<   2011年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

Champagne DRAPPIER CARTE-D'OR Brut Millesime [1992] AOC Millesime Champagne

Champagne DRAPPIER CARTE-D'OR Brut Millesime [1992] AOC Millesime Champagne
ドラピエ・シャンパーニュ・カルト・ドール・ブリュット・ミレジム[1992]年

生産地:フランス、シャンパーニュ、AOC ミレジム シャンパーニュ
生産者:ドラピエ社
品 種:ピノノワール種85%、シャルドネ種10%、ピノムニエ種5%
f0008686_16255087.jpg

修道院だったセラーで長期熟成し、2010/12にデゴルジュマンされて、最近市場に出回った。結婚した年と同じであったため、結婚記念日用に購入し、帰省した際に早速開けることにした。古酒のシャンパーニュの香りと酸味。飛び抜けたヴィンテージシャンパーニュの力強さは感じられなかったがなかなかのでき。楽天で初めてワインを購入したので、ちょっとドキドキしたが。でも、リヴゴーシュさんのシャンパーニュのセレクションのテイスト知ってしまうと、他のお店で感動はそう簡単に訪れてこない。
[PR]
by izunosuke2005 | 2011-04-30 22:00 | フランスのワイン | Trackback | Comments(0)

蕎麦酒房 てらさわ(蔵前)

2011年4月再訪
「てらさわ」に急に行きたくなり、ランチに訪問。
f0008686_16234650.jpg

メニューで桜えび天セイロを探すがみつからず、かき揚げセイロを注文すると、女将さんから桜えびでしたらこちらですよ、と教えていただく。前回と同じ。すっかりメニューの位置を忘れていた。そばはキリットしていて美味しい。香りがよく立つ。汁は以前来た時より輪郭がはっきりしている。美味しいそばをいただけると一日が楽しい。
[PR]
by izunosuke2005 | 2011-04-29 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

2008 Domaine Richaud Cotes du Rhone Villages Cairanne Rouge

2008 Domaine Richaud Cotes du Rhone Villages Cairanne Rouge
2008 ドメーヌ リショー コート デュ ローヌ ヴィラージュ ケランヌ ルージュ

生産地:フランス、コート・デュ・ローヌ地方コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュAOC
生産者:マルセル・リショー
品 種:グルナッシュ主体

リヴゴーシュさんのコメント
「南部ローヌ地方のケラーヌ村は高品質のワインを算出することで有名です。そのなかでもこのリショーはエキスの濃いしっかりとしたワインを作ることで知らされています。彼は醸造時に酸化防止剤を使用せずにワインを造ります。果実の美味しさが素直に表現された一本です」

繊細な赤。一口含んだ後に残る余韻。果実感、爽やかさ、が引き立つ。インポーターはラシーヌさん。
[PR]
by izunosuke2005 | 2011-04-27 22:00 | フランスのワイン | Trackback | Comments(0)

Alsace Grand Cru Gewurztraminer“Schlossberg”[1999]

1999 Alsace Grand Cru Gewurztraminer“Schlossberg” Cave Vinicole de Kientzheim Kaysersberg
1999 アルザス・グラン・クリュ・ゲヴェルツトラミネール・シュロスベルグ

(カーヴ・ヴィニコール・ケインツハイム・カイゼルスベルグ元詰)
生産地:フランス、アルザス、AOC アルザス・グラン・クリュ・ゲヴェルツトラミネール
生産者:ケインツハイム生産者組合
品 種:ゲヴェルツトラミネール100%
f0008686_2221291.jpg

一口含むと、蜂蜜の甘さを感じる。アイスワインのような濃厚な甘さではなく、さっぱりとした印象。すぐに柑橘系の香りが立ち込める。12年熟成の多彩な香りがする。ゲヴュルツトラミネール」はドイツ語で香辛料を意味するらしい。料理に合わせるのは難しいかなぁ。チーズと一緒にいただくと、はちみつの甘さが際立つ。
[PR]
by izunosuke2005 | 2011-04-24 22:00 | フランスのワイン | Trackback | Comments(0)

おざわ(浅草)

2011年04月初訪問
浅草郵便局によった帰りに「おざわ」に行くことに。
日曜日と天気の良さで店内は観光客でいっぱいであった。笊とあと何かを頼もうとメニューを見るとランチタイムでできるサイドメニューが殆ど無い。お酒とそばだけで十分な人にはそれでいいのかもしれないが、欲張りな人間にとってはちょっと残念。葱おろし冷やかけを注文。ネギのデコレーションにびっくり。新御徒町の「与之助」の白梅香のシンプルさと対比的。食べ応えがあり。南高梅とのバランスも良かった。汁は上品で食欲をそそる。
f0008686_16184550.jpg

メニューを眺めていると、ベルギービールが充実している。蕎麦とベルギービール。ベルギービールそのものが濃厚で個性の強い味わいなので、どのような食べ合わせになるのか興味がある。今回はたまたま観光客だらけだったので、ちょっと疲れてしまったが、落ち着いてもう一度食べてみたい。
[PR]
by izunosuke2005 | 2011-04-24 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

鈴音(浅草)

2011年04月初訪問
千束商店街に美味しいうなぎ屋があると聞きつけ早速行ってみることにした。
千束商店街を北に上がっていく。観光客はいなくなり、ゆったりとした時間が流れている。駅からかなり遠いのでお客さんは地元の人が多いようだ。鶏もも肉の「とり重」と「うな重」を一緒にした「とりうな重」を注文。肝吸が付いてくる。うなぎは焦げ目がしっかりついて美味しそう。程よい弾力がありながら箸を入れるとほろっと身がほぐれる。うなぎそのものの味が濃く、甘めのタレが絡まり、更に深い味わいがする。ご飯の硬さも程良く、うなぎとよく合う。鶏肉は一口の大きさに切り分けられている。こちらも焦げ目がしっかりと付いている。噛むとうなぎに負けない旨みが出てくる。鶏とうなぎの組み合わせの妙技に驚いた。
f0008686_16155262.jpg

f0008686_16155866.jpg

浅草寺周辺の高級うなぎ店に入るのには勇気がいるが、庶民的で入りやすい。美味しいうな重が手頃な値段で食べることができるのはうれしいことだ。庶民的雰囲気はあっても、味は庶民的ではなく料理そのものをしっかり楽しむことができる。今度行くときは夜にして、串ものをつまみながら、日本酒を飲んでみたい。
[PR]
by izunosuke2005 | 2011-04-23 13:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

古代甲州の泡

f0008686_22242183.jpg

外出の帰り日本橋に山梨のアンテナショップを見つける。甲州産のワインがずらりと揃えられていて、見ているだけで楽しくなる。

以前から気になっていた古代甲州のスパークリングを購入。樹齢130年の指定文化財“甲龍”より枝分けされた甲州種を使用したスパークリング。シャンパーニュグラスにそそぐと、泡立ちは繊細で眺めているだけで十分楽しめる。樽香を少し感じて、マロンの香りがした。2008ヴィンテージなのでまだ若いが、テーストはしっかりしている。国産のスパークリングにありがちなスカスカな感じはしない。これは美味しい。個性は強くないないのでマリアージュで楽しむのに適している。日本食の天麩羅に合うかな。

コルク栓ではなく、リサイクル可能なプラスチックキャップを使用。飲み残しても再度栓をすることが出来る構造になっている。日本の技術を感じる。アンテナショップには色々と甲州産のスパークリングが揃っているので一通り試してみたい。2000円前後の価格のことを考えるとコストパフォーマンスは高い。
[PR]
by izunosuke2005 | 2011-04-20 22:00 | 日本のワイン | Trackback | Comments(0)

お花見ロゼ

2010 "Cuvee Sakura" Rose de PinotNoir Bourgogne Rose A.C / Domaine Chevrot
ドメーヌ・シュヴロ “ キュヴェ・サクラ ” ロゼ・ド・ピノノワール ブルゴーニュ ロゼ

生産地:フランス、ブルゴーニュ地方 ブルゴーニュA.O.C
生産者:Dm.シュヴロ
品 種:ピノ・ノワール 100%
f0008686_22264458.jpg

日本市場向けに造られたお花見用のロゼワイン。あまり期待せずにコルクを抜いたが、意外に美味しかった。若く、するすると飲めてしまうが、お花見にはぴったりか。と、書きながら自宅で飲む。鮮やかなピンクが印象的。
[PR]
by izunosuke2005 | 2011-04-17 22:00 | フランスのワイン | Trackback | Comments(0)

映画『わたしを離さないで NEVER LET ME GO』(2010イギリス)


日比谷シャンテで鑑賞。
ジャンルはSF映画になるのだろうか?
クローン人間が臓器提供をするということは近い将来起きうることになるかもしれない。実験室のマウスの体内で再分化し細胞に心があり、恋愛は無いと考えるが、実際に生活を送って、必要なときに臓器を取り出されるというのは残酷だ。後味の悪い映画となった。生きるために殺生をする。効率的に飼育し、殺生する。それが自分のクローンで全く異なる生活を送っていったとしても。
f0008686_1421345.jpg


本当は4月10日にこの映画を見る予定であったが、本編が始まって直ぐに映写機のライトが壊れてしまい、上映中止となり、再度の挑戦となった。映写機が壊れたなんて初めての経験。ランチ食べに日比谷に来ただけになった。
[PR]
by izunosuke2005 | 2011-04-16 16:45 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)

ミルミレ 浅草店

以前末っ子に餃子を食べに行ったときに、カレー専門店らしき店があることに気づき、以前から行ってみたかったお店。昨日、浅草の観光案内のウェブページで紹介記事を読んで、すぐ行きたくなり、ランチで訪問。
f0008686_1621334.jpg

マトンカレーセットを注文。料理が来るまでネパールビールで待っていることにする。ネパールビールは小瓶が3種類あり、「ネパール アイス ビー」、「エベレスト」、「グルか」。どれもラガービールっぽかったので、美味しそうなラベルの「グルカ」を選択。香ばしい味のビールで濃厚。成分表を見ると馬鈴薯が入っていた。さて、カレーはとろっとしたソースで、マトンも臭みがなく美味しい。ナンによく絡む。辛さは注文に応じて変えてもらえるみたいなので好みを伝えておいたほうが良い。辛めにしてもらったが、もっと辛くても大丈夫かも。
f0008686_1623855.jpg

店内にはビールの他にワインもたくさん置いてある。インドワインなどあまり見かけないものが多い。次はモモでもつまみながらワインを頂いてみたい。
[PR]
by izunosuke2005 | 2011-04-16 12:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005
プロフィールを見る