チャイニーズキッチン粤香

早速ディナーの予約を入れる。各コースはランチメニューに似ていたので、シェフのおまかせメニューにフカヒレを追加して予約。

当日お店に訪れると、テーブルにはお品書き。
・美麗三拼盤 三種前菜盛り合わせ粤香スタイル
・上海式紅燒排翅 フカヒレの姿煮
・两吃点心 本日の点心
・鳳城魚滑 本日の鮮魚中国風カルパッチョ
・翡翠炒牛柳 牛ヒレ肉と季節野菜の炒め
・金炒海鮮 烏賊の海老のスパイスパウダー炒め
・金菇豆腐羹 エノキと豆腐のとろみスープ
・砂鍋櫻蝦炒飯 桜海老の香り立つ土鍋チャーハン
・特色甜品 粤香特製デザート盛り合わせ
いずれも香港らしい料理が並ぶ。シェフ出身の紅磡・玉蕾(Yu Lei)は、目も舌も楽しませてくれる上海料理で有名らしい。


「三種前菜盛り合わせ粤香スタイル」は絵画のようなお皿。手を付けるのがもったない。酸味、甘みなど様々な味も楽しめる。素晴らしいスタート。

f0008686_3343612.jpg


日本では見かけない自家製調味料のサービス。豆板醤とのことだが、XO醤のような様々な食材が入っている。それほど辛くないが、あとから辛味がくる。

f0008686_334491.jpg


次に「上海風フカヒレの姿煮」。フカヒレ料理は地域により異なり、
広東:とろみをつけたスープをフカヒレの上からかける
四川:白湯を使ってフカヒレを煮込む
上海:フカヒレをこってり煮込む
北京:煮含めるようにフカヒレを煮込む
今日は日本で一番馴染み深い「排翅」。サメの背びれ、あるいは尾びれを使う。きれいに掃除がされている。「天九翅」、「海虎翅」は細長く太い繊維のプリプリ感を味わう。姿煮ではなく繊維の一本一本を楽しめるようにしたタイプで、個人的にはこちらが好みだ。福臨門魚翅海鮮酒家がそうだった。脇屋シェフのTurandot臥龍居でいただいたときも姿煮タイプだったので、日本ではこちらを好むものとされているのかもしれない。付け合せは青梗菜だったが。繊維を解くタイプは、「銀針」(緑豆もやし)と「火腿」の細切りが別の皿で用意され、食感の対比を楽しむ。
※参考 「香港旅行記(2日目) 〜 福臨門九龍店(Fook Lam Moon Kowloon)

f0008686_335674.jpg


点心。食感や食材の違いを楽しめる二種。ランチの時も思ったが、このひと粒に、美味しさが凝縮されている感じだった。

f0008686_3351811.jpg


飲み物は最初に青島ビールを頂いて、次に陳年10年茶壺紹興酒に切り替えた。球体状の茶壺に入った紹興酒。ストレートで。

f0008686_335302.jpg


「本日の鮮魚中国風カルパッチョ」は大きな切身で、一番美味しい場所だけを切り出したような、見た目にもきれいな料理。おどろき。

f0008686_3354443.jpg


「牛ヒレ肉と季節野菜の炒め」は張シェフの真骨頂を見られる料理の一つ。点心でも感じたように、食材それぞれに旨味が凝縮され、見た目の上品さが、この炒め物でも感じることができる。

f0008686_336062.jpg


「烏賊の海老のスパイスパウダー炒め」。烏賊や海老のプリプリ感と対象的な食感のパウダーソース。ココナッツの甘い香りをベースに様々な香辛料が折り重なる。好きなタイプの料理。

f0008686_3361185.jpg


「エノキと豆腐のとろみスープ」と「桜海老の香り立つ土鍋チャーハン」。この辺りでお腹がいっぱいになってきたが、土鍋から立ち上る香りに、食欲が増す。お米一つ一つが炒められて、パラパラに。とろみのあるスープと交互にいいただく。間食。美味しかった。

f0008686_33627100.jpg

f0008686_3363436.jpg


最後に「粤香特製デザート盛り合わせ」。杏仁豆腐は、最初に一口いただいてから、柑橘を搾りかける。さっぱりした、全く別の杏仁豆腐に変わった。カスタード入りのココナッツ団子はぷりぷりで優しい甘さ。

f0008686_3364755.jpg


美味しかった。
高級中華料理を全面に様々なスタイルの調理を味わえるお店として今後進んでいくのかわからないが、いままで神戸にはなかったスタイルの中華料理なので、今後が楽しみ。


チャイニーズキッチン粤香
078-862-9586
兵庫県神戸市東灘区本山中町3-4-15 1F
JR神戸線 摂津本山 徒歩約7分
摂津本山駅から514m
11:30~14:30 17:30~21:30(L.O.21:00)
不定休
[PR]
by izunosuke2005 | 2016-03-06 19:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/25060800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 彩雲 ホテルモントレ ラ・スー... PAC第86回定期演奏会 >>