映画「危険なメソッド」(2011 イギリス・ドイツ・カナダ・スイス)



渋谷Bunkamuraル・シネマで鑑賞。
ユングとフロイトの出会いから決別を、一人の女性患者を通した三角関係から描いた映画。
心理学は大学時代に単位をとるために取得した程度だったので、二人の関係は殆ど知らなかった。フロイトは当時、精神分析の大家として地位を確立し、20歳年下のユングが教えを請うが、そのアプローチの違いが大きくなっていく。フロイトからの「後継者」という言葉を得るための動きや、本当は冷製に患者と接する必要があるのに、自分の感情と折り合いをつけながら苦しむ姿は、二人の本当の姿を描いているのかもしれない。
[PR]
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/20268316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by izunosuke2005 | 2012-11-03 10:00 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005