オステリア ヴィヴァーチェ コン エ デパドヴァ(芦屋) 〜 ディナー

アラカルトでいただく。

f0008686_1731651.jpg


プーリア州郷土料理コッツェ・リピエーネ(詰め物をしたムール貝)
 素晴らしいスタート。ムール貝と魚介類のすり身を貝殻に詰めた料理。ワインが進む。
 ムール貝の旨味とトマトソースの旨味が相乗効果に。上品な一皿。


f0008686_1733739.jpg


愛媛県産 美生柑、パルマ産生ハム、リコッタチーズのインサラータ
 定番のサラダ。ヴィヴァーチェの料理の素晴らしさの一つに、野菜が勢いがあることと、味が濃厚であること。
 塩気がこなれたよく熟成された生ハムと合う。柑橘系の酸味、甘みがさらに美味しさを増す。


f0008686_1735792.jpg


北海道ウニとフレッシュトマトとバジリコ、ピスタチオのパスタ
 パスタメニューを眺めても、必ずここに行き着いてしまう。今回も雲丹のオレキエッテ。
 プリっとした食感の耳たぶのようなパスタ。


f0008686_1741689.jpg


山形産短角牛のビステッカ
 美味しいところだけを切り出した牛肉。完璧な下ごしらえ。
 付け合せに、さや付きのヤングコーン。ひげ根が旨味の成分なのだろうか。
 粒マスタード、岩塩でいただく。


f0008686_1743523.jpg


ミルクジェラートと、ヘーゼルナッツのブルッティ マ ボーニ
 たっぷりのミルクジェラートに、しっかりした硬さのある、ビスコッティのような焼き菓子。
 ブルッティ マ ボーニはゴツゴツとした表情から、「ブサイクだけど美味しい」という意味の
 イタリア語で呼ばれている定番のお菓子だそうだ。これがとても美味しかった


お酒は
・スプマンテ


f0008686_1745748.jpg


2011 Gufi Caricanti Sicilia IGT Bianco
 アフターにさつまいも香りがする、不思議なワイン。食中酒は難しいのかなと思ったが、どの料理にも
 あう万能選手だった。


f0008686_1751898.jpg


自家製レモンチェッロ
 これも定番。


オステリア ヴィヴァーチェ コン エ デパドヴァ
(OSTERIA VIVACE con e DePadova)

0797-26-6264
兵庫県芦屋市川西町4-2 VIVO芦屋 102
JR芦屋駅徒歩10分、阪急芦屋川駅徒歩10分、駐車場2台有(共有の為)満車の場合 近隣コインパーキング(有料)
芦屋駅(阪神)から437m
12:00~14:00(L.O) 17:30~22:30(L.O.21:30)
定休日:火曜日
[PR]
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/25602919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by izunosuke2005 | 2016-08-11 19:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005