工藤(三宮) 〜 雲丹しゃぶしゃぶ

2015年1月初訪問
最新の「Meets Regional 2015年2月号『Oh! 鍋。』」 で紹介されていた雲丹しゃぶ。とても魅力的だったので相棒推薦で訪れてみることに。営業時間も24:00(日曜祝日は23:00)までなので、イベント帰りにも便利に使えそうだ。

お店は阪急三宮西口のエレベータを降りて、JR高架下の飲食店街をまっすぐ西に向かうと、左手にお店の入口がある。割烹料亭のようなシックなエントランスなので直ぐわかる(googleマップだと別な区間を指すので注意 )。二階に上がると落ち着いたウッディーな空間。素敵。

予約で雲丹しゃぶしゃぶだけを注文していたが、一品料理をメニューから選んでいるとコースの「今宵のコースメニュー」が美味しそうだったのでコースに変更。飲み放題を付けて一人6,000円。安い。2ドリンク付きと500円しか違わないので、飲み放題がお得。
f0008686_925164.jpg


のどが渇いていたのでまずはビールで乾杯。先付は無添加雲丹と海苔、胡瓜のアミューズメント。濃厚な雲丹の味に打ちのめされる。これは最初から日本酒に合う。冷酒に切り替える。
f0008686_9253696.jpg

f0008686_926453.jpg


次は前菜の盛り合わせ。魚の肝、くわい、イクラ、さつまいもレモン煮、魚の味噌漬、カニと胡瓜など。これで永遠にお酒が飲める。姿も素敵で目も楽しませてくれる。
f0008686_9255029.jpg


次は三品。「桜海老のサラダ」、「雲丹豆腐の蟹あんかけ」、「雲丹のクリームコロッケ」。こちらもきれいな料理。見ているだけでも美味しそう。器の選びセンスも良い。日本酒とよく合う。どれも素材の美味しさがよく伝わる料理。そのなかでも雲丹の濃厚な味わいが印象的。
f0008686_926216.jpg


そしてメインの「雲丹しゃぶしゃぶ」。スープは雑炊にするので残してくださいとアドバイス。なのでしゃぶしゃぶする前にスープの味見。うわぁ~、おいしい、濃厚〜!!うーん、想像した以上の雲丹感たっぷり。なんて贅沢な鍋なんだろう。橙色のスープはインパクト大。
しゃぶしゃぶにする巣材は、カニ、ホタテ、海老、白身魚、野菜、白子。だしを取るためにカニ、海老を先に入れる。雲丹スープと一緒にいただく。美味しい。ホタテをさっとしゃぶしゃぶする。これも美味しい。お酒が更に進む。危険だ。濃厚な橙色のスープに具材を入れると見失うので注意。
f0008686_9261787.jpg

f0008686_9262974.jpg


おすすめメニューにあった「神戸牛の雲丹巻きキャビア添え」(一皿4個)がとても気になったので追加注文。これも美味しい。ねっとりとした神戸牛の旨味と雲丹がよく合う。
f0008686_927098.jpg


最後に雲丹鍋の雑炊。しゃぶしゃぶ鍋と一緒に用意された生雲丹をトッピング。海苔を振り、いただく。幸せ。ちょっとだけわさびをつけると雲丹の旨味が引き立つ。
f0008686_927149.jpg


季節のデザートは練乳いちご。口の中が爽やかに。
f0008686_9272573.jpg


満足度120%のコース料理だった。
シャンパーニュはヴーヴ・クリコとモエ・エ・シャンドンのNVの二種類。


Meets Regional (ミーツ リージョナル) 2015年 02月号 [雑誌]
[PR]
by izunosuke2005 | 2015-01-10 22:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/23539281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Conde de Caralt... Clair de lune 〜... >>