焼肉レストラン 松井(大阪京橋)

近くに鶴橋があり、焼肉の中心地ではないが、京橋周辺に焼肉店は増えている。その中で昭和49年創業の「焼肉レストラン 松井」は、京橋界隈では焼肉店の老舗にあたる。現在で三代目。戦後の高度経済成長時に「つけダレ」の文化が日本で生まれ、焼肉店が人気が出てきた時期にあたる。他店と比べ値段設定は若干高めだが、品質の良さが人気の秘密なのだろう。姉妹店に、
・牛もつどて鍋 まつい亭 
・Darts&Foods Bar FREUDE
・立ち飲み・酒房 まつい
があり、京橋のちに根付いている。また同店出身のシェフが独立した焼肉店
・炭火焼肉 十八番
もある。
今日は連休の谷間で平日ランチ限定の「焼肉弁当」がない。「ハラミ定食」を注文。ハラミと他二品。
ここのキムチは美味しい。ヤンニョンから手作りの白菜キムチ。大根、白菜でヤンニョンのレシピが異なる。数種類の果物、オリジナル配合の唐辛子、砂糖、蜂蜜など、創業当時から試行錯誤を繰り返し到達した秘伝の味。テーブルのコチュジャンも自家製。手間がかかっている。
牛肉は10社以上の仕入れ先の中から、産地にこだわらずその日一番良質の肉を厳選しているとのこと。メニューでは産地は明記されていないが全て国産。
タレは甘めの「混ぜダレ」と、あっさりした醤油ベースの「つけダレ」。このタレも「焼肉レストラン 松井」が美味しいところ。

f0008686_22463981.jpg


定食の焼肉だけでは物足りなくなり、追加で「ホルモンお特盛6種」を注文。
・レバー
・ツラミ(頰肉)
・とろホルモン
・とろテッチャン
・センマイ
・シマチョウ
これがとても美味しい。カットが大きめだが、隠し包丁があるので食べやすい。くさみは全然ない。脂身が甘い。

f0008686_22464899.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2016-05-02 11:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/25195331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 奈良国立博物館 〜 特別展 ... 欧風料理 もん(三宮) 〜 ビ... >>