せんば自由軒 長堀橋店

f0008686_183735100.jpg


明治43年に大阪初の西洋料理店としてオープンしたのが難波の「自由軒」。ここ「せんば自由軒」は昭和45年に出店を「自由軒」から許可された「本町自由軒」(現在の「せんば自由軒」)。これは「自由軒」側の主張。「せんば自由軒」も明治43年の創業の本流を公言し、どちらも譲らない状況。難波と船場の違いしか無く、また、身近にお店がなかったので、すっかり系列店だと思い込んでいた。
「自由軒」は2店舗のみ。「せんば自由軒」は関西、関東の様々な場所に出店しているが、現在は下記の店舗。メニューも殆ど違いがないことがわかる。

「自由軒」
自由軒 難波本店
自由軒 天保山店
<メニュー>
・名物カレー
・ハイシライス
・別カレー
・オムライス

「せんば自由軒」
せんば本店
長堀橋店
さいたま新都心店
せんば自由軒キッチン。コクーンシティ店
<メニュー>
・名物インディアンカレー
・名物ハイシライス
・カレーオムライス
・ハイシオムライス

今回はハイシライスをいただいた。ご飯とケチャップベースのハイシソースをフライパンで混ぜあわせたもの。
一般的なハヤシライスは全く別の料理。ドライカレーに近い。子供の頃は無性に食べてみたかったが、実際に食べてみると、昔ながらの料理でリピート欲はインディアンカレー程ではなかった。
[PR]
by izunosuke2005 | 2016-03-03 18:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/25062582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Poche du Reve 芦... 2013 播磨産カベルネソーヴ... >>