映画「最強のふたり」(2011 フランス)



TOHOシネマズ日比谷シャンテで鑑賞。
フランスでアメリ以上の大人気の映画。車椅子生活の大富豪とその介護者で移民の若者との交流。最初の車で疾走するシーンが印象的。お金があったからこそこのような出会いがあったのかもしれないが、生活を楽しむ力があったからこそ、生まれた関係なのかもしれない。生活を楽しむのってすごく難しいと思うから。
[PR]
by izunosuke2005 | 2012-12-24 11:40 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/20268261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 三匠(銀座) シェ・アンドレ・ドゥ・サクレク... >>