「最後のマイウェイ」・「天使の分け前」〜人、酒、音楽そして…

新開地パルシネマで鑑賞。テーマは「人、酒、音楽そして…」
二本立てを安い料金で上映してくれる大切な映画館。
f0008686_2339239.jpg

f0008686_23393698.jpg


「最後のマイウェイ」('12 仏)
☆ようやくレコード発売に漕ぎつけ、浮き沈みの激しい世界でスターに。そして名曲が!



あまり期待はしていなかったが、どんどん引きまれていた映画。すべてを管理したがる父親で嫌な思いをしていたらが、自分が大人になるに連れて、その支配欲は父親ソックリとなっていゆく。スマートに生きていゆことの出来ない主人公に、周りは振り回されてゆくが、その後ろにある寂しさや、優しさに惹かれてゆく。

「天使の分け前」 ('12 英=仏=伊=ベルギー)
☆保護観察中の若者がウイスキーのテイスティングにはまってある儲け話を思いつき…。



ふとしたきっかけでウィスキーの世界にのめり込む。いままで暴力と恐怖の中で生きてきた主人公に、ウィスキーの世界が広がってゆことに、ちょおと無理な感じを覚えたが。オークションでアメリカの富豪とロシアの富豪が競り合うシーンやその後の振る舞いには、監督の富豪に対する風刺が効いていて面白い。映画を見終わったあと、ウィスキーを試したくなったのは僕だけではなないだろう。

映画館をでて商店街、ボートピアを抜けてJR神戸駅に。
100円ラーメン店はなくなり、変わったところはあるが、基本的には昔のまま風景。
f0008686_23413366.jpg

f0008686_23414110.jpg

[PR]
by izunosuke2005 | 2013-12-29 12:20 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/21184655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< NV Mansfield & ... un peu de(甲南山手) >>