f0008686_20480962.jpg

Facebookで牡蠣フライが始まったことを知り、三宮に行く用事をつくりランチに。
最初にスープ。細かい微塵切りの玉ねぎ。旨味がスープいっぱいに広がる。洋食ではお目にかかることは少ない、細部までこだわりのある逸品。
そして牡蠣フライ。広島産の生食用の大振りな牡蠣。自分が納得がいくサイズが出るまではメニューに出てこない。なので、今年の広島産の牡蠣の成長具合は、ここの牡蠣フライの開始時期で知ることになる。今年は少し早めだ。
肌理の細かいパン粉なので、牡蠣特有のぷりぷりの食感はそのまま。自家製タルタルソースは野菜がたっぷりで、水分は少なめなので、カキフライにたっぷりのせてもサクサク感は失われない。このカキフライにこのタルタルソース。この組み合わせだから美味しさが増す。
そして重要なのが、大根の千切りサラダ。人参の千切り、クルトン。脇にはポテトサラダとスパゲッティナポリタン。この透明感のあるサラダが、見た目の美しさを演出するとともに、ミルキーな牡蠣を食べた後の口の中をリフレッシュにし、また牡蠣の美味しさが楽しめる。

f0008686_20483828.jpg

[PR]
# by izunosuke2005 | 2017-11-18 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
サイカイのランチには少しおトクな価格の日替わりランチがある。定番のメニューもあれば、メニューにない料理も。今日はチキンカツのゴマソース。
プレートランチでご飯とキャベツにごまドレッシング、ポテトサラダ、漬物がつく。
チキンカツの揚げ方がうまく、カリッと触感が良い。油切れが良いので重たくない。

f0008686_00011576.jpg

ドリンク追加しても千円以内。さらに割引券があれば50円引きで、その割引券もまたもらえるので、永遠に使い続けることができる。

[PR]
# by izunosuke2005 | 2017-11-16 13:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)
新橋で行列ができるカレー専門店「タージマハール」に。地図を頼りに探すがなかなか見つからない。行列がない。地図が間違っているのかなぁと再度確認すると、地下にある店に気がつき、やっと見つけることが出来た。なんと地下に向かう階段に行列ができていた。一人でも通るのに狭い階段。

f0008686_18021207.jpg

今月の月替りは「チキンムガール」。鶏もも肉を煮てカレーで味付けしているようだ。鶏肉は一般的な輸入肉だとおもうが、ふっくらとしている。
サフランライスはかなり柔らかめ。ご飯粒が盛り付けたときに潰れて餅状になるぐらい。硬いご飯が好きなので、残念。
カレースープは甘口、中辛、辛口の三種類を選ぶことができる。辛口をセレクト。少し汗がでる、ちょい辛ぐらいかな。これが香辛料がよく効いていて、クミンの香りが印象的。サラダ、チキンとライス、それとスープカレーを混ぜながらいただく。おいしい。でもご飯が柔らかい。

テーブルには香辛料、漬物、レーズンがならぶ。ガラムマサラだけ試したが、もっと香辛料を入れても良かった。

カレーは美味しかったが、それ以外が食堂風。男性のためのカレー専門店。

f0008686_18021035.jpg

メニューで三種類のカレーもあったが、それは甘口と中辛、辛口を食べ比べるもの。

[PR]
# by izunosuke2005 | 2017-11-15 11:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)
やっぱりカレースパが食べたくなる。
日替わりがメンチかつなので、メンチかつも美味しそうだが、昨日もメンチかつだったので、今回は好みのカレースパ。ハンバーグトッピング。ハンバーグはミニサイズではなく、ハンバーグ定食並の大きさ。
カレーは中辛。しっかりパスタに絡んでいる。くせになる美味しさ。

f0008686_21321390.jpg

[PR]
# by izunosuke2005 | 2017-11-14 11:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)
三ノ宮の洋食屋ナカムラでカキフライが始まったよと連絡が来たので、三谷も開始したかなと思ったらまだだった。なのでメンチカツと熟成一口ヒレカツのいつものメニュー。
メンチカツはオーダーが入ってから、整形、卵液、パン粉をつけて揚げるので、ふっくらフワフワ。
箸を入れると肉汁が溢れ出す。
メンチかつは赤身のしっかりとした肉質。対比的。メンチかつにはヒレカツが一番合うかも。

f0008686_21320984.jpg

[PR]
# by izunosuke2005 | 2017-11-13 11:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005