MAGNUM CLUB 41th / Wine Garden Rive Gauche

今回はこの会と翌日のNHK文化センター西宮ガーデンズ教室のワイン講座「至福のワイン」に出席するために帰省。東京でもシャンパーニュの会合はいくつかあるらしいが、ワインのセレクトの素晴らしさはここ以上の感激を受けたことがないので、美味しいワインのためなら、どこまでもという気分だ。今回のテーマは「ド・サンガール」

DE SAINT GALL
「ド・サンガール」はワイン誌で話題に上がり、評価が高いらしい。「ユニオン・シャンパーニュ」と呼ばれる生産者組合がグラン・クリュのぶどう畑のを買い付けてシャンパーニュを生産しているので、美味しさが推し量れる。

1)NV Fabrice Bertemes 750ml
 ファブリス・ベルトゥメ


2)NV Jean Laurent Blanc de Noirs Brut 750ml
 ジャン・ローラン ブランド・ノワール・ブリュット


3)2000 Jean Laurent Blanc de Noirs Brut 1500ml
 ジャン・ローラン ブラン・ド・ノワール・ブリュット


f0008686_16591274.jpg


「ひなげし」の花がデザインされたボトルが特徴。テーブルに置かれたマグナムボトルと通常のボトルを観たときは、同じ生産者かと思ったが、「ファブリス・ベルトゥメ」と「ジャン・ローラン」という違う生産者だった。「ひなげし」は「虞美人草」、「ポピー」、「アマポーラ」、「コクリコ」とさまざまな呼び名がある。フランスの国旗の赤を表す花でもある。
1)のFabrice BertemesはRosé cuvée « Coquelicot »という商品名で、コクリコの花のロゼシャンパーニュ。シャンパングラスに注ぐと、綺麗なピンク色が華やかだ。
3)のマグナムボトルも「ひなげし」。こちらも同じく「ひなげし」でBelle Seriegraphie Coquelicotと呼ばれる。2000年は「ジャン・ローラン」の当たり年で、最近澱引きして出荷が始まったもの。黒ブドウが造られたシャンパーニュで独特の香り。


4)NV Canard-Duchene Brut 750ml
 カナール=デュシェーヌ ブリュット

f0008686_1723174.jpg


5)1966 Canard-Duchene Imperial Star 385ml
 カナール=デュシェーヌ アンペリアル・スター

f0008686_172439.jpg

f0008686_1725262.jpg


今回のメインイベントのひとつは、カナール=デュシェーヌの1966年のシャンパーニュ。カナール=デュシェーヌはロシアの王族に認められ、その王族の王冠を戴いた双頭の鷲の紋章をラベルに使用。ぶどう畑はランス山脈のリュドにある。2003年まではLVMHグループ傘下だったが、現在はティエノの傘下。

持ってきていただいた方は、スコットランドで購入されたとのことだが、状態は大変良く、シェリーの深い味わい。気泡はわずかしか感じることはできなかったが、ぶどうが持つ力強さを感じることができた。385mlのハーフボトルのエチケットのフォントが時代を感じる。初めて産まれ年のシャンパーニュをいただくことができ、感激。二杯目はNVを少し注ぎ込む。一気に華やかさ立ち上がって来て、若々しく変わっていった。シャンパーニュのブレンドの醍醐味。

カナール=デュシェーヌのNVは前回のマグナムクラブで話題に上がった、サブラージュというサーベルでシャンパーニュのワインボトルの首をはねる方法で開栓。シャンパーニュのボトルは5気圧ほどの内圧に耐えるよう、丈夫に作られているが、ボトルには縦にひと筋の継ぎ目が入っており、ここに衝撃が加わると簡単に瓶口に亀裂が入るのだそうだ。
f0008686_1733318.jpg

f0008686_1734398.jpg



6)1990 De Saint Gall Brut Millesime Grand Cru Cuvee Orpale 750ml
 ド・サンガール グランド・キュベ・オルパル

f0008686_17526100.jpg


7)1980 De Saint Gall Brut Millesime 1er Cru 750ml
 ド・サンガール プルミエ・クリュ


8)1980 De Saint Gall Brut Millesime Grand Cru Cuvee Orpale 750ml
 ド・サンガール グランド・キュベ・オルパル

f0008686_1754579.jpg


シャンパーニュとしては素晴らしい品質だと思うが、その前の1966のあまりの良さに色あせてしまった。レストランで頂いたら絶賛していると思うが。


9)2007 Vin de Pays de La Haute-Mame Pinot Noir domaine Le Muid MOntsangeonnairs
 ル・ム・モンサンジュネ ヴァン・ド・ペイ・ド・ラ・オート・マルヌ ピノ・ノアール



digestif : Belle Ines 500ml Chateau Chalon Vin de Liqueur
ジェネレッティ ベル・イネス

f0008686_1764048.jpg

ヴァン・ド・リクールは発酵していない葡萄果実に蒸留酒を加えて樽・瓶で熟成したもの。
Chateau ChalonのVDLということで大変珍しいものらしい。おいしいとめもがあるのみで、香りなどは記憶になかった......

オールドヴィンテージのシャンパーニュ。
これは瓶だけを見せていただいた。
f0008686_1785229.jpg


シャンパーニュのおとも
f0008686_1792068.jpg


フルートグラスだらけとなったテーブル
f0008686_17103584.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://izunosuke.exblog.jp/tb/20102691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by izunosuke2005 | 2012-10-13 20:00 | マグナム・クラブ | Trackback | Comments(0)

ワイン、レストランそれと旅行の記録


by izunosuke2005
プロフィールを見る