にふくむだけで、美味しさが広がってくる。赤水菜、セルバチコで味をリセットする。
f0008686_2259661.jpg

次は魚料理なのでブルゴーニュの白に戻る。
2012 Domaine Jean Marc Vincent, Santenay Le Beaurepaire, 1er Cru
2012 ドメーヌ・ジャン・マーク・ヴァンサン サントネー ル・ボールペール プルミエ・クリュ

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方サントネイ村
生産者:ドメーヌ ジャン・マーク・ヴァンサン
品 種:シャルドネ100%
これも濃厚な白。複雑な味わい。
f0008686_22591771.jpg

料理はヒラメと乾燥焼きした黒キャベツ。黒キャベツを崩しながら、ヒラメをソースにからませていただく。美味しい。しっとりとした身。
f0008686_22592550.jpg

最後はエゾジカということでふたたび赤に戻る。
2010 Domaine Saint Amant Beaumes-de-Venise Grangeneuve
2010 ドメーヌ・サンタマン ボーム・ド・ヴィーズ・グランジュヌ

生産地:フランス、コート・デュ・ローヌ地方
生産者:ドメーヌ・サンタ・マン
品 種:グルナッシュ、シラー、カリニャン
これもグルナッシュ主体。重厚で繊細。
f0008686_22593580.jpg

エゾジカとトレビス。なんて決めが細かな肉質なんだろう。全て無駄なものを削ぎ落したかのような、無垢の木のようだ。ナイフを入れるとバターのようにすっと切れる。トレビスの苦味がよりエゾジカの美味しさを引き立てる。
f0008686_22594476.jpg

最後はデザート三種。レモンのムースとラフランス。酸味で口の中がさっぱりとする。これから続くデザートの前菜。
f0008686_22595653.jpg

次はチョコレートケーキ。濃厚。アイスクリームで甘さがかわる。
定番の焼き菓子はエスプレッソと一緒に。美味しかった。
f0008686_230942.jpg


オーナーシェフの谷昇さん。ストイックな料理に向う姿に身が引き締まる思いだ。会計を済ませ、お店から出るときに厨房で一緒に写真を撮っていただいた。楽しいひと時を演出してくれる。
このインタービューでもシェフの思いが伝わってくる



[PR]
by izunosuke2005 | 2014-10-30 19:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

フェア・ドマ(広尾)

秋づくしの前菜。秋刀魚のテリーヌ、キノコのマリネ、レバームース、鱈。シチリアのスプマンテと。
f0008686_8502421.jpg

定番のジェノベーゼ。進化し続けている。なめらかさ、鮮やかなグリーン。
f0008686_8503318.jpg

鱈と牡蠣のニョッキ。小麦粉のお美味しさ。鱈と牡蠣のプリプリと食感とよく合う。
f0008686_8504151.jpg

ハラミステーキよ自家製サルシッチャ。保存食って本当に美味しさが倍増する。サルシッチャにナイフを入れるとプキプキと弾ける。美味しさがこの時点から伝わってくる。巨大なハラミステーキ。食べきれるか心配したが、赤身肉の美味しさでドンドン胃に収まってゆく。あっという間に食べきってしまった。
f0008686_8505281.jpg

こちらにはシチリアの赤、Duca di Castelmonte Dinari del Duca Syrahと合わせる。
f0008686_85122.jpg

お肉も魚も十分堪能。最後はデザートとグラッパ。美味しかった。
f0008686_8511475.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2014-10-26 19:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
2014年10月再訪問
お昼のおかず用にちびからコロを注文。注文してから揚げるので少し待つ。消費税率変更で10円値上げで¥320に。熱々で美味しかった。
チラシがありとってみると、期間限定のカレーメニューがある。「コラーゲンスープ・から揚げ&チーズin」と美味しそうなメニューの紹介。
・カレーdeごはん … ¥590
・ヒレかつカレー … ¥790
f0008686_1525570.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2014-10-25 12:00 | 東京暮らし | Trackback | Comments(0)
2014年10月初訪問
僅かなイートインスペースがあるタイ料理専門店。屋台も経営しているようで、ここでは屋台販売風。その場で料理を弁当に詰めていくので、二種森など組み合わせも自由に。グリーンカレーが美味しそうだったので注文。
f0008686_15264215.jpg

グリーンカレーの具財は茄子。バイマックルが入って本格的な味。ココナッツミルクでマイルドなカレーで辛さは感じないが、しばらくすると辛さがジワリジワリ高まり、汗が噴き出してくる。美味しい。暑い。ご飯はインディカ米。これがグリーンカレーとよく合う。パクチーと一緒に。ボリュームも有りお腹いっぱい。
[PR]
by izunosuke2005 | 2014-10-24 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
2014年10月再訪問 ランチ利用
きのこつけ汁。せいろ2枚。甘辛いつけ汁にきのこがいっぱい。底にはお餅。これがつけ汁とよく合う。
そばにたっぷりと付けていただく。ツルッとした食感、香り、味共に口の中でどっと押し寄せる。おいしい。
月替りはメニューは毎回色々と楽しませてくれる。
f0008686_15281877.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2014-10-23 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

西口やきとん(浅草橋)

2014年10月再訪問
今日も立ち飲みフロアは満員。名物のフランスパン。直火でトーストされたフランスパンは焼きたてのような美味しさ。デミグラグラタンとよく合う。この瞬間は焼きとんでなくなる。ワインはないので、どぶろくで。どぶろくは微発泡性。癖は無いので飲みやすく危険。前回の宿題の半焼きのレバー。これは食感、香り、味共に良い。絶品。串を何本か頼み、最後は豚キムチでちびちびと酒を楽しんでいった。
f0008686_15302092.jpg

f0008686_15302942.jpg

f0008686_15303721.jpg

f0008686_15304424.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2014-10-21 21:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
10/13のTBSラジオ「たまむすび」のオープニングトークで、先週休暇中だった赤江珠緒さんの北海道旅行のお話があった。NIKKA WHISKY余市蒸留所のシングルモルト・ウィスキーを相方のカンニング竹山さんにお土産で買ってきて、飲み方を熱心に語っていた。

「ウィスキーはなかなか敷居が高い。お酒に強い人じゃないと飲めないお酒と思われがちなんですけど、実はそうじゃないと。お酒が強くなくても本当は飲めるお酒で、ただ、飲み方をあんまり教わっていないので、ビールや日本酒のように、グイグイ飲むは間違えだそうです。
まず(グラスに)入れていただきまして、色を楽しむ。琥珀色。最初は無色透明から、杢目から出た色になっている。香りを楽しむ。ゆっくり吸い込むような感じで、ゆっくり香りを楽しんでいただいて、いよいよ飲むわけなんですけど、ほんの少量口に含みます。ちょっと唇にそっと液体を付ける感じでふくみます。一気に飲み込まない。舌の上に乗せるという感じ。液体を乗せるという感じで、そして飲んでいただきまして、そのあと直ぐに次一杯と行かない。余韻を楽しむ。鼻呼吸をしてみる。いいですか。鼻呼吸で変化を楽しむ。そして、実はですね、次の一口の前に、『チェイサー』、『追っかけ水』、これを飲んでいただく。できれば追っかけ水が口の中で混ざってもいいそうです。口の中で水割りにするというのもいい飲み方だそうです。そうして次に飲んでいく。一杯あたり、20分から30分かけてゆっくりと味わのがウィスキーである。」


仙台宮城峡醸造所では水割りの作り方を教わったけど、ウィスキー原酒はストレートで飲んでみたかったので良いお話を聞くことができた。

自分用のおみやげとして買っていたのが「Nikka Single Cask Malt Whisky 15 Years Old 仙台宮城峡醸造所限定」通信販売していない、醸造所のみ販売しているウィスキー原酒。アルコール度60%。市販のウィスキーが40%から45%なのでアルコール度数はかなり高い。早速ショットグラスに少し注ぎ、チェイサーと一緒にいいただく。
バニラ香、アルコール60%だが、高さを感じない香り。美味しいウィスキーの味わい。ナッツの香り。一瞬舌先が痺れる感じ。上品で、優しい気分になる、余韻が長い。チェイサーと交互に飲む。

f0008686_9452216.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2014-10-18 21:00 | Trackback | Comments(0)

千葉屋 (浅草)

秋も深まり、大学いもの季節がやってきた。「弥生」で食事し、千葉屋が近いことを思い出して、お店に向かう。いつもなら観光客で行列ができている時間だが、お客さんはいなかった。最初は切り揚げにしようかと思ったら、トレイの中が空っぽだったので、大学いもに。値段は400gだが、お願いすれば少ない量でも注文できる。でも、しっかり食べたかったので400gに。ずっしりと重い。
f0008686_23132190.jpg

f0008686_23133698.jpg


・男気スイーツ 大学いもの巻



[PR]
by izunosuke2005 | 2014-10-18 13:00 | スイーツ・パン | Trackback | Comments(0)

弥生(浅草)

f0008686_23155498.jpg

国際通りと言問通りの交差点にある、小料理屋風のとんかつ専門店。テレビで紹介されて、いつもお客さんがいっぱい。しばらく足を向けることがなかったが、近くに来た時に覗いてみると、座れそうだったので暖簾をくぐった。
セットメニューは豊富。千円前後でお安い価格。ロースカツとエビフライのセットを注文。最初にお新香と豆腐が運ばれる。しばらくしてから、カツとご飯、味噌汁。テーブルにはとんかつソースと醤油、一味、辛子。とんかつは色白。低温で揚げているのかなぁ?パン粉の目は細かく、肉の美味しさがストレートに伝わる。ボリューム感はなくなるが、生パン粉でゴリゴリした衣だと、肉より衣の食感が勝り、味も衣に気がいってしまう。美味しい。好みのとんかつ。
f0008686_2316653.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2014-10-18 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
朝食用のパンはペリカンでなく、HARU*BOUZで購入することが増えてきた。ちょうど食パンが焼きあがった時刻にお店に向かう。惣菜パンのコーナーを眺めると、玉ねぎをそのままフライにしたハンバーガーが。美味しそうだったので購入。カリッと揚がったフライの中は甘い玉ねぎのみ。オニオンフライ。パンもフライトよく合う軽い味わい。美味しかった。
f0008686_23182022.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2014-10-17 17:00 | スイーツ・パン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005