喜乃字屋(上野)

東京文化会館での観劇のあと、遅い時間だったので居酒屋で食事をすませようと思い、以前からチェックしていた升ワインの蕎麦屋に。こういうスタイルを蕎麦バルと言うらしい。場所は上野公園の老舗百貨店の再開発で出来た「上野の森さくらテラス」の一階。ガラス張りのスペース。スタンディングバルだが、奥にはテーブル席もある。
f0008686_1756358.jpg

システムはレジで注文し、その場で会計を済ませる、Cash On Delivery。升ワインを注文すると、升とグラスを渡され、セルフでボトルからワインを注ぐ。日本酒のように升に溢れるほど注いでもOK。量的にはワイングラス一杯弱位だが、溢れるほど自分で注ぎ入れるのがポイント。一杯目はスパークリングワインのMalvasia Vino Frizzante Bianco Secco。品種はマルヴァジーア。スッキリとした味わい。
f0008686_17562821.jpg

料理は席まで運んでくれる。一品目は「季節の天麩羅」のグリーンアスパラガス。塩と天つゆでいただく。かりっとして美味しい。
f0008686_17564756.jpg

2品目は海苔箱おつまみの「アボカド刺し」と「モッツアレラチーズ自家製味噌漬け」。海苔がしけないように、箱に入ってでくる。老舗居酒屋のように炭が入っているのかなぁと思ったが、普通の海苔箱だった。でも、これはこれで趣があって良い。ワサビや醤油などで味付けして、海苔に巻きながらいただく。アボカドは完熟しており、わさびと合う。モッツアレラチーズの味噌漬けは素晴らしい。酒のつまみとしては良くレシピが紹介されているので、自分でも作ってみよう。ワインは白に移行。Montepulciano d'Abruzzo Poggio Salvi。
f0008686_17571238.jpg

f0008686_17572161.jpg

次々に、レジで料理を注文。「蕎麦屋の焼き鳥」は甘辛のタレの串なしの焼き鳥。一味で辛味を調整。
ワインはこれで終わりにし、ハイボールに切り替え。酒のあても合わせて注文。「金時豆ゴルゴンゾーラ味」。食べた瞬間は甘い金時豆の味だが、後味はゴルゴンゾーラチーズ。面白い。「揚げ出し豆腐」はシンプル。
f0008686_17574456.jpg

f0008686_175758100.jpg

最後は「冷かけ」+「海老天」で〆る。10割蕎麦。美味しくいただきました。
f0008686_17581919.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/23459685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by izunosuke2005 | 2014-12-04 22:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005