とんかつ武蔵 芦屋(JR芦屋)

神戸で初のとんかつ専門店。トンカツとエビカツの二刀流から、店名を「武蔵」に。芦屋店は震災後に暖簾分け。元町の本店のメニューを引継いでいる。

f0008686_23533748.jpg

f0008686_23534395.jpg


注文したのは、名物の「えびしいたけ」と「ひとくちカツ」の盛り合わせ定食。付け合せは四角にカットされたキャベツとラディッシュ。ドレッシングはかけずに、カツを食べた後に、そのままかじる。口の中がレセットされ、ソース味、塩味の切り替えができる。キャベツは食べる前に少量づつレモンを搾ると、よりさっぱりする。
パン粉は粒が大きすぎず、量も少なめで、肉を薄く包み込んで、一体感がある。食べていても、皿の下には、剥がれる衣はほとんどない。肉のうまみがよく伝わる。ソースはやや甘め。
球体の「えびしいたけ」は半分にカットされている。断面がとても綺麗。きちんと椎茸が中心で半分になっている。こちらは断面に岩塩と少量のレモンで。うまい。
お皿は中央にくぼみがあり、衣が湿らないようになっている。
味噌汁は赤出汁の豚汁風。芦屋の「六甲味噌」を使用。
[PR]
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/25278978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by izunosuke2005 | 2016-05-14 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005
プロフィールを見る