<   2014年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

巴裡 小川軒 新橋店

新橋駅ビルの1階。昭和の雰囲気が漂うビルの食堂街に、小川軒がある。手土産で有名なレーズンウィッチ。レーズンそのものは好んで食べないが、一度は試したくて購入。
f0008686_20414911.jpg

5個入りと10個入りがあるが、5個入りが売れ切れだったので、10個入りを購入。自宅で二人で食べるのは多すぎたかなぁ。生菓子に近く、パリっとしたクッキー生地とクリーム、そして洋酒に漬け込んだレーズンとの組み合わせがすばらしい。1個で十分な満足感。紅茶との組み合わせがよさそう。
[PR]
by izunosuke2005 | 2014-01-31 15:00 | スイーツ・パン | Trackback | Comments(0)
カーブドッチ スパークリングワイン ブラン・ド・ブラン
生産地:新潟市西蒲区角田浜
生産者:株式会社 欧州ぶどう栽培研究所
品 種:シャルドネ100%

日本橋高島屋で購入。ワイナリーでの直販はアマゾンを利用しているようだ。
このワイナリーの創設者は落希一郎さん。国立シュトゥットガルト大学に留学し、ワイン栽培醸造士の資格をとる。「おたるワイン」で10年間経験後、独立しカーブドッチを立ち上げる。最初はドイツの品種を扱うが、土地にあわずフランス品種に切り替える。多角経営でレストラン、結婚式なども手がける。
数年前に落希一郎さんはワイナリーを離れ、北海道で新しいワイナリーを準備中らしい。現在のワイナリーの代表者はパートナーの掛川千恵子さん。
f0008686_2101086.jpg

今回購入したスパークリングはシャンパーニュと同じ瓶内二次発酵。香りが心地よく果実味も十分ある。値段は四千円弱なので、価格帯的に海外と競争するのは厳しいかもしれないが、機山ワインのスパークリングについでおいしい日本産スパークリング。
[PR]
by izunosuke2005 | 2014-01-30 20:00 | 日本のワイン | Trackback | Comments(1)

柳屋 〜たいやき

早く会社を出て人形町に。寒い季節は鯛焼きがよく合う。
以前のような腰が引けるほどの行列はなく、20分程度並んで買えた。
f0008686_2125627.jpg

パリパリのかわとしっかりとした餡は変わらぬ美味しさ。
f0008686_213440.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2014-01-29 15:00 | スイーツ・パン | Trackback | Comments(0)
ルシネマの映画の時間待ちで東急百貨店の本屋でぶらぶらしていたら、喉が乾いた。珈琲の気分ではなかったので、地下の食料品売り場でジューススタンドを探す。イートインは少ない。奥待ったところに4席程度のジューススタンドを見つける。細胞を潰さずゆっくりと抽出したジュース。ねっとりとした食感。頼んだのは紫野菜ジュース。苦味はなく優しい味。椅子に座っていただけるのが嬉しい。冷えすぎてもいないのでお腹にも優しい。
f0008686_2192371.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2014-01-26 18:00 | スイーツ・パン | Trackback | Comments(0)


渋谷Bunkamuraル・シネマで鑑賞。
『恋人までの距離』(1995年)及び『ビフォア・サンセット』(2004年)の続編。同じ俳優、同じテーマで20年近く映画を撮り続けるなんて驚きだ。観ている側も同じように成長し、『恋人までの距離』の頃の甘い恋愛から、結婚、そして恥じらいもなくなり、ありのままをぶつける。自分たちの恋愛観の経年変化に合わせて、変わっていく映画のようだ。
f0008686_20125741.jpg

2作目の『ビフォア・サンセット』は二人の再会から、お互いの会話でのシーンが永遠と続き、まるで自分がその場に居合わせている錯覚を覚えるほどであったが、今回は様々な人が登場してきたので、ちょっと頭のなかで整理つかなかった。
f0008686_20131371.png

セリーヌはおっぱいを見せながら口喧嘩するシーンは、あまりにも現実的すぎてひいてしまった。無駄に脱ぎすぎると批判が出るほどだった。前作のギターで淡い気持ちを歌う姿とはぜんぜん違う。でも、それを含めての二人の関係で、かわいい双子の女の子をあやすすがたは微笑ましい。後半はおきまりで二人だけの会話が延々と続く。最後は仲直りするだろうと思っていたが、ハラハラさせる展開だった。
f0008686_20133362.jpg


映画館は年配と若いカップル入り混じっている。満席。
f0008686_20145276.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2014-01-26 16:00 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)
あげ春巻きの汁なしフォーとバインセオを注文
ホールの係りは以前いたベトナム語が話せる若い店員からおじさんに変わっていた。料理が出てくるのに時間はかかるのは経験済みだが、オーダー順にテーブルに運ばれるという感じではない。相棒が頼んだ料理は出てこず、確認したらやっと出てきた。厨房に注文を告げる声は聞こえたのに。
・Bún chả giò(春巻きをのせた米麺たれ付)
f0008686_2163955.jpg

・Banh Xeo (えび・豚肉・生野菜入りクレープ)
f0008686_21717100.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2014-01-26 13:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
2014年01月再訪問
f0008686_2313482.jpg

1月限定会席コースを注文。1月の旬の魚介類の会席料理。
・先付け 新唐墨西京漬の飯蒸し 銀餡かけ
上品なからすみ。温かな御飯と一緒にいいただくと、旨味とともに甘みを感じる。
最初はエビスビール。
f0008686_2325987.jpg

・前菜 睦月の前菜盛り合わせ
あん肝、ナマコ、くるみ、フォアグラ、クリームチーズ、かずのこ、トマト。
酢の物、味噌漬けなど様々な調理法で美味しさが増している。これだけで十分日本酒が何杯も飲める。
f0008686_2331857.jpg

一杯目は「澤姫・生酛純米(ぬる燗)」。濃厚な日本酒。褐色。
f0008686_2332860.jpg

・お椀 広島県産大粒牡蠣葛打ち 玉子豆腐 梅人参 梅大根 芽蕪 黄柚子         
微かに火が入った大粒の牡蠣。牡蠣の風味がお椀いっぱいに広がる。おいしい。
f0008686_233466.jpg

二杯目は「賀儀屋7・純米無濾過原酒」。7号酵母使用。また違う風味。
f0008686_2335758.jpg

・お造り 旬の鮮魚三種盛り合わせ
まぐろ、(もんごう?)いか、あいなめ(?)
上品なおさしみ。薬味は山葵のみ。シンプル故にお刺身本来の味が伝わる。
f0008686_2355122.jpg

・焼き物 寒鰆の西京焼 あしらい 
季節の魚が続く。さわらの焼物。驚きの美味しさ。ひとくちだけで口いっぱいに旨味が広がる。
日本酒と一緒にいいただくと愛嬌の美味しさ。
f0008686_2374614.jpg

三杯目は「片野桜・山廃純米無濾過原酒」。余韻が長い。
f0008686_238181.jpg

・鍋物 天然ブリの山葵おろし小鍋仕立て 白菜 豆腐 〆地 葱 水菜 ポン酢
山葵を鍋の中に溶かしこむ。鍋の大根おろしと不思議な味の組み合わせ。優しい風味のポン酢。
ブリもおいしい。
f0008686_2382164.jpg

四杯目は「黒龍・吟醸」。とても華やかな吟醸。ワインに近い。
・食事 蟹味噌 公魚の佃煮 自家製塩辛 白飯 赤出汁 香の物
御飯のお供のカニ味噌、イカの塩辛はお酒にも合う。
f0008686_239248.jpg

たまらず、五杯目「秀鳳・純米大吟醸」を注文。
う、うまい。 
f0008686_2391258.jpg

・水菓子 おまかせ
栗羊羹といとご。さっぱりとし、シメに調度良かった
f0008686_2392365.jpg

ごちそうさま。
[PR]
by izunosuke2005 | 2014-01-25 19:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
2014年1月再訪問
久しぶりのレモンパイ。赤札堂田原町店での買い物が減り、すっかり足が遠くなっていた。
レモンパイは1/6カットと1/4カットの二種類がある。たっぷりレモンパイを堪能したい時もあるので、うれしい品揃え。
心地よい酸味と優しい甘みはいつもの美味しさ。
f0008686_6571950.jpg

f0008686_725553.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2014-01-25 15:00 | スイーツ・パン | Trackback | Comments(0)

嘉一(大門)〜嘉一御前

2014年1月再訪問
ランチ利用。今日は豪華に「嘉一御前」を注文。値段的には穴子天の三色もりの方が高いが、刺し身、天ぷらがついてくるので見た目にも美しい。
最初にランチ用のお膳が運ばれる。そこに切干大根の小鉢、刺し身の盛り合わせ、御飯。刺し身は、帆立貝柱、ぶり腹身、ぶり背身、さわら。とても新鮮で旨味もたっぷり。海藻と一緒に。これだけでも十分満足できる。切り干し大根も程よい甘み。
f0008686_755652.jpg

しばらくすると天ぷら盛り合わせ。えび、しいたけ、なす。たっぷり大根おろしを出汁に。いつもの美味しさ。
f0008686_76586.jpg

最後に盛りそば。この時点でおなかがいっぱいになってきている。冷たすぎず、お腹に優しく収まる。
ごちそうさま。
f0008686_761710.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2014-01-24 11:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)
NHK-BSでの録画を鑑賞。昨年渋谷で上映していたが見に行くことができなかったのでよかった。

この映画では料理研究家の辰巳芳子さん料理の素晴らしだけではなく、食品の生産者への思いにも及んでいる。生産者は美味しいものを造るために一生懸命で、それを大切に取り扱っている。
f0008686_048310.jpg

どうすれば美味しくできるのかがよく考えられていて、レシピを見ると本当に手がかかった料理法だ。美味しそうなスープが画面に広がるが、はたしてどうなのだろうか?
スープは好んで飲むことは少なく、未知の世界だ。
f0008686_0474891.jpg

f0008686_12214745.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2014-01-21 19:00 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005