映画「恋のロンドン狂騒曲」(2010 スペイン・アメリカ)



TOHO日比谷シャンテにて
テレビドラマのような展開。男の欲望に赴くままの姿の馬鹿さ加減が面白い。心が自由というか、無節操というか。ミッドナイト・イン・パリよりは砕けた感じ。
年令に関係なく恋を楽しんでいるが、歳を重ねると人間関係は複雑になり、年配者としての自覚も必要となり、むずかしい年代だと思った。
でも、こういう映画も大切。
[PR]
by izunosuke2005 | 2012-12-01 17:30 | 映画・観劇 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/20268211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 過橋米線 (上野) 映画「ファースト・ポジション ... >>