ラ プチット La Petite(西宮) 〜 ホワイトアスパラとトリュフ、春の香り

f0008686_21192382.jpg


前回はJRさくら夙川駅から向かったが、今日は兵庫県立芸術文化センターの観劇の後、直接、徒歩で移動。駅からかなり距離があるので、事前に道を確認してから向かったほうが良い。でも隠れ家的なレストランに訪れる楽しさもあるので、この距離感もレストランの良さになっている。最寄り駅は阪急夙川駅(徒歩12分)。


Facebookでホワイトアスパラとトリュフの案内があり、事前に予約。ディナーコースに追加して注文。ディナーコースは、
・アミューズ
・前菜
・スープ
・メイン
・デザート
の組み合わせ。前菜とメインをメニューから選ぶ。それぞれ女性向きのポーションで、1皿追加しても大丈夫。

ワインはMarc Tempé Crémant d'Alsace Brut Nature Premiere。しっかりとしたクレマン・ダルザス。

f0008686_21195912.jpg


アミューズは「カリフラワーのムースとホタルイカ」。カリフラワーの旨味がたっぷり。ホタルイカは丁寧に下処理されており、骨も目を取り除かれているので、ムースに合わせたソースのように、一体感がよかった。

f0008686_21192477.jpg


前菜は「豚肉のパテ・ド・カンパーニュ」を選択。フレッシュなサラダと、油分とのバランスの良いパテ。ジュレでまろやかに。

f0008686_21194820.jpg


今日のお目当ての、「ホワイトアスパラとトリュフの香りのポーチドエッグ、オランデーズソースと仏産トリュフ」。コース外の追加オーダー。二人でシェア。酸味、香り、甘みがすばらしい。フレッシュなホワイトアスパラで躍動感を感じる。ポーチドエッグもちょど良い火の通り加減。春の訪れを楽しめた。トリュフも大きめにスライスしていただいたので、しっかり香っている。とても美味しかった。

f0008686_21194846.jpg


「ネギのスープ」。ミルクの優しさに、ネギのほのかな香りがするスープ。美味しい。前回も印象的だったが、滋味深いスープ。

f0008686_21194990.jpg

メインは「天然真鯛のブイヤベース仕立て」。プリプリの真鯛。それとムール貝。旨みたっぷりのスープが絶品。白ワインを追加。

f0008686_21200726.jpg


最後にデザートは「スフレグラッセ。キャラメリゼしたアーモンドアイス」。相棒の注文したタルトタタンと組み合わせても美味しかった。

f0008686_21200872.jpg


f0008686_21200890.jpg



[PR]
by izunosuke2005 | 2017-03-25 18:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/27672201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 中国料理 Kirin(深江) ... 西宮 西田公園 >>