やぶそば 大阪店

f0008686_10221769.jpg

f0008686_10222533.jpg


天付き御膳を十割で注文。十割そばは、冷たすぎず、程よい。天ぷらはきちんと油が切れて、軽い仕上げに。最後に桜の葛菓子。季節を感じる。
なかなか訪れることができないが、おおさかでは貴重な蕎麦。

f0008686_10224580.jpg

f0008686_10225381.jpg

f0008686_1023320.jpg


「やぶそば」は江戸三大老舗蕎麦、「砂場」、「更科」、「藪」の一つ。「やぶそば」は根津団子坂「蔦屋」が源流で、当時薮下にあったのでそう呼ばれたらしい。「かんだやぶそば」(神田淡路町)が看板を引継いでいる。暖簾分けの制度があり、「藪睦会」(やぶむつみかい)という形でつながりがある。
杉並区西荻窪の「杉並藪蕎麥」(1966年創業)は正式な暖簾分け店で、その後各地に支店を展開。現在は株式会社「杉並藪蕎麥」に。
・横浜店(そごう横浜)
・名古屋店(JRセントラルタワーズ)
・大阪店(天満橋OAPタワー)
・神戸店(そごう神戸)
・広島店(そごう広島)
[PR]
by izunosuke2005 | 2016-02-19 13:30 | レストラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/25064277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 小澤征爾音楽塾 J.シュトラウ... オステリア ヴィヴァーチェ (... >>