西村屋 本館(城崎温泉)

ズワイガニのシーズンの終盤。関西ではJRの駅で「カニカニ・エクスプレス」ということで、列車と旅館でのかに料理を楽しむツアーの宣伝で賑わっている。一度利用したことがあったが、リピーターには成れなかった。城崎温泉の西村屋で活けかにの美味しい食事があり、堪能された方の感想や、相棒が去年訪れ、おみやげに持ち帰ってくれた茹で蟹のミソがとてもお美味しかったので、一度は経験した方がいいとのことで、今シーズン初めて訪問することにした。

日本家屋の立派な旅館。細部にまで心配りがいきとどいた空間。大きな和室で、ゆうたりと椅子席で食事をすることができた。
日帰りの昼食のみを楽しむコースとしては下記の4種類。
・本生かにづくし … 活け松葉ガニのフルコース(¥26,000)
・本生かに会席 … 活け松葉ガニの茹でと但馬牛(¥21,000)
・旬菜会席コース … 但馬牛と地元食材(¥10,000)
・但馬牛ステーキコース … ロースステーキ(¥10,000)

松葉がにを堪能するには、「本生かにづくし」が良いとのことで、それを用意いただいた。
「松葉がに」はズワイガニの地域呼称で、山陰地方が「松葉がに」、福井が「越前がに」、京都が「間人ガニ」。いずれも雄。西村屋は「松葉がに」でも水揚げされる漁港・舟にも妥協はなく、津居山港、柴山港のものを取り扱う。今回頂いたものにはピンクのタグで「柴山港・大正丸」と書かれている。柴山港はカニの大きさや重さ、足の数により100ほどのランクに分け、選別の細かさでは日本一。生きているカニは活けカニとして水槽で販売。「本生かにづくし」は最高級ランクの松葉がに、おそらくLサイズが2杯分あるのではと思った。1杯は丸ごと茹でに。もう一杯は焼き、鍋、椀物、刺身、寿司に。贅沢すぎる。
どれも新鮮なので、蟹肉の繊維の弾力が違う。フカヒレのよう。カニそのものも美味しいが、料理はどれも美しく、美味しかった。

相棒へのお土産は、茹でカニ。それと1日限定5個の「朝倉山椒と黒豆のガトーショコラ」も。
今回同席させていただい方に教えていただき、早速注文。自宅に帰り、冷やしてから夕食後に
いただいたがとてもお美味しい。これはオススメである。もっと話題になっても良いと思う。
但馬の食材を使った、ワインにも合うケーキ。
・「コウノトリ米」米粉
・養父市「朝倉山椒」
・丹波黒
・出石の有機小麦全粒粉
・但馬の地酒『香住鶴』


f0008686_005987.jpg

f0008686_011081.jpg

f0008686_012344.jpg

f0008686_032522.jpg

f0008686_033357.jpg

f0008686_034180.jpg

f0008686_064113.jpg

f0008686_035892.jpg

f0008686_04875.jpg

f0008686_041867.jpg

f0008686_043639.jpg

f0008686_044870.jpg

f0008686_045816.jpg

f0008686_05854.jpg

f0008686_051786.jpg

f0008686_052558.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/25054802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by izunosuke2005 | 2016-03-13 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005
プロフィールを見る