<   2012年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ウ・ポンテベッキオ(淀屋橋)

3年ぶりに再訪。梅田の伊勢丹にドルチェポンテベッキオが入り、大阪での勢いは健在のようだった。たまたま予約した日は満席で、打ち上げらしき団体客もあり、喧騒とした店内の雰囲気は、以前訪れたときと正反対。サービスが十分にいきわたらないことにお詫びに来ていたが、仕方ない。

料理は和の素材を中心に、不思議な味わいの連続でとても興味深かった。お酒は利き酒セットをたのみ、赤・白・焼酎の順でいただいた。焼酎とイタリアンは合うのか心配だったが、意外と香りや味わいの邪魔にならず、おいしくいただけた。ワイン類も手頃な価格で、美味しいところを揃えてある。最後にグラッパをいただこうとするが、在庫がないとのこと。残念。Uの特徴なのに。

f0008686_2214521.jpg

f0008686_2215059.jpg

f0008686_2215834.jpg

f0008686_22151573.jpg

f0008686_2215253.jpg


f0008686_22153641.jpg

f0008686_22154887.jpg

f0008686_22155990.jpg

f0008686_22161511.jpg

f0008686_2216336.jpg


f0008686_22163970.jpg

f0008686_22164679.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2012-04-29 19:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ビッグキッド ミント神戸店

f0008686_228252.jpg

六甲山のハイキングの帰り、一気にバスで三宮に戻ったので、いくつかお好み焼き屋を探すが適当なところがみつからず、ミント神戸の地下飲食店街にあるビッグキッドに入ることに。神戸の住んでいるひとなら、昔からよくあるお好み屋。特に特徴があるわけではないが、いままで入ったことがなかった。すじモダンを注文。
f0008686_22885.jpg

熱した鉄板の上に載せて運ばれてくる。ソース類は先にかかっている。お好み焼きは、さくっとした食感のほうが好きだが、こちらはウエットな感じ。ソースもたっぷりかかっており、注文時に好みの量を告げておいたほうが良い。お好み焼きを食べる度に、東灘区深江の商店街にあった「おとみ」のお好み焼きの美味しさを思い出す。

ビッグキッド ミント神戸店
兵庫県神戸市中央区雲井通7-1-1 ミント神戸 B1F
11:00~21:30
ランチ営業
[PR]
by izunosuke2005 | 2012-04-29 13:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

再度公園、新緑登山

新緑が鮮やかなので、諏訪山公園から再度公園を目指す。
f0008686_21322110.jpg

f0008686_21322854.jpg

f0008686_21323513.jpg

f0008686_2132491.jpg

f0008686_2133124.jpg

f0008686_2133731.jpg

f0008686_21331581.jpg

f0008686_21332348.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2012-04-29 10:00 | Trackback | Comments(0)

2010 Montepulciano d'Abruzzo COLLEFRISIO

2009 Montepulciano d'Abruzzo COLLEFRISIO
2009 モンテプルチアーノ・ダブルッツォ (コッレフリージオ)

生産地:イタリア、アプルッツォ州モンテプルチアーノ・ダブルッツォ DOC
生産者:コッレフリージオ
品 種:モンテプルチアーノ100%
購入先:ワインガーデンリブゴーシュ

前回は白。今回は赤。
[PR]
by izunosuke2005 | 2012-04-28 22:30 | イタリアのワイン | Trackback | Comments(0)

【閉店】茶寮都路里 東京汐留店(汐留)

外回りの途中で大きく時間が開いたので、茶寮都路里で休憩。気持ちを落ち着けたく、薄茶を注文。
f0008686_2235873.jpg

f0008686_224563.jpg

せっかくなので濃厚な味わいの抹茶十得にした。温度、粘度、気泡感いずれもよく美味しくいただける。抹茶わらび餅はトロけるような舌触り。これもなかなか他所では味わえぬ品。店内は劇団四季公演待ちのグループでいっぱい。割引があるようだ。

食べログ 【閉店】茶寮都路里 東京汐留店(汐留)
[PR]
by izunosuke2005 | 2012-04-25 17:30 | スイーツ・パン | Trackback | Comments(0)

ひじり亭(大門)

ランチタイムに行くといつも満席。狭い店内で肩を寄せ合いながらたべる。サービスランチを注文。13:00でほとんどのセットが売れ切れている状態。いわしのつみれは美味しい。これだけでご飯を食べきってしまう。しっかりと準備された料理はおいしい。ビジネス街のランチは時として値段に見合ったものが出されることは少なくないので、貴重な店だ。
f0008686_21583634.jpg

f0008686_21584388.jpg

f0008686_21584931.jpg

f0008686_21585665.jpg


ひじり亭
東京都港区芝大門1-8-4
[月~金]
11:30~14:00
17:00~23:00
[土]
17:00~21:00
ランチ営業、夜10時以降入店可
定休日:日曜、祝日
[PR]
by izunosuke2005 | 2012-04-25 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

Dardell Grenache-Viognier

妻に送ってもらったリブゴーシュさんの白ワインをレッドチェダーチーズと一緒に頂く。
うーん、美味しい。わずかにピーチの香りが。コルクを抜いた瞬間の香り、味わいと数十分経ってからの香り、味わいの変化に驚いた。ワインって生きているんですね。

リブゴーシュさんの紹介ラベル
2008 Dardell Grenache Viognier Celler Agricola Fuster
生産地:スペイン、カタルーニャ州DOテラ・アルタ
生産者:セジェール・アグリコラ・フステール
品 種:ガルナチャ・ブランカ(グルナッシュブラン) 75%
    ヴィオニエ 25%
ワイナリーの哲学は「ひとつ一つのプロセスを大事にし、ブドウの特徴を生かし、ブドウ栽培からワイン醸造まで、現在のお客様に満足していただけるワインを生むために努力を惜しまない」ということです。有機栽培を実践。ピーチのアロマをもつフルボディな白です。
[PR]
by izunosuke2005 | 2012-04-21 22:00 | スペインのワイン | Trackback | Comments(0)

スヰートポーヅ(神保町)

f0008686_21513735.jpg

f0008686_21521259.jpg

老舗の餃子専門店ということで雑誌で何度か見たことがあった。創業は昭和30年ごろらしい。岩波ホールへの映画の帰りに行列ができているのが目に止まり、試してみることにした。店内は狭く、テーブルが7セットぐらい。ランチタイムの行列が凄そう。
f0008686_21514599.jpg

f0008686_21515386.jpg

残念なことに水餃子類は売れきれで焼き餃子のみ。サンプルを見るとこぶりに見えたので、12個単品を注文。周りを見渡すと、みんなご飯も一緒に注文している。神戸の餃子店ではライスが出るところは珍しい。観光客が多い餃子店では、わざわざ「ご飯はありません」と張り紙をしているぐらい。こちらは、ご飯とのセットがメインで単品はめずらしいみたいだ。おじさんがビールと一緒に食べるときに単品で注文しているぐらいだった。
f0008686_2152398.jpg

餃子はオープンタイプで、具財は肉が中心。餃子だけでしっかり味は付いている。皮はもっちりタイプ。ご飯よりビールのほうがよく合う味付けだ。にんにくは入っていないようだ。
神保町散策の虫抑えに調度良い。

スヰートポーヅ
東京都千代田区神田神保町1-13-2
[火~金](祝日でも営業)
11:30~15:00
16:30~19:30
[土](祝日でも営業)
11:30~19:30
ランチ営業
定休日:月曜・日曜(ただし日曜は営業する週もあり。11:30~15:00)
[PR]
by izunosuke2005 | 2012-04-21 17:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

映画「オレンジと太陽」



新聞の映画評を読んで、真実を知りたくなり、早速観にいくことにした。ラジオでも取り上げられ、日本での関心が高まっているようだ。チケットを買い、余裕をもって40分前ぐらいに映画館に行くと、すでに長蛇の列。10階にある岩波ホールで、非常階段沿いに並んでいる。最後尾は8階の踊り場。比較的年齢層が高い。ちなみに当日券で1800円、身体障害者割引は1400円。

ソーシャルワーカの日常で、子供を育てることができない親から乳児を引き取る場面から始まる。ふとしたきっかけで児童移民の真実に気づく。
原作『からのゆりかご―大英帝国の迷い子たち』 マーガレット・ハンフリーズ(Margaret Humphreys)を元に映画化されている。いろいろなフィルムメーカーからオファーがあったが、関係してきた人に裏切られたという思いを決して持たれないようにしたく、断り続けていたらしい。ジムローチの描き方は、主観や怒りを全面に出さず、ただ自分が本当に誰だったのか、欠けたパーツを探しだす様子を淡々と描いている。しかし、悲惨な経験は重々しく、一生分の悲しみを少年少女時代に送った人たちにとって壮年になったいま、涙を流して悲しみ、怒りを表面に出すことができなくなっている姿を目の当たりにして、悲しみ以上のものを全身で感じてしまう。

児童移民はオーストラリアだけではなく、他の旧植民地のカナダ、ニュージーランド、ジンバブエ(旧ローデシア)にも及んでいる。安価な労働力を得るためだけではなく、大英帝国の純血を守るための背景もあるようだった。関わっていた人たちも慈善団体であるが、そのような政策の背景があり、人権よりも団体の利益を優先するような人からすると、日々のしわ寄せは弱いところに集中する。いまの日本でも同じである。
[PR]
by izunosuke2005 | 2012-04-21 14:00 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)

【閉店】カフェフルーク(神保町)

f0008686_21463896.jpg

岩波ホールでの映画鑑賞前の腹ごなしでランチタイムに行って来ました。以前はお茶を飲みに行き、デザートの美味しさに驚いてしまった。記録していなかったのが残念。今回はスペシャルランチを注文。
f0008686_21465544.jpg

それとウルケル。
f0008686_2147319.jpg

副菜はどれもお酒が進む味。野菜の味が濃厚で美味しい。いい素材を使っている。カフェでのランチはいつも物足りなく感じるが、料理が美味しく満足度も高い。
他の書き込みにあるように男性客が多い、たしかに。謎。

【閉店】カフェフルーク
東京都千代田区神田神保町1-18-5 1F
[PR]
by izunosuke2005 | 2012-04-21 13:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)