comodo 中目黒 〜 スペシャルランチ

f0008686_16334616.jpg


オープンのお知らせをいただき、以前から計画していた東京旅行に食事の予定を組み込みシェフおまかせのコースで予約を入れさせていただきました。

東急田園都市線「池尻大橋」から徒歩5分。目黒川沿いに歩く。閑静な住宅街。数年前から桜などで大混雑していることが嘘のような静けさ。レストランが少ないので、すぐにお店の場所に気がつく。マンションの1階にあり、雰囲気の良い素敵なファサード。お店の扉を開くと、日本橋フェアドマ、兜町コルヴィエラの思い出が蘇る。長いソファーシートのテーブル席、フラーキのUCサンプドリアのユニフォーム、ライティングの具合など。席数はフェアドマと同じぐらいかな。

f0008686_16334682.jpg

最初は「カ・デル・ボスコ フランチャコルタ ブリュット キュヴェ プレステージ(Ca'del Bosco Franciacorta DOCG Brut Cuvee Prestige)」で乾杯。はちみつのニュアンス。久しぶりに美味しいフランチャコルタを頂いた。

f0008686_16334650.jpg

最初の料理が登場。蟹の甲羅のようなものに乗っている。蟹のアイス? いや、ちがう。よくみるとホヤの殻だ。そう、「ホヤのシャーベット」。ホヤの他に、マンゴー、パッションフルーツを使っているとのこと。程よい酸味、それと海の香り。たしかにホヤにはマンゴーのニュアンスもあるので、合うのだろう。それにしても、なんて滑らかな食感なんだろう。とても手間がかかっていると思う。表現は良くないかもしれないが、「変態」的な食への探求に脱帽。まさにアミューズ。

f0008686_16334639.jpg


次はシェフの新旧ハムが揃った「前菜盛り合わせ」。
奥から、生後数ヶ月の子豚のハム。絹のような食感。脂身もおなじ。これも驚きの一品。マンガリッツァ豚のジェルのせを思い出す。それと最近作り始めたドイツ風のソーセージ。切り口にピスタチオが見える。食べてみると、弾力感がある。美味しい。その隣が見た目にも鮮やかな、夏みかんと穴子のテリーヌ。タコとトマト、切り口の美しいパテ、中央に大粒の赤貝とブルーベリー、きゅうり。前菜の盛り合わせで、さらにテンションが上がる。ワインはこのまま「カ・デル・ボスコ」で続ける。

f0008686_16335289.jpg

そして定番の「ジェノベーゼのリングイネ」これも、いただきたかったので大満足。ジェネベーゼソースのパスタへの絡まり具合が良い。

f0008686_16335219.jpg


そしてこれも定番の「ウニとカラスミのタッリアテッレ」。今朝届いたばかりの生雲丹。美味しい物同士がさらに新たな旨味を産んでいる。
シェフのコースでパスタ二品は外せない。

f0008686_16335356.jpg


そして、セコンドピアットは「骨付き鶏のカチャトーラ」鮮やかなトマトソースが印象的。たっぷりある。ナイフで骨から身を削りとり、トマトソースをたっぷり纏わせていただく。コレもお美味しい。最初は量が多いかな、と思ったが、一気に食べきってしまった。骨の周りが美味しいので、最後は手に持ってしゃぶりつくす。そしてソースも全てスプーンで平らげてしまった。「カ・デル・ボスコ」のすでに飲みきってしまったので、コレに合わせたのが「オルトレポ・パヴェーゼ・バルベーラ(Oltrepo Pavese Barbera)」、力強い赤にも負けない美味しさ。

f0008686_16335826.jpg


最後に「ドルチェ盛合せ」とエスプレッソ。それと自家製の「夏みかんチェッロ」。
ドルチェはクレープと二種のジェラート。チョコレートケーキ、夏みかんの砂糖漬け。シェフのドルチェも多彩な顔を持っている。乙女チックな部分、それと力強さ。

f0008686_16335814.jpg

最後にチェッロをいただいて、少し興奮気味だった気持ちを落ち着かせる。綺麗なオレンジ色。この一品だけでも再び訪れたい気持ちになる。

f0008686_16335868.jpg



店内から外に目を向けると目黒川の桜の木々が鮮やかな緑をたたえている。初夏の午後の気持ちのよい空気が流れている。テラスでゆっくりと食事もするのも良いかもしれない。
再び「松橋さんち」で食事をする事ができ、嬉しい気持ちでお店を出る。ほろ酔い気分で目黒川にそって来た道を戻る。中目黒は初めて訪れたが、これから思い出の場所になっていくだろう。

f0008686_16335226.jpg

comodo 中目黒

03-6416-5710

池尻大橋駅東口出て5~6分
中目黒駅正面改札口を出て左に曲がり、山手通り沿いに徒歩約15分

池尻大橋駅から482m


ランチ 11:30~14:30(L.O.15:00)
ディナー 18:00~23:00(L.O.フード22:00、ドリンク22:30)
火曜日定休

[PR]
# by izunosuke2005 | 2017-06-08 13:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

居酒屋 をさむ(芦屋)

大阪や神戸で買い物をしても、食事は自宅近くで落ち着いた気分で楽しみたく、そんな時に思い浮かぶのが「居酒屋をさむ」。スタンダードな居酒屋メニューにも、西欧料理の洗練されたエッセンスが加わり、日本酒、ワインも揃っている。

f0008686_10175907.jpg

先付は、初夏らしくガスパチョ、それと真丈、鶏胸肉とグリーンアスパラガス。ビールで。

f0008686_10182204.jpg

「刺身盛り」は、天然鯛昆布〆、鱧、平鯵、烏賊、蛸。付け合せに山芋と大葉。刺身醤油の他、食材に合わせて、塩、梅肉、山葵、それとオリーブ塩。個人的に刺身とオリーブの組み合わせが好き。鯛に合わせてみると、柑橘系のニュアンスを感じる。不思議なオイル。果汁を加えると酸味が主張されるが、これはふんわりと感じるので刺身に合う。後でディサンティ オレンジ オリーブオイルであることを教えていただく。オレンジフレーバーを付けただけではなく、フレッシュなオリーブとオレンジを同時に圧搾して造られる。

f0008686_10182710.jpg

f0008686_10180020.jpg

合わせたのが広島の山廃純米。

f0008686_10182315.jpg

次は定番の「川津海老の唐揚げ」。海老の香ばしさが口に広がる。

f0008686_10182271.jpg

そして、「水茄子とパクチーのサラダ」。甘い水茄子がフルーツのようで、それにパクチーの野性味が加わる。白ワイととても良く合う。

f0008686_10181009.jpg

f0008686_10180071.jpg


メインは「牛肉の煮込みクスクス添え」。クスクスはヤングコーンなどの野菜と一緒に炒めて、食感がよく、煮込みのソースを吸い込んで、更に美味しく。牛肉はほろほろと崩れる。コレは美味しい。しっかり目の赤ワインと合わせる。

f0008686_10182637.jpg

f0008686_10180099.jpg


クスクスがご飯物代わりとなって、シメはよいかと思っていたが、食欲に火がついて、最後に「たっぷりチーズのリゾット」を追加。様々なチーズが溶け込んだリゾット。満足感たかい。赤ワインにも負けない。

f0008686_10182273.jpg

最後はいつものロールケーキ。柚子の香り。
ごちそうさまでした。

[PR]
# by izunosuke2005 | 2017-06-03 20:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)

彩雲(大阪京橋)〜牛肉と彩り野菜の赤ワインソース炒めセット

f0008686_05301603.jpg


平日限定20食!プレートランチ「三彩」。1300円。この値段でホテルの高級中華を味わえる。

今週は「牛肉と彩り野菜の赤ワインソース炒めセット」。安定した美味しさ。
杏仁豆腐にバナナが入っている。マイナン―チェンジ。

f0008686_05301079.jpg

f0008686_05301835.jpg


f0008686_05301334.jpg




[PR]
# by izunosuke2005 | 2017-05-23 13:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

【映画】『男はつらいよ 奮闘篇 HDリマスター版(第7作)』(BS朝日)

現在デジタル・リマスター版の「男はつらいよ」を放送中。
第7作の奮闘編は、榊原るみが演じる青森出身の少女がヒロイン役。今では企画の段階で却下される内容だが、人々の人情が溢れ出ている作品。作品の一瞬を切り取ることで、そのシーンで使われている言葉が暴力を含むことがあるが、作品全体では優しさに溢れている。

「男はつらいよ」の魅力は義理人情以外にも、画面の構図の美しさがある。フランス映画のようだ。
ラストでさくらが寅次郎を探しに、青森の日本海側をバスで移動するシーンは美しい。

f0008686_726553.jpg


f0008686_727563.jpg


f0008686_7271344.jpg


f0008686_7272275.jpg


f0008686_7273156.jpg


f0008686_7274084.jpg

[PR]
# by izunosuke2005 | 2017-05-13 18:00 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)

とんかつ 三谷(大阪京橋) 〜 ダブルメンチ!

2017年5月再訪問
今日はメンチかつ定食に。いままでは、一口カツ、とんかつとのセットを注文していたが、メンチかつオンリーのセット。
メンチかつのグラム数は75グラムから150グラムに倍となる。巨大メンチかつを想像していたが、2個でした。
もちろんいつものお美味しさ。メンチかつの特徴としてはご飯泥棒。肉汁がしっかりあるので、お皿の上で切り分けると、肉汁がタレてしまうので注意。十六穀枚との相性が一番いかもしれない。肉、ごはん、肉、ごはんのループ。

f0008686_197161.jpg



付け合せの野菜も美味しいのがうれしい。しっかり水切りされているが、渇きすぎていない。保存方法に配慮されている。一般的なとんかつ店では、ランチタイム前に下ごしらえした千切りキャベツをボールにいれて、そのままお皿に取り分けているが、とっかつ三谷では揚げ場担当と盛付担当が別なので、注文が少ない時は保湿に考慮しながら冷蔵庫に保存し、盛付の度に取り出す。ご飯も常に大きな釜2台で炊いているので、結構忙しいと思う。その手間が美味しさにつながっているのだろう。

京橋グランシャトーが目の前なので、パチンコ休憩の人、サラリーマン、仕事帰りでビールを飲んでいる人、さまざま。年齢層は高め。


とんかつ 三谷
大阪府大阪市都島区東野田町3丁目5-6
京阪本線・大阪環状線・JR「京橋」駅より徒歩1分
06-6353-3097
11:15~23:00(L.O.22:30)ランチ15時まで
定休日:火曜日、第一月曜日(不定休なのでお店に確認が必要)
[PR]
# by izunosuke2005 | 2017-05-11 12:00 | Trackback | Comments(0)