<   2013年 12月 ( 44 )   > この月の画像一覧



黒島結菜さん。 沖縄県出身。
f0008686_7462187.jpg

f0008686_746332.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-25 01:30 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

海山(大門・浜松町)

2013年12月再訪問
久しぶりにランチで利用。以前伺った時は魚料理が美味しかった記憶。今回は季節の牡蠣フライに挑戦。
まずはランチの副菜のセットが並ぶ。切り干し大根とポテトサラダ。切り干し大根はくったりとしているが、それはそれで美味しい。ポテトサラダはキャベツ入り。めずらしい。
f0008686_21353596.jpg

しばらくすると牡蠣フライ登場。割烹の牡蠣フライというより、とんかつ屋風の牡蠣フライ。高温で揚げたためかちょっと衣が固め。牡蠣フライは店の特徴が良く出てくる。個人的には揚げは浅めが好み。
ソースはタルタルソースではなく、とんかつソース。
f0008686_2135474.jpg


食べログ 海山(大門・浜松町)
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-24 11:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)
2012 Pouilly-Fume domaine Eric Louis
2012 プイィ・フュメ(エリック・ルイ)
生産地:フランス、ロワール川流域プイィ・フュメAOC
生産者:エリック・ルイ
品 種:ソーヴィニヨン・ブラン100%
リブゴーシュさんのコメント
「ビオディナミ(無農薬有機栽培)を実践している小規模生産者。柑橘系のアロマが心地よく。濃厚な果実味がリッチな味わいを生み出しています。爽やかさとまろやかさが共有した楽しいロワールの白です」
f0008686_1215720.jpg


なんて心地よい白なのだろうか。ボルゴーニュタイプのワイングラスでいただくと、すべての感覚器で美味しさを感じ取れる。手頃な値段でこのパフォーマンスに驚く。ゆったりと楽しむ白。またいただきたい。
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-22 20:00 | フランスのワイン | Trackback | Comments(0)

極上のカヴァ

一足早く自宅でクリスマスディナー。メインで選んだワインは2004 Mata Casanovas Cava Recaredo brut de brut。以前は2003を頂いて、あまりの美味しさにびっくりしたが、今回はビックヴィンテージの2004。シャンパーニュを超える美味しさ。ここちよい酸味。長い余韻。レカレドを取り扱っていたインポータが廃業したそうで、しばらくは日本には入ってこないかもしれないそうです。早く取り扱ってほしいなぁ。ワインショップで見かけたら買いですね。
f0008686_2356032.jpg

2004 Mata Casanovas Cava Recaredo brut de brut
2004 ブルット・デ・ブルット(レカレド)
生産地:スペイン、カタルーニャ州アルト・ペネデス地区DOカヴァ
生産者:レカレド・マサ・カサノヴァ社
品 種:マカベオ67%、チャレロ33%
<リブゴーシュさんのコメント>
1924年設立の家族経営のワイナリー。カヴァ最上位の生産者。有機栽培を実践し、収穫はすべて手づみ。ルアージュ(動瓶)もすべて手作業・最低78ヶ月以上の瓶内熟成を経て出荷。繊細な泡立ち。凝縮した果実味が力強さとなって迫ってきます。そして繊細な柑橘系の余韻とともにフィニッシュを迎えます。本場シャンパーニュを超える一本です。
f0008686_23561584.jpg


Youtubeにはワイナリーの動画がアップロードされている

・ヤギを利用した有機栽培の様子


・試飲

[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-21 19:00 | スペインのワイン | Trackback | Comments(0)
2013年12月再訪問(ランチ)
3ヶ月ぶりのKirin。やはり食べたくなるの、ホンコン焼きそばかビーフシチュー焼きそば。悩んだ結果、ビーフシチュー焼きそばに。店内はいつものとおり満席。こころなしか大きめの方が多い。自分もそうだが。通常サイズでも量が多いいが、大盛りを注文する人は少なくない。地元のお客さんが中心で、食べながら、次の週末の夜の予約もしている。
f0008686_1417023.jpg

ビーフシチューと言っても、ハインツのデミグラスソースのようなものではなく、広東料理の「紅焼牛腩(ホン・シャオ・ニュウ・ナン)」。牛バラ・牛すじ肉を煮込んだものに、小松菜、白菜などと合わせている。中華スープ、オイスターソースなどで味つけ。八角の香りも感じる。中華麺はカリカリに焼かれて、パリパリとした食感。紅焼牛腩と絡めていただく。ときどき酢をかけると、味がかわり、酸味と甘味を強く感じるようになる。何度食べても美味しい。かなり長い間通っているが、安定した味だ。

食べログ 中国料理 Kirin(神戸・深江) 
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-21 12:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

茉莉花仙桃

茉莉花仙桃。ジャスミンの花を編み込み、桃のフォルムに仕上げた花茶。
見た目にも美しく、香りも心地よい。
f0008686_1105245.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-21 11:01 | Trackback | Comments(0)
2013年12月再訪問
コーヒー豆は気にいいた美味しいものに出会ったとしても、近所で買いやすいことが重要だ。通勤の途中にあると便利だが、休みの日に買いに行くのが面倒くさくなってしまう。元町の「グリーンズ・コーヒー・ロースター」や芦屋の「トレファツィオーネリオ」のコーヒー豆も好きだが、近くによったついでの時にしか買いにいけない。自宅近くの成瀬珈琲豆店は徒歩数分という便利さと、もちろん美味しいコーヒー豆で、ここ数年は通い続けている。
定番はシーソーブレンド。それと時々いろいろな種類の豆を試している。今回はキャラメラード(サンタカタリーナ農園)。キャラメルや蜂蜜のような甘みと香りが特徴。100gづつフレンチプレス用でパッケージしてもらう。
f0008686_1542190.jpg

仮庵の蔵前では「ベースキャンプ」、以前住んでいた調布市布田では「飛行島」。どこの街にも珈琲の美味しいところがある。

食べログ 成瀬珈琲豆店(神戸・甲南山手)
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-21 11:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

kengo 「つぼみの頃」

フリーライブ中心に活躍されているソロシンガー。彼の歌声は心に響きます。
アマチュアの方のカバーをきっかけに知り、自主制作のCDを入手し、すっかりファンに。

・きっかけになったカバー 「木漏れ日の午後」


・「木漏れ日の午後」


・「つぼみの頃」

[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-21 10:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
2013年12月再訪問
神戸ではお馴染みのパン屋さん。御影本店を中心に主要な駅の周辺には必ず見かける。店員さんの可愛らしいエプロン姿が有名で、学生のバイト先として人気もある。
おすすめはチョコッペ、
f0008686_13315961.jpg

ドイツパン。
f0008686_13321456.jpg

シンプルな美味しさ。時代とともに味は変わってきているが、慣れしたんだ味。チョコッペはフランスパン生地にチョコレートバターを塗ったもので、素朴な味わい。人気商品なのでいつも山積みになっている。チョコレートバターではなく、バター味の「バターっぺ」もある。どちらかが好きかで意見がわかれることも。
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-20 13:00 | スイーツ・パン | Trackback | Comments(0)
2013年12月再訪問 ランチ利用
今シーズン初めてのカキフライ。今年から牡蠣3貫とハンバーグのセットが登場。うれしいサービス。これでご飯をオムライスにチェンジすれば、洋食のフルコースだ。でもこれは食べ過ぎなので、今回はセットのみで。
f0008686_10282297.jpg

カキフライの牡蠣は広島宮島産。毎年11月末頃からメニューにのるが、入荷次第なので、要確認。特大サイズだけを厳選しているそうだ。細かなパン粉を薄くまぶしているので、見た目はそれほど大きくは感じないかもしれないが、とんかつ系のカキフライの衣の厚さを考えると大きめの牡蠣だ。ハンバーグには半熟卵。わると黄身が溶け出してくる。食欲をそそる。牡蠣、ハンバーグと交互に食べていく。美味しすぎる。食後のコーヒーも香りがよく、レベルが高い。

食べログ 洋食屋中村(神戸・深江) 
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-20 11:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005