「チェコ映画祭2005」(アテネ・フランセ)

f0008686_2135127.jpg


「魔王は何でもお見通し」(100分)監督/ロマン・ヴァーヴォラ
「エマという女の子」(81分)監督/ベンヤミン・トゥチェック
「晩秋」(102分)監督/ウラディミール・ミハーレク
「居心地のいい部屋」(116分)監督/ヤン・フジェベイク
「絆の旅」(100分)監督/アリツェ・ネリス
「素晴らしき虐げられた日々」(98分)監督/ペトル・ニコラエフ
[PR]
by izunosuke2005 | 2005-02-11 15:00 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/22073993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< スープ・ストック・トーキョー ... 京はやしや 京都三条店 >>