野村萬斎「ボレロ」

昨年、狂言師の野村萬斎が40名の日本舞踊家の共演でバレーで有名なボレロを演じた。ボレロはセビリアの酒場で踊り子が舞台で足慣らしで踊っていたが、振りが大きくなるについれて、興味を示していなかった酒場の人たちが、最後には一緒に踊りだすストーリー。

NHK Eテレで放送があり、録画を鑑賞。ボレロの雰囲気を残しつつ、狂言の所作で表現される舞台は、始まりから衝撃的で、いつか訪れるクライマックスが見たくもあり、まだ続いてほしい気持ちで複雑な感情。シルヴィ・ギエムのボレロとはちがう世界をみることができ感動の余韻は長く続く。人間の肉体美を表現するバレーと比べると狂言の表現の幅がちがいは感じるが今後の再演の展開が楽しみだ。

f0008686_055666.jpg


シルヴィ・ギエムのボレロ

[PR]
by izunosuke2005 | 2013-08-30 23:54 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/20301587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ソルズコーヒー(蔵前) つばくらめ(御成門) >>