バレエ「ラ・バヤデール」(ボリジョイ・バレエ) 東京文化会館




映像:ニキヤ(寺院の舞姫)の登場




映像:マリーヤ・アレクサンドロワ(Maria Alexandrova)とウラディスラフ・ラントラートフ(Vladislav Lantratov)



年末のボリジョイバレエの東京公演。「白鳥の湖」、「ラ・バヤデール」、「ドン・キホーテ」の3公演。
数カ月前に公演を知り、「ラ・バヤデール」を予約。
演奏が始まる。粒の揃った音の勢いに圧倒。それよりもバレリーナの踊りに見入ってしまった。
指先からつま先まですべてコントロールされた美しさ。その一つ一つの所作が語りかけているようだった。


原振付:マリウス・プティパ(1877年)
追加振付:ワフタング・チャブキアーニ、コンスタンチン・セルゲーエフ、
     ニコライ・ズプコフスキー
振付改訂:ユーリー・グリゴローヴィチ(2013年)
音楽:ルートヴィヒ・ミンクス
台本:マリウス・プティパ、セルゲイ・フデコフ
台本改訂:ユーリー・グリゴローヴィチ
舞台装置・衣装:ニコライ・シャロノフ
舞台装置・衣装顧問:ワレリー・レヴェンターリ
照明:ミハイル・ソコロフ
指揮:パーヴェル・クリニチェフ
管弦楽:ボリショイ劇場管弦楽団


<出演>
ニキヤ(寺院の舞姫):エカテリーナ・クリサノワ(Ekaterina Krysanova) Principal
f0008686_1464733.jpg


ソロル(戦士、ニキヤの恋人):セミョーン・チュージン(Semyon Chudin) Principal Dancer
f0008686_1482272.jpg


ドゥグマンタ(藩主):アレクセイ・ロパレーヴィチ(Alexei Loparevich) dancer
f0008686_14102130.jpg


ガムザッティ(ドゥグマンタの娘):アンナ・チホミロワ (Anna Tikhomirova) First Soloist
f0008686_14134298.jpg


大僧正:アンドレイ・シトニコフ(Andrei Sitnikov) dancer
f0008686_14212620.jpg


トロラグワ(戦士):イワン・アレクセーエフ(Ivan Alexeyev) dancer
f0008686_14284893.jpg


奴隷:デニス・ロヂキン(Denis Rodkin) Principal Dancer
f0008686_14315766.jpg


マグダヴェヤ(托鉢僧):アントン・サーヴィチェフ
アイヤ(奴隷の娘):アンナ・バルコワ
ジャンペの踊り:ユリア・ルンキナ、スヴェトラーナ・パヴロワ
パ・ダクション:ダリア・ボチコーワ、エリザヴェータ・クルテリョーワ
        スヴェトラーナ・パヴロワ、マルガリータ・シュライネル
        ネッリ・コバヒーゼ、オルガ・マルチェンコワ、
        ヤニーナ・パリエンコ、アナ・トゥラザシヴィリ
        アルテミー・ベリャコフ、ドミトリー・エフレーモフ
太鼓の踊り:クリスティーナ・カラショーワ、ヴィタリー・ヴィクティミロフ
      アレクサンドル・スモリャニノフ
青銅の仏像:ミハイル・コーチャン
マヌー(壷の踊り):アンナ・レベツカヤ
精霊たち
第一ヴァリエーション:エリザヴェータ・クルテリョーワ
第二ヴァリエーション:スヴェトラーナ・パヴロワ
第三ヴァリエーション:チナーラ・アリザーデ
子役:日本ジュニアバレヱ(指導:鈴木理奈)
[PR]
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/23459887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by izunosuke2005 | 2014-12-04 18:30 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005
プロフィールを見る