<   2013年 12月 ( 44 )   > この月の画像一覧

2013年12月再訪問
スタンダードなコロッケとハンバーグのランチを注文。スープはじゃがいもではなくコーンに。スープが美味しいから最初からビールが進む。おなじ液体同士だが、これがよく合う。
f0008686_10571987.jpg

ビールはダルマイヤーバイエルン・ウルチップ。ダークラガービール。開栓すると、ここちよい音が鳴る。ビールを飲むぞっという気分になる。コクが有り、モルトの香ばしい香り、深みのある味がする。甘みも感じる。おいしい。ダルマイヤー(日本のHP)はミュンヘンの有名な食品メーカー。主要な百貨店が取り扱っており、肉加工品、コーヒー、紅茶が販売されている。日本には、ビールやワインはあまり入っていないようだ。大阪中の島の新ダイビルにダルマイヤーのフラッグシップカフェ「ダルマイヤー ショップ」が出来たので、ぜひ行ってみたい。
f0008686_10573527.jpg

ドイツパンの盛り合わせ。
f0008686_10583897.jpg

コロッケとハンバーグのランチを久しぶりにいいただいた。やっぱりおいしい。付け合せのポテトサラダ、ザワークラウトとよくあう。
f0008686_10575430.jpg


食べログ エルナ・アドリアーン(甲南山手)
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-30 13:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)
帰省土産に「ウイスキー&ラム」を羽田空港のピエール マルコリーニで購入。ウイスキー(山崎・オーバン・アベラワー・アードベッグ)とラム(トロワリビエール・シャマレル)を使ったチョコレート。旨い。スパークリングワインとよく合う。ちょっと高いが、値段だけの価値はある。
f0008686_2322146.jpg

それとお店に置いてあったカカオティーを購入。中身は紅茶の葉ではなく、カカオ豆のピール。お湯を注ぐとチョコレートドリンクの香り。お砂糖や、ミルクを足すことで、旨さが増す。
f0008686_23221187.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-29 21:00 | スイーツ・パン | Trackback | Comments(0)
NV Mansfield & Marsh Methode Traditionnelle
モートン・エステート マンスフィールド&マルシュ メソッド・トラディショネル
生産地:ニュージーランド、ホークス・ベイ
生産者:モートン・エステート
品 種:ピノ・ノワール49%/シャルドネ48%/ピノ・ムニエ3%
購入先:ヴァンダンジュ(甲南山手駅)
f0008686_23184157.jpg

セルバ甲南山手の地下にあった酒屋さん。森市場の商店がサティに移り、震災後徐々に商店も変わり、いくつかの店舗は、新たな店舗を近所にうつしていった。ヴァンダンジュさんもそのうちの一つ。日本酒の品揃えで有名であるが、ワインも面白い銘柄が並ぶ。マグナムボトルが並んでいるところが店主のワイン好きを伺うことができる。
ニュージーランドのスパークリングは初めてかな。ステンレス発酵のあとで、瓶詰めし二次発酵させるシャンパーニュ製法。果実味もしっかりとしたある程度重めのスパークリング。二千円ちょっとの値段からして、普段飲みに最適だ。
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-29 19:00 | オセアニアのワイン | Trackback | Comments(0)
新開地パルシネマで鑑賞。テーマは「人、酒、音楽そして…」
二本立てを安い料金で上映してくれる大切な映画館。
f0008686_2339239.jpg

f0008686_23393698.jpg


「最後のマイウェイ」('12 仏)
☆ようやくレコード発売に漕ぎつけ、浮き沈みの激しい世界でスターに。そして名曲が!



あまり期待はしていなかったが、どんどん引きまれていた映画。すべてを管理したがる父親で嫌な思いをしていたらが、自分が大人になるに連れて、その支配欲は父親ソックリとなっていゆく。スマートに生きていゆことの出来ない主人公に、周りは振り回されてゆくが、その後ろにある寂しさや、優しさに惹かれてゆく。

「天使の分け前」 ('12 英=仏=伊=ベルギー)
☆保護観察中の若者がウイスキーのテイスティングにはまってある儲け話を思いつき…。



ふとしたきっかけでウィスキーの世界にのめり込む。いままで暴力と恐怖の中で生きてきた主人公に、ウィスキーの世界が広がってゆことに、ちょおと無理な感じを覚えたが。オークションでアメリカの富豪とロシアの富豪が競り合うシーンやその後の振る舞いには、監督の富豪に対する風刺が効いていて面白い。映画を見終わったあと、ウィスキーを試したくなったのは僕だけではなないだろう。

映画館をでて商店街、ボートピアを抜けてJR神戸駅に。
100円ラーメン店はなくなり、変わったところはあるが、基本的には昔のまま風景。
f0008686_23413366.jpg

f0008686_23414110.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-29 12:20 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)

un peu de(甲南山手)

2013年12月再訪問
昨日はプリンを購入。ここ数年はやりの滑らかプリンタイプ。バニラの香りたっぷり。
今日は映画のランチ用にピタパンと
f0008686_21425858.jpg

カンパーニュサンドを購入。
f0008686_2143874.jpg

ボリュームがあり、食べ応え十分。ランチにピッタリ。おいしい。

食べログ un peu de(甲南山手)
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-29 11:00 | スイーツ・パン | Trackback | Comments(0)
銅鑼灣で有名な牛乳プリンのお店10年前に行った時にお店で、器とレンゲを購入。
いまでは、デザート用の器で重宝している。
f0008686_21105874.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-29 07:00 | Trackback | Comments(0)
2013年12月再訪問
店内に入り、食券制になっていることに気が付かなかった。席につこうとすると食券を買うように告げられ。初めて食券機があることに気がつく。周りを見渡すと、張り紙だらけで、食券を買うことを促している。自分みたいなお客が多いのだろう。席につくと、お水のポットにも容器の使い方が書かれている。寡黙な店主かと思うと常連おお客さんとは親しげ。不思議な雰囲気のお店。でも美味しくとんかつを提供することに神経を集中させており、とんかつが好きな気持は伝わってくる。
f0008686_21464934.jpg

棒ヒレカツカレーを注文。巨大な棒カツだ。一般的なカツカレーの二倍の量だろう。絶妙な火のとおり具合でヒレカツの旨味がたっぷり。噛みしめるほどに旨味が広がる。こんな美味しいヒレカツは久しぶりだ。
店主の性格に合う合わないがあるかもしれないが、美味しさは確かだ。

食べログ 丸山吉平(新御徒町)
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-28 13:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
2013年12月再訪問
今年最後の職場ランチはシェ・ノブで。ホームページでは最終日のランチメニューは当日発表とのこと。お店に向かうと、メニューは「ビフカツ丼」。美味しそうだ。迷わずお店に。洋食屋の丼とは面白い。チーズドレッシングが丼の中の具材をまとめる。おいしい。年末最後のランチに相応しい逸品。ごちそうさまでした。
f0008686_21295133.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-27 11:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)
2013年12月再訪問
特上ロースを注文しようと思ったが、すでに完売残念。年末なので、売り切れが早かったようだ。
前回と同様上ロースに。いつもの美味しさ。
(備忘録)土曜日ランチは最近やっていないので注意。
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-26 13:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
マスコミで何度も紹介される新橋のナポリタンのお店。近くによったので、挑戦してみることに。
f0008686_2021394.jpg

店内のほとんどがナポリタンを注文。ボリュームたっぷりなので、女性客は苦戦している。
ナポリタンはゆでたあとで、大きな中華鍋で炒めていく。ナポリタンお美味しさは、ケチャップソースの焦げたところ。ここのナポリタンはケチャップソースで絡ませている感じ。水気はもう少し抑えめが好み。大盛りもできるようなので、お腹いっぱいになりたい人は、ハンバーグとのセットで大盛りにすると満腹度は大きい。
f0008686_2021233.jpg

他の店のナポリタンを色々と試してみたい。
f0008686_20215433.jpg


他ベログ  カフェテラス ポンヌフ(新橋)
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-25 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005