<   2013年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Cremant d'Alsace Blanc de Noir Zero Sulfites ajoutes 2010 Pierre Frick

Cremant d'Alsace Blanc de Noir Zero Sulfites ajoutes 2010 Pierre Frick
2010 クレマン・ダルザス(ピエール・フリック)

生産地:フランス、アルザス地方クレマン・ダルザスAOC
生産者:ピエール・フリック
品 種:ピノ・ブラン60%、リースリング40%

クレマンの名の由来は"泡が半分取り除かれたシャンパーニュ、つまり泡が優しい(より品質の高い)シャンパーニュ。ボルドー、ブルゴーニュ、アルザス、ロワール、ディ、リムー、ジュラの7地方で造られます。ピエール・フリックのクレマン・ダルザスはオレンジがかった色合いで、見るからに濃厚そう。熟成の進んだシャンパーニュを思わせる味わい。衝撃を受ける。最初の泡立ちは元気だが、すぐ細かい繊細な気泡にかわる。ラシーヌさんらしいセレクト。

リブゴーシュさんのコメント
フリック氏はアルザス地方のファッフェンハイム村で1970年よりビオロジック(有機農法)、1981年よりビオデナミ(無農薬有機農法)を始めました。アルザスにおける有機農法の先駆者です。酸化防止剤を全く使わずに醸造・瓶詰めされたクレマン。泡立ちは少し弱めですが、清々しいアルザスの息吹を感じる一本。

f0008686_22175552.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2013-02-28 21:00 | フランスのワイン | Trackback | Comments(0)

浅草今半「牛肉弁当」

上野駅から新幹線、特急で移動する際にいただく弁当選びで重宝しています。
上野駅のあちこちに、お弁当屋さんがあり、弁当選びでつい悩んでしまう。惣菜屋さん、温かい弁当、パン、専門店があり、浅草今半も専門店を出している。意外と便利なのがスーパーマーケットのザ・ガーデン。弁当は入り口にいろいろな種類が揃えられている。基本的には冷たいままだが、特売のイベントがあり、掘り出し物も。他の弁当屋と違うのが、アルコール、スイーツがスーパーなので豊富なことと、ザ・ガーデンの素敵な品揃えで、つい色々と買い込んでしまう。今回購入したのは、浅草今半の牛肉弁当。専門店では、すき焼き風の牛肉弁当があるが、一番シンプルな弁当。肉は固くなく、美味しかった。デザートにワッフルを購入。
f0008686_957541.jpg


常磐神社
f0008686_9575261.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2013-02-24 11:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

ル・マンジュ・トゥー(神楽坂)

2013年02月初訪問
「NHKきょうの料理」で「ル・マンジュ・トゥー」オーナーの谷昇シェフがつくるまかない料理「真夜中のオムライス」が紹介される。いつでも身軽で頭の意識が飛ばないようにと、深夜のまかないまで、カフェオレしか口にしない。料理にストイックに向う姿を見ていると、どのような味や香りのする料理なんだろうとすごく興味を持った。放送直後は予約が取りにくいと思い、半年後の1月中旬に2月末の予約を入れる。
お店の案内地図を頼りに店に向かう。神楽坂の細い道を歩くと、レストランの客席が2階に見える建物をすぐ見つけることができた。
f0008686_9424283.jpg

扉を開くとまず最初に厨房が見える。その横を通り過ぎ階段をあがると、客席。狭い店内。階段を登ってすぐの所で上着を預ける。

まずは食前酒のメニュー。まず目についたのが、チェコビールのウルケル。フランス料理店ではまず見かけない。チェコ好きの人間にとってはうれしい品揃え。相棒はウルケル、自分はシャンパーニュ。エチケットを見せてもらったがメモを忘れる。おそらくピノ・ノワールだったような、自信なし。
f0008686_9474267.jpg

アミューズは64度の温度で造られた温泉卵。下にはリゾット。崩しながら食べ進める。リゾット、チーズ、卵が絡まり、複雑な味わいに。
f0008686_9432436.jpg

次はソテーされたホタテに、海藻と野菜のサラダ。磯の香りが心地良い。野菜も味が濃く、苦味、甘み、様々な味が絡みあう。
f0008686_943475.jpg

百合根とフォアグラ。シンプルな料理が故に夫々の食材の品質の高さが際立つ。
f0008686_94452.jpg

ワインがすすむ。
f0008686_9442361.jpg

f0008686_949365.jpg

次は魚料理で「はた」のスープ・ド・ポワソン。オリーブとの食べ合わせが不思議とよく合う。
f0008686_944534.jpg

小さなストーブのココット鍋でエゾジカとマッシュルームの煮込みが来る。エゾジカの野性味のある味わい。スープをパンにしみこませて、すべていただく。
f0008686_9452143.jpg

最後は青首かも。網で生撮りしたものらしい。お肉はレアで食感も生に近いが、臭みはなく、肉の旨味が全面に出てくる。こんな鴨肉は初めていただいた。
f0008686_945308.jpg

デザートは二皿。パイナップルの冷たいデザートと焼き菓子。
f0008686_9455530.jpg

まだ少し飲みたり気分だったので、その前にチーズの盛り合わせを追加でいただく。
f0008686_9462113.jpg

それとカルバトス。カルバトスはりんごの果実味が印象的。チーズはどれも、個性的でちょうど食べごろ。
f0008686_9465467.jpg

かなりお腹がいっぱいになり、焼き菓子は包んでいただいた。
f0008686_947740.jpg


ワインは料理ごとにグラスワインを合わせることができるので、全てグラスワインで楽しむことも可能。今回は料理に合わせて赤ワインを選んでいただいたが、ところどころ白ワインをグラスでたのむ。

料理の仕上がりはどれも完璧で驚きの連続だった。

食べログ ル・マンジュ・トゥー(神楽坂)
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-02-23 19:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

尾張屋(浅草橋)

2013年02月再訪問
ひさしぶりの尾張屋。悪魔のささやきを食べようと思ったが、土曜日用のメニューで、内容が限られていた。ちょっとお腹が空いていたので天ぷらそばに。天麩羅は塩でいただく。麺汁は濃い目で、少量つけていただく。蕎麦はいつもの美味しさ。
f0008686_9304388.jpg

f0008686_9305312.jpg


食べログ 尾張屋(浅草橋)
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-02-23 12:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ロイヤル コペンハーゲン ティー ラウンジ(新宿)

2013年02月初訪問
新宿伊勢丹で買い物の際に休憩で利用。
チョコレートケーキと
f0008686_7464778.jpg

ロイヤルミルクティーを注文。
f0008686_7465592.jpg

ケーキの皿は1991年のイヤープレート。家庭ではもっぱら置物としてしか使ったことがなかったので、本来の食器で使うのは初めて。ケーキを載せても綺麗だ。ロイヤルミルクティーは大きめのカップにサーブされる。店内の壁にはお皿が飾られ、店内はロイヤルコペンハーゲン一色。落ち着いた雰囲気。ちょっと料金は高めだが、美しい食器でいいただくのは気分が良い。

食べログ ロイヤル コペンハーゲン ティー ラウンジ(新宿)
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-02-17 18:00 | スイーツ・パン | Trackback | Comments(0)

バレー「ジゼル」(新国立劇場)

2012/2013シーズン
Giselle
【音楽】アドルフ・アダン
【振付】ジャン・コラリ/ジュール・ペロー/マリウス・プティパ
【改訂振付】コンスタンチン・セルゲーエフ

ジゼルの曲を聞くとバレーよりもフィギュアスケートの場面を思い浮かべてしまう。
f0008686_734582.jpg

幕間のシャンパーニュ。銘柄を忘れる。
f0008686_7351291.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2013-02-17 14:00 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)

稲荷町高はし(上野)

2013年02月再訪問
夜にも行ってみようと思い、天然とらふぐコースを予約。テーブル席をお願いする。
最初はエビイモの唐揚げ。ねっとりとした食感が食欲を刺激する。
f0008686_7192965.jpg

季節の五宝盛りが運ばれる。なまこはコリコリとした食感が特徴だが、やわらかな歯ざわり、不思議だ。煮こごり、タコと日本酒の進むつまみが並ぶ。
f0008686_7194893.jpg

早速熱燗をいただく。熱燗メニューがあり、いろいろな銘柄を頼むことができる。
f0008686_720377.jpg

次はふぐ刺し。一人分づつ皿に盛られる。最初は量が少なく思えたが、浅月を巻きつけ、熱燗といただくととても美味しく感じる。
f0008686_7201961.jpg

次は天然とらふぐの唐揚げ。プリプリとしたフグの身が美味しく、揚げ具合も調度良い。ランチのカキフライとは全く違い、調度良い火のとおり具合であった。ここで結構お腹がいっぱいになる。
f0008686_7203846.jpg

メインのふぐ鍋が始まる。カセットコンロに鍋が用意され、セルフで具材を茹で始める。
f0008686_721895.jpg

アラで出汁を取る。二人分だが量が多く、食べきられるかどうか心配であったが、最後は雑炊で食べきってしまった。
f0008686_7212356.jpg

最後のデザートは求肥に苺、あんことで、いちご大福のような味わい。
f0008686_7213871.jpg

シーズン初めてのふぐ料理にすっかり満足することができた。

食べログ 稲荷町高はし(上野)
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-02-16 19:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

丸山吉平(浅草橋)

2013年02月初訪問
SPF (Specific Pathogen Free)という特定の病原菌を持っていない豚を使ったトンカツを提供する店があると聞いて早速行ってみることにした。交通の便が悪い場所であるが、ランチタイムはお客さんでいっぱいで、しばらく席が空くのを待つことになった。開店したばかりで、清潔感のある店内。とんかつ屋らしからない装飾。かえって落ち着かない感じでもある。
f0008686_7131087.jpg

ヒレ肉が売れ切れということだったので、最初は標準的な上ロースカツカレーに。
f0008686_7133279.jpg

火のとおりは普通で、特にレアの印象はなかった。他のレビューにも書かれているように、火のとおり具合はちょっと安定していないかもしれない。ロース肉に脂身と赤身のバランスは良く、肉の旨味も、脂身の甘みもどちらも均等に味わえる。カツカレーではあるが、ソース、岩塩で味を変えながら食べるのも面白い。さっぱりとした味わいなので、どんなソースでも合いそう。カレーは、ノーマルでは辛くはなく、カツの味とのバランスが良い。店主は寡黙そうな人で、職人気質風。一生懸命揚げている姿が印象的だった。

食べログ 丸山吉平(浅草橋)
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-02-16 12:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

アルガーノ '10 露是 ロゼ

アルガーノ '10 露是 ロゼ
生産地:山梨県
生産者:勝沼醸造
品 種:メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン
あまり印象に残らず。
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-02-12 23:00 | 日本のワイン | Trackback | Comments(0)

かつくら 大阪国際空港店

2012年02月再訪問
久しぶりの伊丹空港での「かつくら」。最近は神戸空港を利用することが多かったので、なかなか伊丹発を利用することがなかった。ランチタイムはいつも満席で、ボードに名前を書いて待つこと10分。比較的早くテーブルに。湯葉コロッケとヒレカツ膳を注文。麦飯と山椒の聞いた赤だし。湯葉コロッケ用にポン酢ダレと薬味がつく。以前頂いたヒレ肉よりは感激は少なかった。ちょっと肉が変わったのか。特上三元豚だったかは忘れてしまった。ご飯の食べ過ぎに注意しながら完食。
出発フロアにオープンスペースのレストランができていたので、次はそちらを試してみようか。
f0008686_715789.jpg

食べログ かつくら 大阪国際空港店
[PR]
by izunosuke2005 | 2013-02-11 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)