映画『ビフォア・サンセット』(2005年アメリカ)

NHKS-BS録画で鑑賞



ジェシーはウィーンでの出来事を小説This Timeに書き、パリの小さい書店でサイン会を行う。そこに突然セリーヌが現れる。そこからフライトまでの短い時間に二人の会話が始まる。9年前の約束の確認から始まり、少しづつ閉じていた心が開いていく。言葉一つ一つがお互いの心の襞に触れていく。次第に心がたかぶり、胸の内をぶつける。映画はずっと二人だけの会話が続いていく単調な映画だが、なぜかどんどん惹きこまれてゆく。

エンディングのセリーヌの弾き語り”A Waltz for a night ”に心をゆさぶれた。素敵な歌声。



Let me sing you a waltz
Out of nowhere, out of my thoughts
Let me sing you a waltz
About this one night stand

You were for me that night
Everything I always dreamt of in life
But now you're gone
You are far gone
All the way to your island of rain

It was for you just a one night thing
But you were much more to me
Just so you know

I hear rumors about you
About all the bad things you do
But when we were together alone
You didn't seem like a player at all

I don't care what they say
I know what you meant for me that day
I just wanted another try
I just wanted another night
Even if it doesn't seem quite right
You meant for me much more
Than anyone I've met before

One single night with you little Jesse
Is worth a thousand with anybody

I have no bitterness, my sweet
I'll never forget this one night thing
Even tomorrow, another arms
My heart will stay yours until I die

Let me sing you a waltz
Out of nowhere, out of my blues
Let me sing you a waltz
About this lovely one night stand

ジェシーが選んだCDから曲が流れる。"Nina Simone - Just in Time"。セリーヌはこの歌が好きだと言い、ニーナ・シモーネのおしりの振りを真似してふざけ合う。でも、歌詞の一つ一つの言葉は意味深い。


本当に良い映画だ。
[PR]
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/21285186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by izunosuke2005 | 2014-01-14 19:00 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005
プロフィールを見る