中国名菜酒家 つる見(神楽坂)

パーティが早く終わり、ホテルに戻るまで少し時間ができたので、タクシーで神楽坂に。
月末で早稲田通りは車道まで人で溢れかえっていた。タクシーの客待ちで道路は半分に。
アラカルトで注文。

f0008686_17502495.jpg


「前菜盛り合わせ」
 鮎の山椒黒酢煮込み、ピータン、クラゲとトマト、茄子、蒸鶏、山菜


f0008686_17503633.jpg

 
「姫筍と赤そら豆」
 シェフのおすすめの「姫筍」。タケノコ等の竹の種類ではなく、笹の若芽。今の5月、6月が季節。
 それと皮が赤色の赤そら豆。薄皮を向くと、普通の緑色のそら豆に。ハーブの香りが良い。
 今のこの時期しか食べることができない美味しさ。


f0008686_17504525.jpg


「行者にんにくの炒め物」
 お隣の紳士の方がご注文された行者にんにくの炒め物をいただいた。
 とても勢いのある行者にんにく。節の部分までも美味しい。
 ありがとうございました。 


f0008686_17505670.jpg

 
「新蓮根と帆立」
 大粒の帆立。こんな立派な帆立は食べたことがない。新蓮根と黒酢であわせ、刻みショウガで香りを纏わせる。
 帆立には薄くころもがかかり、最初の食感と、咀嚼した時の中の食感が異なる。初めての体験。驚きの逸品。


f0008686_1751657.jpg


「ジュンサイの麺」
 じゅんさいの季節の始まり。おそらく一番芽でゼリーを多く含んだ食べごろ。シンプルに中華麺と合わせる。
 じゅんさいの食感と麺との組み合わせが良く、スープも美味。

前回購入したオーガニックハーブティーが残り少なくなってきたので購入。千葉松戸の「Organic CAMOO」伊藤 淳さんが心を込めて作った、「つる見」特選ブレンド。ハーブティーを飲む習慣はなかったが、すっかりハマってしまった。今度は直接お店に伺ってみたい。
[PR]
by izunosuke2005 | 2016-05-26 21:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/25277834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< うどん棒 大阪店(北新地・東梅田) 洋食や シェ・ノブ (浜松町) >>