Aux delices de dodine オデリス ド ドディーヌ(大門)

平日は女性客が多く、すこし入りづらかったが、休日のランチタイムを狙って訪問。
大門、芝公園周辺は大衆的なお店が多い中、ビストロらしい店構えでデートにピッタリの雰囲気。
ランチはスープとメインをそれぞれチョイスするシステム。1,000円、安い。デザートは300円プラス、飲み物は200円プラス。ワインは700円から。
店内の豚のオブジェがいっぱい揃っており、見ているだけで楽しくなる。アラカルトの黒板メニューには気になる料理が。ディナーはどんなのだろうか、想像してしまう。
f0008686_2042285.jpg

スープは「かぼちゃの冷たいポタージュ」。シナモンの香りが食欲をそそる。冷たすぎず、素材の旨さが伝わってくる。見た目にも綺麗な盛りつけ、食器類。センスが良い。おいしい。バケットは特徴のある小麦の味。自家製かどうか確認するのを忘れてしまった。
f0008686_20421061.jpg

メインが登場、「沖縄産皮付き豚のバロンティーヌ」。なんとアニメのギャートルズのマンモス肉ようなビックサイズ。マッシュポテトの座布団の上に皮付きのソテーされた豚肉。驚きの大きさ。はたして全て食べきることができるのだろうか?残すだろうと思いながら、ナイフを入れると、豚の皮のしっとりとした感触、肉質もキメが細かい。マッシュポテトとニンニクの効いたソースと絡めていただく。う、うまい!脂身はスッキリしていて、食べやすい。もっとこってりとしたものを想像していた。野菜もたっぷりのっている。爽やかになる。これは肉好きにはたまならない。孤高のグルメ的には太鼓がドドンドドドと鳴っているイメージ。
ワインは控えておこうと思ったが、ワインと一緒だと絶対美味しいだろう思えて、途中で赤を注文。ボルドーを選んでいただく。ボルドーらしいしっかりとして、それでいてエレガントなアロマ。ボトルで注文してみたい。あっという間に食べきってしまった。全体的にサービスもスマート。

シェフは目黒「La maison d'ami ラ・メゾン・ダミ」出身の加藤木 裕さん。いも豚、梅山豚などを扱う。豚は半頭買いで、ありとあらゆる部位を使い切る。

Aux delices de dodine
東京都港区芝大門2-2-7 7セントラルビル 1F

JR「浜松町駅」 北口より4分
都営浅草線「大門駅」より1分
都営大江戸線「大門駅」より1分
都営三田線「御成門駅」より5分
「浜松町駅」北口より大通りを東京タワーに向かって歩くと、マクドナルドが300M先左手にあります。そこを左折して1分ほどでオレンジのテントに茶色の壁のお店が見えてきます。
大門駅から125m

ランチ 11:30~15:00
ディナー 18:00~23:30
年中無休
[PR]
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/22882729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by izunosuke2005 | 2014-09-07 12:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005