<   2010年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

隅田川花火大会

f0008686_0553888.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2010-07-31 19:30 | 東京暮らし | Trackback | Comments(0)

あさだ(浅草橋) 〜 穴子天せいろ

あさだ」は創業は江戸安政元年(1854年)。150年の歴史。
穴子天せいろを注文。
f0008686_12461.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2010-07-31 13:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

手打蕎麦 与之助 〜 与之介定食

与之介定食。平日限定。
f0008686_23551186.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2010-07-29 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

初音茶屋(浅草)

ここ数日の猛暑で無性に氷が食べたくなり、初音茶屋に。
ここに来る前にやしまでウナギを食べてお腹がいっぱいだったので、シンプルな氷が食べたくなり白玉のみを注文。氷は噂通りの雪のような歯触り。あっと言う間に食べ尽くしてしまった。シロップだけの氷もシンプルでおいしい。昔、家で氷を食べるときは、こんな透明のシロップしか駄目だったのでなつかしい。値段も550円と安い。次はお腹をすかしてからいろいろとトッピングを楽しもう。暑さのせいか観光客は少なく、店にたどり着きやすかった。
f0008686_051596.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2010-07-24 13:30 | スイーツ・パン | Trackback | Comments(0)

やしま(新御徒町)

あまりの暑さにウナギを食べたくなり、浅草橋のよし田に向かうが予約客でいっぱい。諦めて御徒町のやしまに向かう。お昼の1クール目の終わり頃だったので、10分待ちくらいで席に座れた。座敷は宴会客で貸しきりだったので、いつもより座席確保が困難の様子。以前、勤め先のオフィスが神田にあったので、何度か大江戸にいったが、看板ほどの感動は覚えなかった。そこらじゅうに看板があり、さぞかし名店だろうという思い込みの方が強かったかもしれない。

白焼きにしようかと思ったが、初めてなので、定番の鰻重上を注文。注文してから捌くらしく、間を持たせるためにビールを注文。付け出しは煮豆。ウナギのたれは辛すぎず、甘すぎずほどよい味付け。おいしい。これから暑さを理由にもっとウナギが食べたくなった。
f0008686_0484157.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2010-07-24 13:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

甜蜜蜜 元町店

神戸に帰省中。
岡本にある甜蜜蜜は、改装前のビニールカーテンの間仕切りの、まさに香港市場風の店構えの時から、何度か訪れ、香港スイーツを楽しんだお店。今は改装され、おしゃれな茶餐庁風に。元町に出店したとのことだったので訪れてみることに。
f0008686_0453172.jpg

f0008686_0453730.jpg

内装は「花様年華 」風。元町大丸のまさに観光地のど真ん中なので、観光客でいっぱい。本当は岡本の本店にある「美肌緑豆氷」が食べたかったが、氷のスイーツはなかったので、「豆腐花(冷)」を注文。ジンジャー風味の砂糖をかけて食べると美味しい。セットで頼んだデトックス効果のある緑茶風味の中国茶は、普通な感じ。観光客の多さに落ち着かない気分になったせいか。最近の神戸は観光客が多く、休日は三宮や元町に足が向かないことが多い。
f0008686_0454478.jpg

f0008686_045511.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2010-07-18 16:00 | スイーツ・パン | Trackback | Comments(0)

蕎麦 ふくあかり(御影)

神戸に帰省中。
以前から気になっていた御影「ふくあかり」にランチに行くことに。土山人で修行されたご主人が蕎麦をうっているということで期待がふくらむ。加西の蔵本の「富久錦」の大吟醸、純米酒も飲める。グラスやカラフェでいただけるようだ。せっかくなので、限定10食の「昼の松花堂セット」を頂くことに。
f0008686_04058.jpg


まずは蕎麦豆腐が通される。そばがきのような味わい。おいしい。昼だと思って我慢していたが「富久錦」をカラフェで注文。
f0008686_0392474.jpg


つぎにおかずの4種盛り合わせが。鴨肉と茄子のみぞれおろしのあんかけが風味豊かでおいしい。たこのマリネはイタリアン風。だし巻き卵はふっくらとして、お酒に良く合う。魚天麩羅も油のきれがよく、香ばしくておいしい。あっと言う間にお酒は飲み干してしまった。
f0008686_039346.jpg


蕎麦は玄挽きに。細めだけどしっかりしたのどごし。めんつゆは醤油がきいて、パンチがある。量は少なくなく、多すぎず、ちょうど良いポーション。酒の肴もいっぱいあるようなので今度は夜に行ってみよう。
f0008686_0394199.jpg


お店の場所は、阪急御影駅の北側。公園の入り口。再開発したらしく、バスターミナル、歩道、車道が複雑に交差して、駅から店まで直線距離で行けない。あわてて横断すると車にはねられそうになる。
食後は御影駅周辺を散歩。
f0008686_0402088.jpg

f0008686_0402655.jpg

f0008686_0403295.jpg

f0008686_0403980.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2010-07-17 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

映画『パリ20区、僕たちのクラス』(2008,フランス)



岩波ホールで鑑賞
[PR]
by izunosuke2005 | 2010-07-10 14:30 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)

ぬちぐすい(浅草)

仲見世をのあたりを散歩していたときに、とおりかかり気になっていたお店。日本橋のバールが満席だったので、淺草に戻ってここにすることに。
まず泡盛の多さに驚きます。沖縄料理店は年に1回行くか行かないぐらいなので泡盛の品揃えの種類の豊富さはわからないが、沖縄の各地区の泡盛がそろっておりメニューを見るだけでも楽しめる。お薦めの古酒を順にあじわう。シェリー酒のような感じで、泡盛のテースト、香りがこんなに表情豊かだったとは、と驚かされた。
あては沖縄野菜のせいろ蒸し。海ぶどう、ソーセージ、ジーマ豆腐、沖縄野菜の天麩羅、そして〆に沖縄焼きそば。テーブルにあるラー油をかけて辛さを調整。料理もいぇいねに調理されていておいしい。沖縄野菜をテーブルに持ってきたときに、食べ方や野菜の説明を丁寧にしていただいてとても感じが良かった。
f0008686_0303395.jpg

f0008686_0304497.jpg

f0008686_0305029.jpg

f0008686_0305794.jpg

f0008686_031559.jpg

f0008686_0311946.jpg

f0008686_0312596.jpg

f0008686_0313160.jpg

f0008686_0313786.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2010-07-03 21:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

七月大歌舞伎(新橋演舞場)

f0008686_0183747.jpg

一、歌舞伎十八番の内  暫(しばらく)
 鎌倉権五郎  團十郎
 鹿島入道震斎  三津五郎
 那須九郎妹照葉  福 助
 清原武衡  段四郎

二、傾城反魂香(けいせいはんごんこう) 土佐将監閑居の場
 浮世又平  吉右衛門
 女房おとく  芝 雀

三、馬盗人(うまぬすびと)
 ならず者悪太  三津五郎
[PR]
by izunosuke2005 | 2010-07-03 16:00 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)