映画『ストックホルムでワルツを』(スエーデン、2014)




ヒューマントラストシネマ有楽町で鑑賞。オンラインチケット予約で、当日発券機でチケットを受け取るが、これがとても使いにくいシステムで、店舗コードを入れたり、カーソルが自動で次の入力に行かなかったり、結構手間がかかった。早めに来たので時間を気にすることはなかったが、その後の年配の人達は同じようにまごつき、係の人に説明してもらったり、受付で発券することが多い様子だった。
さて実際の映画はスタンダードな音楽映画だけど、もう一つ主人公や周りの人が描ききれていないような気がした。モニカの娘の視点で描かれた映画に思えた。
似た感覚は、バルデュスの生涯をたどるテレビドラマがあり、様々な登場人物が現れるが、どれも節子夫人の視点なので、もう一歩踏み込んだものではなかった。
f0008686_2384456.jpg

f0008686_2385524.png

[PR]
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/23460711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by izunosuke2005 | 2014-11-29 15:30 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005