リストランテ ビッビ(岩屋)

Cena B 6皿のコースで予約。プリモ・ピアット、セコンド・ピアットはそれぞれ4種類の中から一皿を選ぶ。

f0008686_23495622.jpg


ワインはフランチャコルタをお願いした所、ソムリエの方から、フェッラーリ・リゼルヴァ・ルネッリの特別なボトルがあるとのことで。そちらを用意いただいた。ヴィンテージは2006年。オーベックファン神戸の総支配人、シェフソムリエもされている塚元晃さんが2013年第7回JET CUPで優勝された際の記念のボトル。たしかに"Au Bec Fin"の文字が。樽で一次発酵後、瓶内で二次発酵し、8年瓶内で熟成。立ち上がりは早く、アフターが長い。余韻が良い。上品な樽香。料理にもあうバランスの良さ。

f0008686_2350631.jpg



アンティパストは3品。
・真鯛と甘夏

f0008686_23501885.jpg


・トマトとバジルのグラニテのカプレーゼと穴子のフリット

f0008686_23502727.jpg

f0008686_23503355.jpg


・ホワイトアスパラガスと生ハム、カッペリーニ

f0008686_23504484.jpg


これだけでボトルは1本開ける自信はある。野菜の味が濃厚。温度、テキスチャー、香りが異なり、楽しいし、美味しい。


プリモピアットは、シェフ前田健一さんオススメの「サザエと芽ネギ その肝を使ったジェノベーゼ」。サザエがアワビのよう。サザエの肝の苦味とフレッシュなバジルシースの組入合わせが良い。

f0008686_235112.jpg



セコンド・ピアットは 「仔羊鞍下肉のロースト」。消えの細かい肉質。すーっとナイフが通る。グリルされた野菜が甘い。ここでは、グラスでピノ・ネロ。

f0008686_2351177.jpg



最後のドルチェは「パイのスプリング ピスタチオのクレマ」。ピスタチオとスプマンテが良う合う。
ここでグラッパ、ベルタをいただく。いやぁ、素晴らしい組み合わせ。

f0008686_23512844.jpg



サービスもよく、ワインも料理もおいしくただけた。


リストランテ ビッビ(岩屋)
050-5872-3435
兵庫県神戸市灘区岩屋中町4-2-7 BB Plaza 4F
阪神「岩屋」駅から徒歩2分
JR「灘」駅から徒歩5分
11:30~14:00(L.O.)
17:30~20:30(L.O.)
定休日:月曜日(祝日は営業 翌日休み)
[PR]
by izunosuke2005 | 2016-05-03 19:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/25192901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< アクア チプレッソ(阪神芦屋) 奈良県立美術館 〜 藤城清治 ... >>