映画「天のしずく 辰巳芳子"いのちのスープ"」(2012年、日本)

NHK-BSでの録画を鑑賞。昨年渋谷で上映していたが見に行くことができなかったのでよかった。

この映画では料理研究家の辰巳芳子さん料理の素晴らしだけではなく、食品の生産者への思いにも及んでいる。生産者は美味しいものを造るために一生懸命で、それを大切に取り扱っている。
f0008686_048310.jpg

どうすれば美味しくできるのかがよく考えられていて、レシピを見ると本当に手がかかった料理法だ。美味しそうなスープが画面に広がるが、はたしてどうなのだろうか?
スープは好んで飲むことは少なく、未知の世界だ。
f0008686_0474891.jpg

f0008686_12214745.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2014-01-21 19:00 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/21391095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 嘉一(大門)〜嘉一御前 銀座三越 テイスティングカウンター >>