コルティヴァーレ(登戸)

東京へのお花見旅行。最終日は上野公園で桜を楽しんだ後に「トラットリア コルティヴァーレ」に。後は神戸に戻るだけなので、ランチだが、しっかり食べて、呑んで楽しんだ。どれも春を感じる素敵な料理で、心が暖かくなった。お店の契約農家の方の新鮮な、活力にあふれたる野菜でシェフの新たな面を知ることができた。


f0008686_23512235.jpg


前菜はいつも驚きの連続。低温調理されたレバーは極めが細かく、なめらかな食感。香辛料の効いたソースがレバーの風味とよく合う。つぶ貝とサラミの組み合わせもすばらしい。ホタテ、充分に熟成させたピスタチオが入った田舎風パテ、フリッタータ、それとピクルス。菊花の黄色と、ローズペッパーの赤、イタリアンパセリの緑で鮮やかなお皿に。

f0008686_23521028.jpg


最初に頂いたグラスのスパークリングワインはすっかり空になり、オススメのリグーリアのワインに。ランチにピッタリの爽やかな白。ピーチのニュアンス。濃厚な料理もしっかり包み込んでくれる。
2014 Azienda Agricola Durin Pigato Riviera Ligure di Ponente
生産地:イタリア、リグーリア、リヴィエラ リグーレ ディ ポネンテDOC
生産者:デュリン農園 Azienda Agricola Durin
品種:ピガート 100%

f0008686_23513250.jpg


二品目はハチノスとひよこ豆の煮込み。薄揚げのような食感で、このような料理になるなんてとても不思議。ひよこ豆がとても元気がよく、ホクホクとしている。こんなに美味しいひよこ豆は初めてだ。

f0008686_2351442.jpg


パスタはホロホロ鳥とプチヴェールのパッパルデッレ。パスタにソースがしっかりと染みこんでいる。ホロホロ鳥の皮目の香ばしさと、きめ細かな肉質。断面がとても綺麗だ。春の旨味を凝縮したような一皿。

f0008686_23515616.jpg


メインの魚料理は、巨大な穴子と蛸。これほどお大きさは見たことがない!イタリア時代にシンプルなトマトベースの魚介類のスープが気に入り、アレンジされた料理とのことだが、ここまでご馳走感たっぷりに進化するとは。スープの優しい旨味が心に沁みいる。

f0008686_23522482.jpg


次のメインの肉料理は仔羊。ピザ窯でじっくりと何度も焼き上げて、新鮮な野菜、肉の香り、旨味が充満している。シェフの真髄。

f0008686_23523340.jpg


最後のドルチェはラム酒がたっぷりのラムレーズンアイスとティラミス。それとエスプレッソには「乙女」なマシュマロ。


シェフから美味しい料理と一緒に溢れんばかりの元気をいただいた。感謝。また、お店の方たちの暖かなサービスで、幸せな気持ちで旅を締めくくることができた。帰りの機内ではもちろん爆睡。

コルティヴァーレ
044-930-2070
神奈川県川崎市多摩区登戸3415
登戸駅より徒歩1分
[火~金] 11:30~13:45 18:00~22:30 [土]11:30~14:45 18:00~22:30
[日・祝] 11:30~14:45 18:00~21:00
月曜日定休
[PR]
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/25095614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by izunosuke2005 | 2016-03-27 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005