居酒屋 をさむ(芦屋)

大阪や神戸で買い物をしても、食事は自宅近くで落ち着いた気分で楽しみたく、そんな時に思い浮かぶのが「居酒屋をさむ」。スタンダードな居酒屋メニューにも、西欧料理の洗練されたエッセンスが加わり、日本酒、ワインも揃っている。

f0008686_10175907.jpg

先付は、初夏らしくガスパチョ、それと真丈、鶏胸肉とグリーンアスパラガス。ビールで。

f0008686_10182204.jpg

「刺身盛り」は、天然鯛昆布〆、鱧、平鯵、烏賊、蛸。付け合せに山芋と大葉。刺身醤油の他、食材に合わせて、塩、梅肉、山葵、それとオリーブ塩。個人的に刺身とオリーブの組み合わせが好き。鯛に合わせてみると、柑橘系のニュアンスを感じる。不思議なオイル。果汁を加えると酸味が主張されるが、これはふんわりと感じるので刺身に合う。後でディサンティ オレンジ オリーブオイルであることを教えていただく。オレンジフレーバーを付けただけではなく、フレッシュなオリーブとオレンジを同時に圧搾して造られる。

f0008686_10182710.jpg

f0008686_10180020.jpg

合わせたのが広島の山廃純米。

f0008686_10182315.jpg

次は定番の「川津海老の唐揚げ」。海老の香ばしさが口に広がる。

f0008686_10182271.jpg

そして、「水茄子とパクチーのサラダ」。甘い水茄子がフルーツのようで、それにパクチーの野性味が加わる。白ワイととても良く合う。

f0008686_10181009.jpg

f0008686_10180071.jpg


メインは「牛肉の煮込みクスクス添え」。クスクスはヤングコーンなどの野菜と一緒に炒めて、食感がよく、煮込みのソースを吸い込んで、更に美味しく。牛肉はほろほろと崩れる。コレは美味しい。しっかり目の赤ワインと合わせる。

f0008686_10182637.jpg

f0008686_10180099.jpg


クスクスがご飯物代わりとなって、シメはよいかと思っていたが、食欲に火がついて、最後に「たっぷりチーズのリゾット」を追加。様々なチーズが溶け込んだリゾット。満足感たかい。赤ワインにも負けない。

f0008686_10182273.jpg

最後はいつものロールケーキ。柚子の香り。
ごちそうさまでした。

[PR]
by izunosuke2005 | 2017-06-03 20:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/27865501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< comodo 中目黒 〜 スペ... 彩雲(大阪京橋)〜牛肉と彩り野... >>